マーティ・ペイチ、マイルス、コルトレーンなど、ワーナーのジャズ名盤がオリジナル忠実のLPで発売

Tower Records ▶ブロードウェイ・ビット/Marty Paich【LPレコード】
Amazon ▶ブロードウェイ・ビット[Analog]

ワーナー・ミュージックのジャズ歴史的名盤が、オリジナル盤を忠実に再現したアナログ・レコードで9月に発売になります。

今回発売になるのは全10タイトル。監修はディスクユニオンの塙耕記氏ということで、そのチョイスはジャズ・マニアも唸る内容ではないでしょうか。

LP制作にあたって、音源は本国より192Khz・24Bitのフラットマスターを使用。そのあとはオール・アナログ機材でのマスタリングとのことです。仕様は以下のとおり。

・オリジナル盤を忠実に再現したアートワーク。但しマーティ・ペイチの2作はモノラル盤を採用(マスターはステレオ)
・オリジナル・マスター使用
・180グラム重量盤
・カッティング&マスタリングは国内(Warner Music Mastering〈MIXER'S LAB〉)
・プレス OPTIMAL:MEDIA(ドイツ・アルスドルフ):
・完全限定盤

ワーナーミュージック高音質のLPシリーズ「ジャズ・アナログ・プレミアム・コレクション」

Tower Records ▶ブロードウェイ・ビット【LPレコード】 Marty Paich
Amazon ▶ブロードウェイ・ビット[Analog]

「踊り子」で知られるマーティ・ペイチの人気盤。1959年1月ロサンザルス録音。

Tower Records ▶アイ・ゲット・ア・ブート・アウト・オブ・ユー【LPレコード】 Marty Paich
Amazon ▶アイ・ゲット・ア・ブート・アウト・オブ・ユー[Analog]

通称「お風呂」で知られるマーティ・ペイチの人気盤。1959年録音。

Tower Records ▶直立猿人【LPレコード】
Amazon ▶直立猿人[Analog]

1956年録音。ハード・バップの形式を越えたモダン・ジャズの歴史的名盤。

Tower Records ▶ジャイアント・ステップス(モノラル・ヴァージョン)【LPレコード】ジョン・コルトレーン
Amazon ▶ジャイアント・ステップス(モノラル・ヴァージョン)[Analog]

モノラル・マスターを使用。1959年5月12月ニューヨーク録音。

Tower Records ▶マイ・フェイヴァリット・シングス(モノラル・ヴァージョン)【LPレコード】 John Coltrane
Amazon ▶マイ・フェイヴァリット・シングス(モノラル・ヴァージョン) [Analog]

モノラル・マスターを使用。1960年10月ニューヨーク録音。

Tower Records ▶インサイド・ハイ・ファイ【LPレコード】 Lee Konitz
Amazon ▶インサイド・ハイ・ファイ [Analog]

1956年録音。

Tower Records ▶TUTU【LPレコード】 Miles Davis
Amazon ▶TUTU[Analog]

マイルスのワーナー移籍第一弾。1986年録音。

Tower Records ▶ライヴ・アット・モントルー【LPレコード】 Miles Davis 、 Quincy Jones
Amazon ▶ライヴ・アット・モントルー[Analog]

1991年7月スイス・モントルー「カジノ」から放送録音で、マイルスの最後の勇姿。クインシー・ジョーンズが共演。

Tower Records ▶トランペットの詩人【LPレコード】 Tony Fruscella
Amazon ▶トランペットの詩人 [Analog]

伝説のトランペッター、トニー・フラッセラの1955年4月ニューヨーク録音。

Tower Records ▶アフタヌーン・イン・パリ【LPレコード】 John Lewis 、 Sacha Distel
Amazon ▶アフタヌーン・イン・パリ [Analog]

MJQのリーダー、ジョン・ルイスが1956年にパリで現地のミュージシャンと録音した名盤。

<< ステレオ初期の35mm磁気フィルム録音のエヴェレストが、45回転2枚組重量盤LPで発売 | main | タワーレコードがCHANDOSレーベルのSACDハイブリッド・セールをまた開始。8/16まで >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...