ヘンリク・シェリングのPhilips、DG、マーキュリーの録音を集成したCD44枚組ボックスが発売

Tower Records ▶シェリング〜フィリップス、マーキュリー&DG録音全集

これはCDですが、20世紀の偉大なヴァイオリン奏者ヘンリク・シェリングのCDボックスが9月20日に発売になります。CD44枚組

収録されているのは、フィリップス、マーキュリー、ドイツ・グラモフォンに残された録音。全てオリジナル・ジャケット仕様とのことです。また世界初CD化のものも含まれるのですが、日本国内でのCD化は進んでいて、このボックスのうち初CD化はモーツァルトの協奏交響曲のみとのこと。

ともあれ、ヘンリク・シェリングというと「オーソドックス」「誰にでも推薦できる」「初めての人にもビッタリ」という演奏ではないでしょうか。しかし聴き込んだクラシック・ファンにも「やはりへリンクが一番落ち着く」というのが正直な感想です。

フィリップスのジャケット・デザインの印象が残って懐かしいですが、マーキュリーとグラモフォンのアルバムまで一気に揃ってしまうのですから魅力です。

Tower Records ▶シェリング〜フィリップス、マーキュリー&DG録音全集

<< Tacetからアウリン弦楽四重奏団のSACD、モーツァルト「ハイドン・セット」から第14番、第15番 | main | PENTATONEにエサ=ペッカ・サロネン、ストラヴィンスキー『ペルセフォーヌ』のSACD >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...