PENTATONEからSACD『メフィストフェレスとほかの悪い奴ら』、グノー、モーツァルト他の曲を収録

Tower Records ▶メフィストフェレスとほかの悪い奴ら

PENTATONEの新しいSACDは、バスのケヴィン・ショートが歌う『メフィストフェレスとほかの悪い奴ら』(MEPHISTOPHELES – and other bad guys…)。9月10日発売予定です。

タイトルどおり本作は、「ファウスト」に出てくるメフィストフェレスにまつわる作品を収録。作曲家を見ますとグノー、モーツァルト、オッフェンバック、ベルリオーズの作品。モーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」でのオスミンのアリアもそうなんですねえ。

バックの指揮はローレンス・フォスター、マルセイユ・フィルハーモニー管弦楽団。録音は2016年フランスのマルセイユ、ファーロ宮殿。詳しい収録曲はタワーレコードの方をご覧ください。

Tower Records ▶メフィストフェレスとほかの悪い奴ら

<< PENTATONEからシェーンベルク『浄められた夜』弦楽合奏版、カップリングはハイドンのチェロ協奏曲 | main | タワーレコードがまたPENTATONEの〈RQRシリーズ〉のセール、8月9日まで >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...