ショルティのDECCA録音『トリスタンとイゾルデ』『パルジファル』が Blu-ray Audio

ショルティ指揮ウィーン・フィルハーモニーによる ワーグナーのBlu-ray Audioが2つ発売になります。

発売になるのはDECCAに録音された『パルジファル』と『トリスタンとイゾルデ』。今のところAmazonで予約ができます。発売は2月16日予定。タワーレコードもそのうちに予約開始となると思います。

2月11日追記 タワーレコードでも予約開始となりました。

ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」(4CD+BLU-RAY)

Wagner: Tristan und Isolde [4CD+Blu-ray Audio]
Tower Records
Amazon

イゾルデはご存知ビルギット・ニルソン、トリスタンはフリッツ・ウール。「指環」と同じくカルショウによるによる1960年、ゾフィエンザールでの録音。2月11日現在、タワーレコードでは「3CD」となっていますがAmazonは「4CD」。どちらが正しいかわかりません。

ワーグナー「パルジファル」[4CD+Blu-ray Audio]

Tower Records
Amazon

1971年、72年録音、クリストファー・レイバーンのプロデュースによるDECCAのゾフィエンザール録音。ルネ・コロ(パルジファル)、ゴットロープ・フリック、ハンス・ホッター、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、クリスタ・ルートヴィヒら、そうそうたるメンバー。なんでも花の乙女にルチア・ポップやキリ・テ・カナワも起用とか。オケはもちろんウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。

<< 読者さんから『Angel Clare』SACDの感想が到着 | main | マニアックなLPが発売、モリーニのタルティーニ、アルゲリッチ他の「動物の謝肉祭」、フルニエの小品集 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...