タワレコ限定 ECM-SACD第5弾はゲイリー・ピーコック、チャーリー・ヘイデン、パット・メセニー・グループの3タイトル

タワーレコード限定SACD、ECMレーベルのSACDハイブリッド化第5弾が発売です。ゲイリー・ピーコック、チャーリー・ヘイデン、パット・メセニー・グループの3タイトル。発売は9月5日。

これまでどおり、今回もSACD層は、オリジナル・アナログ・マスターテープからのDSDマスターを使用して、ECM自らが最新リマスタリング。CD層は従来の唯一のCDマスターを使用。

ゲイリー・ピーコック『テイルズ・オブ・アナザー』

Tower Records ▶テイルズ・オブ・アナザー/Gary Peacock

1977年作品、ゲイリー・ピーコックのECM初リーダー作で、ピアノにキース・ジャレット、ドラムにジャック・ディジョネット。

チャーリー・ヘイデン『マジコ』

Tower Records ▶マジコ/Charlie Haden

1979年、アメリカのベース奏者チャーリー・ヘイデン、ノルウェーのサックス奏者ヤン・ガルバレク、ブラジルのギタリスト兼ピアニスト、エグベルト・ジスモンチの3人による演奏。

パット・メセニー・グループ『トラヴェルズ』2枚組

Tower Records ▶トラヴェルズ/Pat Metheny Group(2枚組)

2枚組。1982年北米ツアーを収録した、パット・メセニー・グループ初のライヴ・アルバム。

<< エソテリック(Esoteric)のSACD『オテロ』『トリスタンとイゾルデ』の感想 | main | 元YES、アンダーソン、ウェイクマン、ラビンらによる『ライヴ・アット・ザ・アポロ』映像が発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...