BISよりSACD、アコーディオンによるバッハ「ゴルトベルク変奏曲」

Tower Records ▶J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲/アンドレアス・ボアゴー[SACD Hybrid+CD]

BISより7月20日に発売のSACDは、アコーディオンによるゴルトベルク変奏曲。演奏はアンドレーアス・ボーアゴー。

オルガンによるゴルトベルク変奏曲もありましたが、今回はアコーディオンによる演奏です。バッハなので楽器が変わっても、聞き応えは変わらないと思うので興味深いSACDであります。

本作はSACD1枚とCD1枚の2枚組。SACDで聴く場合はSACD1枚で全曲(90分)聴けるとのこと。CD層で聴く場合のみ、第15演奏までがディスク1(SACD)に第16変奏以降がディスク2(CD)に収録とのことです。録音は2016年7月、ドルフ教会、ラーンスドルフ(ベルリン)。

Tower Records ▶J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲/アンドレアス・ボアゴー[SACD Hybrid+CD]

<< BISよりSACD ダウスゴー指揮の『ブラームス:交響曲第3番、「アルト・ラブソディ」他』 | main | サヴァールの最新録音SACDは南米ベルーの音楽『歌いながら踊る〜 1788年トルヒーヨの写本』 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...