キース・ジャレット『サンベア・コンサート』がタワレコ限定でSACDハイブリッド化(6枚組)


Tower Records ▶サンベア・コンサ-ト/キース・ジャレット<タワーレコード限定/900部シリアルナンバー入り>

タワーレコードの限定SACDで大物の登場です。ECM、キース・ジャレットの『サンベア・コンサート』が世界初SACD化。11月1日発売予定です。

ジャズ・ファンならおなじみのキース・ジャレットが日本でおこなったソロ・ライヴ・ピアノの記録。オリジナルは10枚組というズッシリとしたアナログ・レコードでしたが、SACDハイブリッドでは6枚組となります。シリアルナンバー入りの限定900セットで、ディスクは緑印刷仕様。

今までのECMのSACD化と同じく、本作もECM自ら新マスタリングしたそうです。ECM監修のもと新マスタリングを担当したのはキース・ジャレットの諸作にかかわってきたエンジニア、クリストフ・スティッケル。CD層はこれまでのCDマスターと同じだそうです。

秋の夜長、膨大なヴォリュームをSACDでジックリ聴く

このところECMのSACD化をすすめているタワーレコードですので、「SACDで出たらすごいだろうなあ」とは思っていたものの、まさか出るとは思っていませんでした(^-^;(出るとしたら『ブレーメン・コンサート』のほうではないかと)。

『サンベア・コンサート』は聴くのにも相当の体力が必要です。アナログ・レコードでは大変ですが、SACD化を機会に秋の夜長、じっくりと聴いてみるのも手かと思います。


Tower Records ▶サンベア・コンサ-ト/キース・ジャレット<タワーレコード限定/900部シリアルナンバー入り>

<< カラヤンの2度目のブラームス交響曲全集がSACD化 2枚組 | main | ハイ・ファイ・セット『THE DIARY』オーダーメイドファクトリーでSACD化にあと少し >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...