PioneerからDSDディスクが再生できるSACDプレーヤーが発売



パイオニアがSACDプレーヤーを発表しました。「PD-30」¥63,000、「PD-10」¥37,000の2機種。発売は7月下旬予定。

特徴はDSDディスクが聴ける、ということです。
DSDディスクというのは、ダウンロードしたDSD音源を、自分でDVDに焼いたものです。最近のダウンロード・ハイレゾ音源はDSDが一番注目ですので、それに対応したのだと思います。192kHz / 32bitの高品位DACを搭載しています。

あと、USB入力端子があります。機種によって再生できる音源ファイルがちがうので、パイオニアのページでチェックしてみてください。

最後に2機種とも、ステレオ再生のみです。マルチチャンネルには対応してませんので、ご注意を。

パイオニア、報道資料
<< 6/30発売のBIS、初演版「ラプソディ・イン・ブルー」、鈴木雅明のバッハ「世俗カンタータ」 | main | [本]『オーディオ・ベーシック』夏号、付録はインシュレーター3個!、 >>