BISよりSACD ノルウェーの女流ヴァイオリニスト、ヘムシングによるドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲他

ドヴォルザーク: ヴァイオリン協奏曲/スーク: 幻想曲、愛の歌/エルビョルグ・ヘムシング
Tower Records
HMV & BOOKS icon
楽天市場

BISより8月3日に発売のSACDはノルウェー期待のヴァイオリニスト、エルビョルグ・ヘムシングによるSACDハイブリッドです。ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲をメインに、同じくチェコの作曲家スークの作品をカップリングしたアルバム。指揮はアラン・ブリバエフ。アントワープ交響楽団との演奏です。録音は2016年ベルギーで。

ヘムシングはショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番のSACDもリリースしていました。その時は海岸でのスナップ写真でした。今回も水辺です。水は彼女に合いますね。収録曲は以下のとおり。

・ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲(32'15")
・スーク:ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲 ト短調 Op.24(23'19")
・スーク:愛の歌 Op.7-1【シュテファン・コンツ編曲によるヴァイオリンと管弦楽版】(6'30")

ドヴォルザーク: ヴァイオリン協奏曲/スーク: 幻想曲、愛の歌/エルビョルグ・ヘムシング
Tower Records
HMV & BOOKS icon
楽天市場

<< カラヤンの第1回ベートーヴェン交響曲全集が豪華ボックスLPセットで発売 | main | タワレコ限定SACD ハイドシェック『モーツァルト:ピアノ協奏曲集』をLPとの聴き比べた感想です >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...