ジョン・コルトレーンのRVGによる63年未発表スタジオ録音が発掘、CDとアナログ・レコードで発売

ザ・ロスト・アルバム【通常盤】(Both Directions at Once: The Lost Album)
Tower Records ▶国内盤 SHM-CD
Tower Records ▶輸入盤 CD
Amazon ▶国内盤 SHM-CD

ジョン・コルトレーンが1963年に残した完全未発表スタジオ録音が発掘され『ザ・ロスト・アルバム(Both Directions at Once: The Lost Album)』として、CDアナログ・レコードで発売になります。

これは1963年3月6日にヴァン・ゲルダー・スタジオでおこなった公式セッション。録音もヴァン・ゲルダーです。時期的には名盤『ジョン・コルトレーン・アンド・ジョニー・ハートマン』の録音前日におこなわれたもの。メンバーはマッコイ・タイナー(p)、ジミー・ギャリソン(b)、エルヴィン・ジョーンズ(ds)という黄金カルテット。この録音は今まで海賊盤でも世に出たことがない完全未発表音源で、そのうち2曲がコルトレーンの未発表オリジナル曲という歴史的なもの。

今回発売になるのはマスターテイクとして7曲(47分)を収録した【通常盤】と、別テイクを収録したボーナスディスク付きで、当日のセッションの全貌がわかる2枚組 【デラックス・エディション】の2種類。それぞれに国内盤CD、輸入盤CD、輸入盤アナログ・レコードで発売になります。ただ本作のマスタリングは、もちろんヴァン・ゲルダーは亡くなっているので、タワレコ限定のジョン・コルトレーンのSACDハイブリッドのマスタリングをしたケヴィン・リーヴスです。

プロモ用YouTube動画を下に掲載しましたが、あのコルトレーンのソプラノ・サックスが流れてきますね。

2CD【デラックス・エディション】

ザ・ロスト・アルバム 【デラックス・エディション】(Both Directions at Once: The Lost Album (Deluxe Edition))
Tower Records ▶国内盤 2UHQCD
Tower Records ▶輸入盤 2CD
Amazon ▶国内盤 UHQ-CD仕様

180g重量盤アナログ・レコード/【通常盤】と【デラックス・エディション】

Tower Records ▶【通常盤】輸入盤【LPレコード】
Tower Records ▶【デラックス・エディション】2枚組 輸入盤【LPレコード】

収録曲とプロモ動画

通常盤の収録曲/デラックス・エディションのDisc 1
1 アンタイトルド・オリジナル11383(コルトレーンの未発表オリジナル曲)
2 ネイチャー・ボーイ
3 アンタイトルド・オリジナル11386(コルトレーンの未発表オリジナル曲)
4 ヴィリア(ミュージカル『メリー・ウィドウ』より)
5 インプレッションズ
6 スロー・ブルース
7 ワン・アップ、ワン・ダウン

デラックス・エディションのDisc 2
1 ヴィリア (テイク5)
2 インプレッションズ (テイク1)
3 インプレッションズ (テイク2)
4 インプレッションズ (テイク4)
5 アンタイトルド・オリジナル11386 (テイク2)
6 アンタイトルド・オリジナル11386 (テイク5)
7 ワン・アップ、ワン・ダウン (テイク6)

<< イエス S.ウィルソンの新ミックス5作品が重量盤LPボックスで発売。ロジャー・ディーンのアートワークも注目 | main | ELO『シークレット・メッセージ』がジェフ・リンの最初の構想どおりダブル・アルバムで発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...