Stereo Soundから太田裕美の『心が風邪をひいた日』『12ページの詩集』がSACD化

尾出尾好蔵この情報はSACDラボ♪♪読者の吉田さんからいただきました。
ありがとうございました。

Stereo Sound(ステレオサウンド)が太田裕美のアルバム2タイトルをSACDハイブリッドで発売します。SACD化されるのは『心が風邪を引いた日』『12ページの詩集』。どちらも2chマスターテープのオリジナルにさかのぼっての制作。デジパックジャケット仕様。

発売は8月31日ですが、予約受付は8月1日(火)午前10時から開始だそうです。詳しくは各アルバムのステレオサウンドのページをご覧ください。

太田裕美『心が風邪をひいた日』
https://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2634

太田裕美『12ページの詩集』
https://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2635

『心が風邪をひいた日』にはシングルヴァージョンの「木綿のハンカチーフ」も収録

『心が風邪をひいた日』は「木綿のハンカチーフ」を収録した、コンセプト風アルバムで、かなり好きな作品です。

特にアルバム・ヴァージョンの「木綿のハンカチーフ」が素晴らしいです。よく耳にするシングル・ヴァーションよりも楽器が少なくて、より哀愁が漂います。

シングル・ヴァージョンはシングルカットが決まったので、シングル用にヒット狙いでサウンドを華やかにしたとか。

もちろん、たまにはシングル・ヴァージョンも聴きたくなるので、シングル・ヴァージョンもSACDに入れたステレオサウンドのアイデアは素晴らしいと思います(^-^)。

<< 【牧野良幸の 求む!ハイレゾ課】が更新。昔のジャケ写は高田純次にソックリ | main | デヴィッド・ギルモアのポンペイでの2016年ライヴが映像とCDで発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...