ハイレゾ音源の入ったCD「ハイレゾCD」、ユニバーサルがリリース

オーディオ・ファンには耳に入っていると思いますが、ユニバーサルが「ハイレゾCD」というものを発売しました。

これはCDなのにハイレゾも聴けるディスクです。詳しいことは書きませんが、MQAという技術を使ってハイレゾの大きなデータを折りたたんでCD内に入れているらしいです。ただしハイレゾを聴くにはMQA対応機器やソフトでデコードする必要があるとのこと。普通のCDプレーヤーではCDとして聴けるようです。

ユニバーサルでは定番のアルバムを『ハイレゾCD名盤シリーズ』としてリリースしますが、サンプラーも3タイトルをリリース。聴き比べができます。

ハイレゾデータを再生できるMQA対応機器やソフトがどんなものか、ちょっとまだ不勉強でここでは紹介できないのですが、興味のある方はチェックしてみてください。「ハイレゾCD」に関しては下で詳しいです。

関連リンク
タワーレコード ユニバーサル『ハイレゾCD名盤シリーズ』

<< クナッパーツブッシュとワルターのターラ音源がリマスターCDで復刻 | main | バーンスタインとフランス国立管弦楽団 旧EMI録音がCD7枚組で発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...