ピアニストとしてのバーンスタインのCDボックスが発売

Tower Records ▶バーンスタイン - ザ・ピアニスト

これはCDなのですが、レナード・バーンスタインのピアニストとしての録音を集成した11枚組ボックスが発売です。

収録されるのはバーンスタインが、ピアノ協奏曲のソリストとしてや、室内楽、歌曲のピアノ奏者として録音したものなど。こうやって見ると、モーツァルトやベートーヴェンは言うに及ばす、ラヴェルやショスタコーヴィッチの協奏曲までバーンスタインは弾いておりますね。

<< キタエンコの『ショスタコーヴィッチ:交響曲全集』感想、やはりいい音 | main | ネヴィル・マリナーがシュトゥットガルト放送交響楽団を振ったCDボックスが発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...