LSO LiveのSACDシュナイダーの弾き振りによるモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第1弾

Tower Records ▶Mozart: Violin Concertos No.4 & No.5/ニコライ・ズナイダー 、 ロンドン交響楽団

LSO Liveから新作のSACDハイブリッドが2月20日に発売です。とはいってもサイモン・ラトルの指揮ではなく、ヴァイオリニスト、ニコライ・スナイダーの弾き振りによるモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第4番と第5番「トルコ風」です。オーケストラはもちろんロンドン交響楽団。

本作はスナイダーの弾き振りによるモーツァルトの協奏曲シリーズの第1弾。録音は2016年12月と2017年5月、いずれもロンドンのバービカン・ホール。

<< DGからもドビュッシーの全作品集 CD22枚組+DVD2枚組セットが発売 | main | LSO LiveからSACD ラトルの『An Imaginary Orchestral Journey』はハイドン? >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...