生誕65周年 テレサ・テン初のSACDハイブリッドが発売、LPと4枚組CDも

テレサ・テンが生誕65周年ということで、SACDが初登場の模様です。これはユニバーサルから発売される国内盤SACDハイブリッド。発売は4月25日です。

Tower Records ▶SACDハイブリッド ベスト(仮)/テレサ・テン
Amazons ▶SACDハイブリッド ベスト/テレサ・テン

収録予定は74年のデビュー曲「今夜かしら明日かしら」から、87年の「別れの予感」まで。アナログ録音の時代に残した代表曲です。もちろん「時の流れに身をまかせ」「空港」「つぐない」「愛人」などのヒット曲も収録させている模様。ジャケットはまだ未発表です。

SACDハイブリッドと同時にアナログ・レコードと4枚組ベスト盤SHM-CDも発売になります。テレサ・テンのファンだとアナログ・レコードも風情を感じるかと思います。

アナログLP

Tower Records ▶テレサ・テン ベスト・ヒット・アルバム【LPレコード】
Amazon ▶テレサ・テン ベスト・ヒット・アルバム(初回プレス限定盤)[Analog]

1975年にポリドールレコードから発売されたアナログ盤を、帯と歌詞カードおよび当時封入されていたミニポスター含め忠実に復刻。初回プレス限定盤。

4枚組ベスト盤SHM-CD

Tower Records ▶生誕65周年記念ベスト(仮)【SHM-CD】
Amazon ▶生誕65周年記念ベスト

全65曲。『空港/雪化粧』(1974)から『'91悲しみと踊らせて』(1991)まで、テレサが生前に発表した日本語オリジナル・アルバム全15枚から厳選。さらに今回初CD化となるレア曲「明日がある」も追加

<< バーンスタインの『ベートーヴェン交響曲全集』オリジナルより新マスタリングで180gLPが発売 | main | カラヤンの70年代録音モーツァルト『後期交響曲集』『レクイエム』SACDシングルレイヤーで発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...