タワレコ限定ECMのSACD化第2弾はK・ジャレットのスタンダード、コリアのクリスタル・サイレンス、メセニー・グループ第1作

タワーレコード限定のECMのSACD化第2弾が早くも予約開始です。今回もメンツは同じ。

キース・ジャレット『スタンダーズ Vol.1』チック・コリア&ゲイリー・バートン『クリスタル・サイレンス』パット・メセニー・グループ『想い出のサン・ロレンツォ』の3タイトル。発売は6月7日の予定。

第1弾のSACD化が良かったので、第2弾も期待ですね。特にキース・ジャレットはスタンダード・トリオのアルバムということで、興味深いです。

キース・ジャレット『スタンダーズ Vol.1』


Tower Records ▶スタンダーズ Vol.1<タワーレコード限定/完全限定盤>/Keith Jarrett Trio

1983年発表のピアノ・トリオの演奏。ベースがゲイリー・ピーコック、ドラムスがジャック・ディジョネットのいわゆる“スタンダード・トリオ”。その第1弾のアルバムです。これをSACDで聴くのは興味深いですね。

チック・コリア&ゲイリー・バートン『クリスタル・サイレンス』


Tower Records ▶クリスタル・サイレンス<タワーレコード限定/完全限定盤>/Chick Corea 、 Gary Burton

カモメの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』を聴いてきた人は、このアルバムも視野に入るのではないでしょうか。クリスタル路線のアルバム。ここではチック・コリアはすべてアコースティック・ピアノを弾いております。

パット・メセニー・グループ『想い出のサン・ロレンツォ』


Tower Records ▶想い出のサン・ロレンツォ<タワーレコード限定/完全限定盤>/Pat Metheny Group

1978年発表のパット・メセニー・グループ名義の記念すべき第一作。第1弾のSACDもよかったので、ジャコはいませんがこれも期待です。

<< 『ビートル・アローン』(藤本国彦著)を読みました | main | 牧野良幸のハイレゾ一本釣り、ポール来日に合わせて『フラワーズ・イン・ザ・ダート』 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...