『ビートル・アローン』(藤本国彦著)を読みました


Amazon ▶BEATLE ALONE (ビートル・アローン)/藤本国彦
Tower Records ▶BEATLE ALONE -ビートル・アローン-/藤本国彦

『ビートル・アローン』(藤本国彦著)を読みました。ちょっと外国の本のようなブックデザインが洒落ております。

内容はビートルズのソロ作品に焦点をあてた本ですが、ビートルズ時代の「イエスタデイ」のように“実質ソロ作品”から書き起こし、ビートルズ解散後へ。それから70年代、80年代のソロ活動、そして「フリー・アズ・ア・バード」を経て、つい最近の映画『EIGHT DAYS A WEEK』まで書き及んでおります。

いちエピソードに該当するアルバムの構成。各アルバムのディスコグラフィ的解説としても面白いでしょう。

もちろんこの本を貫くのは、ビートルズのメンバー間の軋轢です。ビートルズ末期の4人、ジョンが死んでからは3人の関係も一緒に語られることになります。 巻末には4人の交流年表までついていて、かなりマニアックに読めると思います。

この本には本文にいっさい写真はありませんが、口絵に写真があります。藤本氏の関係する本はいつもそうですが、使われる写真にレアなものが多いです。

ジョンとヨーコの『未完成作品第2番』のジャケット写真と同じアングルの口絵写真があります。ベッドのヨーコと床に座るジョン。レコードジャケットではトリミングされていましたが、右側の壁にはホワイトアルバムのオマケの、ジョン以外の三人のポートレートが張ってあったのは驚きでした。

<< OPPOの新製品UDP-205 価格は1,299ドルから、サラウンド用アナログアウトもあり | main | タワレコ限定ECMのSACD化第2弾はK・ジャレットのスタンダード、コリアのクリスタル・サイレンス、メセニー・グループ第1作 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...