聖地、聖フローリアン修道院教会で録音されたブルックナー交響曲第5番のSACDが発売

Tower Records ▶ブルックナー: 交響曲第5番 〜ブルックナーゆかりの地、聖フローリアン修道院教会にて〜 輸入盤:国内流通仕様

GramolaからリリースのSACDハイブリッドは、ブルックナーの交響曲第5番です。2月20日予定。

指揮は生前のチェリビダッケにも3年間師事していたレミ・バロー(77年生まれ)。オーケストラはザンクトフローリアン・アルトモンテ管弦楽団。録音はブルックナーの聖地、聖フローリアン修道院教会でのライヴです。動画もアップされております。この会場のブルックナー・サウンドがSACDにどう収録されているか興味深いところであります。

Tower Records ▶ブルックナー: 交響曲第5番 〜ブルックナーゆかりの地、聖フローリアン修道院教会にて〜 輸入盤:国内流通仕様

<< ブルーノ・ワルターの秘蔵名演がCD6枚組で登場 | main | 読者さんから『Angel Clare』SACDの感想が到着 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...