デオダートのSACD『Prelude & Deodato 2』を聴きました。

タワーレコードに注文していたデオダートのSACD『Prelude & Deodato 2』が到着しました。さっそく聴いてみました。

当時の4チャンネル(Quad)を収録したマルチチャンネルから聴きました。今のサラウンドと違って70年代の4チャンネルは、楽器音の“ベタな配置”というのが通常というか限界だったと思いますが、本作のサラウンドもそのたぐいです。

しかし思ったほど楽器の分離感は出ずサラウンド感は、まずまずキープしておりました。基本フロントがエレピとリズム・セクション。リアのどちらかにパーカッション、どちらかにホーン、ストリングスというセッティングのようですが、曲によってはホーン,ストリングス、パーカッションがフロントにくるものがありました。

このSACDは2枚のアルバムを2in1にしたものですが、概して後半の『Deodat 2』の楽曲のほうがサラウンドはキマっていると思いました。たとえば「亡き王女のパヴァーヌ」のストリングスなどは“ベタな配置”より一歩すすんで、サイトからの広がり感のあるサラウンドになります。あと最終曲「ラプソディ・イン・ブルー」も2ch以上に迫力と音空間の厚みを感じました。

結論的にはマルチチャンネルは十分サラウンド的で今後も楽しめるものでした(もちろん70年代のそれ、と理解しての上で)。まあ唯一の不満は「ツァラトゥストラはかく語りき」の冒頭の有名なテーマがリア左で鳴ることで、これはフロントにしてほしかったものです。

2chもSACDらしいアナログライクさ

しかしその「ツァラトゥストラはかく語りき」も2chで聴くとまったく不満がないのですから、いいSACDだと思います。2chではエッヂが丸いアナログライクな音。これはヴォリュームを上げて聴きたいところ。すると解像度も良好の構築系の音で聴けます。右サイドのドラムの音などは非常に心地良く、カッコいい叩きを随所で楽しめます。

結局2chも良いので、マルチチャンネルとお好みで聴けると思います。SACDラボ♪♪は多分、何度も聴くことで音の配置に慣れて、マルチで聴くことを好むと思います。やっぱりサラウンドは気持ちがいいですから。

2 in 1なのに1枚のアルバムのよう

最後にこのSACDを通して聴きましたが、2枚のアルバムはまったく違和感なく聴き通せますね。いい意味でデオダートの音楽作りがワンパターンの感がありますので、「ツァラトゥストラはかく語りき」からはじまって「ラプソディ・イン・ブルー」で終わる、まるで1枚のアルバムのようです。

トータルはマルチチャンネルでは68分くらい。2chではこれより30秒ほど短いです(昔のアルバムは1枚が短くてほんと聴きやすかった)。いずれにしましてもデオダートの傑作2タイトルがこんなサウンドで聴けるのは嬉しいSACDです。唯一の小言は適当なジャケットですが(笑)、まあこれが2 in1にはベストデザインかもしれません。


Amazon ▶Prelude & Deodato 2 (Hybrid SACD)
Tower Records ▶Prelude & Deodato 2【SACD】

<< エソテリックのSACDボックス『グレート・ジャズ・セレクション6』12月発売 エヴァンス、パウェルなど | main | AC/DCのマルコム・ヤングが死去 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...