「愛しのフリーダ」ブライアン・エプスタインの秘書フリーダ・ケリーのドキュメンタリー映画
ビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインの秘書だったフリーダ・ケリーの回想ドキュメンタリー映画『愛しのフリーダ』が12月7日にロードショーされます。

映画「愛しのフリーダ」公式サイト

先日、試写会を観てきましたが、思った以上に面白かったです。

現在の本人が出演して、昔の写真、映像をおりまぜながら、ビートルズ時代を語るのですが、今までにない「関係者」ならではの話が多くありました。

映画を観ていると、自分がフリーダになったように、ビートルズを見ているような気分でした(^-^)。それにしても、あの時代はすごかった。

<< スラトキン指揮のラヴェル、ナクソスのBlu-ray Audio | main | インパルのマーラー交響曲第5番、ワンポイント・レコーディング・ヴァージョン >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...