ブルーノ・ワルターの秘蔵名演がCD6枚組で登場

Tower Records ▶Bruno Walter - Eternal Live Performances【CD】

これはCDですが、ブルーノ・ワルターのライブ音源がCD6枚組で発売になります。ワルター・ファンなら捨てて置けない貴重な音源が入っております。

1942年のロスアンジェルス・フィルとの「新世界から」、47年のロンドン・フィルとの「合唱付き」、39年、NBC交響楽団との「巨人」、そして58年のシカゴ交響楽団との「モツレク」などなど、CD6枚の内容はタワーレコードの方でご覧ください。ワルターというと入門ファンはまずCBSでのステレオ録音から入ると思いますが、通になるとこういう音源に手が伸びていくと思います。

なおCDの音源は「キングレコードの倉庫に眠っていた加キャヴィア(CAVIAR RECORDS)制作・提供のアナログ・マスターテープ(38cm/秒)から、キング関口台スタジオで30年ぶりにリマスタリング」とのこと。

Tower Records ▶Bruno Walter - Eternal Live Performances【CD】

<< アート・ガーファンクル『Angel Clare』SACDを聴いてみました | main | 聖地、聖フローリアン修道院教会で録音されたブルックナー交響曲第5番のSACDが発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...