PENTATONEより『モーツァルト:ディベルティメント K.563他』のSACDが発売

Tower Records ▶Mozart: Divertimento & Preludes to Bach/ジョナサン・クロウ 、 ダグラス・マックナブネイ 、 マット・ハイモヴィッツ

PENTATONEから3月20日に発売になるのは、"PENTATONE OXINGALE Series"のSACDで『モーツァルト:ディベルティメント K.563、バッハの作品による6つの前奏曲とフーガK.404a』です。

モーツァルト編曲のバッハ作品も注目ですが、やはり「ディベルティメント K.563」がいい曲です。モーツァルト晩年の室内楽の名作。

交響曲などに比べると刺激が薄いのが室内楽ですが、聴き続けているとジワジワ良くなるのが室内楽です。それがモーツァルトとくればなおさら。ちょうどPENTATONEのサイトではこのSACDの触りが視聴できるので、よかったら聴いてみてください。モーツァルトはワン・フレーズ聴いただけで「いいなああ」と思うわけで、もしあなたもそうなら“モーツァルティアン”です(^-^)

本作はカナダのOXINGALE ReecordをPENTATONEがSACD化したものですので、2005年の録音です。

Tower Records ▶Mozart: Divertimento & Preludes to Bach/ジョナサン・クロウ 、 ダグラス・マックナブネイ 、 マット・ハイモヴィッツ>

<< シューマンのピアノ・ソナタ第4番 復元版を世界初録音したBlu-ray Audio | main | 《「タワレコ限定盤」 3点で20%オフ》セール中 SACDも67タイトル >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...