CHANDOSからウォルトンシリーズ第3弾SACD『ウォルトン:ヴィオラ協奏曲』

Tower Records ▶W.Walton: Viola Concerto, Partita for Orchestra, Sonata for String Orchestra

CHANDOSからの新しいSACDは『ウォルトン:ヴィオラ協奏曲』です。発売は4月10日予定。

これはエドワード・ガードナー指揮の(ウォルトン・シリーズ)第3弾。ヴィオラはカナダのジェームズ・エーネスです。ヴィオラ協奏曲の他に「弦楽オーケストラのためのソナタ」「管弦楽のためのパルティータ」も収録。録音は2017年6月。

これまでの2作がマルチチャンネルを収録ですので、今回もマルチ収録かと思います。それにしてもジャケットの「3」は何を意味するのでしょう。どのディスクにもついていますが…。

これまでのウォルトン・シリーズ

Tower Records ▶ W.Walton: Symphony No.2, Cello Concerto, Improvisations on an Impromptu of Benjamin Britten
Amazon ▶Walton: Symphony No 2/Cello Co

Tower Records ▶W.Walton: Symphony No.1 & Violin Concerto
Amazon ▶Walton: Symphony No 1/Violin C

<< RCA録音『レオニード・コーガン〜アンコール』がLPで初のステレオ・リリース | main | ハンス・クナッパーツブッシュの4BOXがひとまとめに、CD203枚組BOXで発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...