バーンスタイン&バイエルン放送響の『トリスタンとイゾルデ』の映像がブルーレイ、DVDで発売

Tower Records ▶ワーグナー: 楽劇「トリスタンとイゾルデ」輸入
Tower Records ▶ワーグナー: 楽劇「トリスタンとイゾルデ」輸入盤:国内流通仕様

レナード・バーンスタイン生誕100周年ということで、とうとう1981年にバイエルン放送交響楽団との『ワーグナー:トリスタンとイゾルデ』の映像がブルーレイとDVDで発売になります。リリースにあたり映像はデジタルリマスターされたとのこと。日本語字幕は輸入盤にも付いているようです。

本作は演奏会形式でのライヴ録音。当時フィリップスのアナログ・レコード(のちにCD)で発売になったときは、バーンスタインの異常にゆったりとしたテンポで話題になりました。イゾルデもこれで一躍有名になったヒルデガルド・ベーレンス。テノールはロック歌手でもあったペーター・ホフマン。

ただレコード(のちにCD化)では話題になりましたが、映像はテレビ放送されただけで、ビデオもDVDも発売されなかったと思います。

ということで、レコードを聴き込んだ誰もが見たいと思った映像がいよいよ発売です(部分的にYouTubeで見れましたが)。これは演奏会形式ですが、歌手が舞台の奥という珍しいスタイル。あの演奏がどんな風になされたか、楽しみです。

本来なら音声もブルーレイらしくサラウンド化を期待したのですが、PCMステレオというのが少々残念です。ただバランスなどレコード(CD)との違いがあるかもしれません。それも楽しみです。

Tower Records ▶ワーグナー: 楽劇「トリスタンとイゾルデ」輸入
Tower Records ▶ワーグナー: 楽劇「トリスタンとイゾルデ」輸入盤:国内流通仕様

DVDも同時発売(3枚組)

Tower Records ▶ワーグナー: 楽劇「トリスタンとイゾルデ」【DVD】輸入
Tower Records ▶ワーグナー: 楽劇「トリスタンとイゾルデ」【DVD】輸入盤:国内流通仕様

<< デラニー&ボニー&フレンズの『To Bonnie From Delaney』が180g重量盤LPで発売 | main | LSOの新しいSACDはストラヴィンスキー「兵士の物語」全曲、メンバーはLSOだけどBPOも一人 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...