7月発売のDENON/DBT-1713UDKは、SACD、Blu-ray、DVD-Audioを再生
B008L7U2AM
DENON ユニバーサルブルーレイディスクプレーヤーDBT-1713UDK

DVD-Audioは、エマーソン・レイク&パーマー『タルカス』(レビュー)や、キング・クリムゾン『太陽と戦慄』がリリース予定など、プログレ・ファンにはヨダレもののタイトルが揃ってきました。

そんな中、最新のユニバーサル・プレーヤーもDVD-Audioを取り入れております。

7月にデノンから発売されたばかりのユニバーサル ブルーレイ ディスクプレーヤー DBT-1713UDKは、SACD、ブルーレイ、そしてDVD-Audioをサポートしております。昨年、発売され好評だったDBP-1611UDKの後続機種だと思います。

DVD-Audioを聴いてみたいと思ったら、このブルーレイブレーヤーを選んでみてはいかがでしょうか。
 
DBT-1713UDKのおもな特徴

・ブルーレイ3D、DVDビデオはもちろん、スーパーオーディオCD、DVDオーディオの再生にも対応。スーパーオーディオCDの音声をDSD信号のままダイレクトにHDMI出力することも可能。
 
・ファンレス構造&大型インシュレーター。普通のブルーレイ・プレーヤーはファンがついているものですが、これにはついておりません。
 
・あとiPhoneのアプリなどいろいろ。詳しくはDENON商品ページへ。
<< 昨年の佐渡裕のベルリン・フィル・ライヴがBlu-rayが発売、もち5.1chハイレゾ音源 | main | ボブ・ディラン『アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン』Mobile Fidelity >>