元バーズ、ジーン・クラークの2nd『ホワイト・ライト』がSACDハイブリッドで発売

この情報は読者の埼玉のTさんから教えていただきました。ありがとうございました。

White Light/Gene Clark【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon
HMV & BOOKS icon
楽天 HMV & BOOKS online1号店

埼玉のTさんから教えていただいたのですが、ザ・バーズ(The Byrds)のオリジナル・メンバー、ジーン・クラーク(Gene Clark)のソロアルバム『ホワイト・ライト』がSACDハイブリッドで発売。埼玉のTさんも早速購入されたそうです。

リリースはIntervention Recordsから。マスタリングはケヴィン・グレイ。オリジナル・マスター・テープの可能な限りもっとも良質な1/2' safetyコピーからのダイレクトDSDマスタリングとのこと。

『ホワイト・ライト』は、バース初期のメイン・ソングライター、ジーン・クラークが1971年に発表したセカンド・ソロ・アルバム。哀愁のあるメロディ。アメリカン・フォーク・ロック。もうこの時代の音楽がベストですね。これまでSHM-CDやアナログ・レコードでは出ておりましたがSACDは初めてと思います。

『ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ 1964〜1982』もSACDで発売中

Tower Records ▶ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ 1964〜1982 [SACD Hybrid + CD]
Amazon ▶The Lost Studio Sessions 1964

ジーン・クラークのSACDは2016年に未発表音源集『ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ 1964〜1982』もSACDハイブリッドで発売になっております。2枚組でメインの1枚がSACDハイブリッド、もう1枚のボーナスディスクがCDという組み合わせです。

<< キャメルの名盤『ムーンマッドネス』がアナログ・レコードで発売 | main | アラン・パーソンズ・プロジェクト『アイ・イン・ザ・スカイ』のBlu-ray Audioが単発リリース >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...