第3弾は80年代! 牧野良幸『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』が10月28日発売

僕の音盤青春記 花の東京編 1981−1991 /絵と文 牧野良幸

Tower Tecords
Amazon

牧野良幸の人気イラストエッセイ本『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』が10月28日に発売となります。

これは『僕の音盤青春記』『僕の音盤青春記 Part2』に続く、6年振りの第3弾で、Part2の最後から続くお話です。牧野青年が1981年に上京してからイラストレーターとして一本立ちする1991年までの10年間を描きます。

「花の東京編」とされているとおり、バブル真っ盛りの、80年代の東京を舞台としながらも、“反バブル”な牧野青年の音盤生活をお楽しみください。懐かしの80年代の音盤もさることながら、CDやVHSビデオの登場、デジタル・シンサイザーと、ハード面での進歩振りも注目です。

既刊2冊と同様、本書も『CDジャーナル』に連載したものを、イラストをカラー化し、書き下ろしも加えて大幅に加筆再構成。オールカラー、248ページ、A5版。

本書の内容(目次より)

第一章 上京/1981-1982

マイルス・デイビス『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』
チャカ・カーン「恋のハプニング」
アース・ウインド&ファイアー 「セプテンバー」
ジョン・コルトレーン『セルフレスネス・フィーチャリング・マイ・フェイヴァリット・シングス』
武満徹『 武満徹〜作曲家の個展〜 コンサート・ライヴ』
マイルス・デイビス『ウィ・ウォント・マイルス』
ヤマハのステレオ(展示品の社内販売)
山下達郎『FOR YOU』
デニース・ウイリアムス『NIECY』
ディオンヌ・ワーウィック『ハートブレイカー』
『ストラヴィンスキー:「春の祭典」』カラヤン
ボーイズ・タウン・ギャング「君の瞳に恋してる」
ジョン・コルトレーン『ザ・コルトレーン・レガシー』
あみん「待つわ」
ビートルズ NHK-FMの放送
グレン・グールド『J・S・バッハ:ゴールドベルク変奏曲』
ドナルド・フェイゲン『ナイト・フライ』
オリンパス OM–10

第二章 売り込みと結婚/1983-1984

『ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」』カラヤン
エルトン・ジョン『 トゥ・ロゥ・フォー・ゼロ』
『ストラヴィンスキー:「プルチネルラ」』アバド
マイケル・ジャクソン『スリラー』
『フラッシュダンス』(オリジナル・サウンド・トラック)
カルチャー・クラブ『カラー・バイ・ナンバーズ』
マイルス・デイビス『スター・ピープル』
『ラヴェル:「ダフニスとクロエ」全曲』ブーレーズ
『ストラヴィンスキーの遺産』イゴール・ストラヴィンスキー指揮
『 浜辺のアインシュタイン』ザ・フィリップ・グラス・アンサンブル
『ストラヴィンスキー:「兵士の物語」&「結婚」』レヴァイン
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ『ミルク・アンド・ハニー』
山下達郎『 MELODIES』
『ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」』カラヤン
『ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」、シューベルト交響曲第8番「未完成」』ワルター
ジェシー・ノーマン『リヒャルト・シュトラウス:「4つの最後の歌」

第三章 輸入盤LPとCDの登場/1985

佐野元春『ELECTRIC GARDEN』
U・S・A For Africa『ウィ・アー・ザ・ワールド』
プリンス『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』
スティング『ブルー・タートルの夢』
トーキング・ヘッズ『リトル・クリーチャーズ』
ボブ・ディラン『エンパイア・バーレスク』
リサ・リサ・アンド・カルト・ジャム「テイク・ユー・ホーム」
マランツ CDプレーヤー CD–34
ジェシー・ノーマン『死と乙女、魔王〜シューベルト歌曲集』
『マーラー:「大地の歌」』ワルター
スティング、ルー・リードほか『 クルト・ワイルの世界〜星空に迷い込んだ男』
ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』
『CDジャーナル』音楽出版社
『マーラー:交響曲第5番』シノーポリ
ヘルムート・ヴァルヒャ『 J・S・バッハ:オルガン作品集』
『ヴェルディ:歌劇「リゴレット」全曲』シノーポリ
佐野元春『クリスマス・タイム・イン・ブルー 聖なる夜に口笛吹いて』

第四章 CDとビデオの普及/1986-1987

スティング『ブリング・オン・ザ・ナイト』
『ベートーヴェン:交響曲第4番』クライバー
『モーツァルト:歌劇「 魔笛」全曲』ベーム
『モーツァルト:交響曲全集第4巻』ホグウッド
『ベートーヴェン:交響曲第1番・第2番』 ホグウッド
『マーラー:交響曲第9番』 バーンスタイン
東芝製ビデオデッキ(型番不明)
Scotch EG 120
『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』
裏ビデオのVHS
エルトン・ジョン『ライヴ・イン・オーストラリア』
ザ・ビートルズ『プリーズ・プリーズ・ミー』
『モーツァルト:レクイエム』ガーディナー
東芝製CDラジカセ(型番不明)

第五章 団地で音楽とシンセサイザー/1988-1991

ソニー ウォークマン(型番不明)
『モーツァルト:「フィガロの結婚」管楽器版』ルーデル
コルグ CONCERT C–7000
ヨーヨー・マ『J・S・バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)』
山下達郎『僕の中の少年』
プリンス『バットマン』
アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ『閃光』
エルトン・ジョン『REG‐ストライクス・バック』
エルトン・ジョン『スリーピング・ウィズ・ザ・パスト』
ヤマハ QX7
『モーツァルト:四手によるクラヴィーアのための作品集』
ローランド D–110
ヤマハ QX5FD
ローランド S–760
コルグ M1
ブラザー ピコワード(型番不明)
Macintosh Classic
牧野良幸『The Magic Flute』

各章末のコラム

その1 語られなかった女性シンガーの音盤
その2 僕のストラヴィンスキーの遺産
その3 ジャケットに使われた版画、使われなかった版画
その4 今も残るビデオテープ
その5 コルグCONCERT C–7000と楽譜

僕の音盤青春記 花の東京編 1981−1991 /絵と文 牧野良幸

Tower Tecords
Amazon

<< カーベンターズのベスト盤『Collected』がMusic On Vinylよりアナログ盤 | main | Challenge Classicsから『ドビュッシー:前奏曲集第1巻、第2巻、喜びの島』のSACD >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...