Amazonが最上位Kindle「Oasis」の新モデルの予約開始、画面の色調調節ライトを搭載

Kindle Oasis (Newモデル)
Amazon ▶Kindle Oasis (Newモデル) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 8GB 広告つき
Amazon ▶Kindle Oasis (Newモデル) 色調調節ライト搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき

Amazonは、Kindle最上位機「Oasis」の最新版を発表しました。

「8GB/32GB」、「広告つき/広告なし」、「Wi-Fi/Wi-Fi + 無料4G」の各選択肢が用意されていて、それに合わせて価格も変わります。発売は7月24日予定。

新しいKindle Oasisは、ディスプレイが7インチ、解像度300ppiで、最新のe-ink技術を搭載。さらに新機能として、色調調節ライトを搭載しているので、スクリーンの色調を明るいホワイトから暖かみのあるアンバーへ調節できます。

【SACDラボ♪♪レビュー】スーザン・ウォン(Susan Wong) の『クロース・トゥ・ミー』

SACDラボ♪♪レビューをアップしました。

香港のレーベルEvosoundのSACDハイブリッド。

スーザン・ウォン(Susan Wong)の新作『クロース・トゥ・ミー(Close to Me)』です。

SACDラボ♪♪レビュー スーザン・ウォン『クロース・トゥ・ミー』

【SACDラボ♪♪レビュー】尾崎亜美『HOT BABY』 デイヴィッド・フォスター、スティーヴ・ルカサーらが参加したLA録音

SACDラボ♪♪レビューにステレオサウンドがSACDハイブリッド化した、尾崎亜美『HOT BABY』をアップしました。

全曲ロサンジェルス録音、 TOTOやエアプレイのメンバーなど、AORのミュージシャンを起用しての1981年作品。ステレオサウンドからのSACD化です。

尾崎亜美『HOT BABY』SACDラボ♪♪レビュー

SACDラボ♪♪レビューにチェイス『Pure Music & Chase』をアップ、Quadraphonicを聴いてみました

GWもいよいよ残り少なくなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

SACDラボ♪♪レビューにチェイスの『Pure Music & Chase』をアップしました。

昨年Vocalionから発売になったSACDハイブリッドで、チェイスの2枚のアルバムを収録。

また当時のQuadoraphonic(SQ4チャンネル)も収録しています。

SACDラボ♪♪レビュー チェイス『Pure Music & Chase』

【SACDラボ♪♪レビュー】をアップ。Blu-ray Audioカラヤンの『ベートーヴェン: 交響曲全集』

SACDラボ♪♪レビューをアップしました。今回はカラヤンのBlu-ray Audio『ベートーヴェン: 交響曲全集 (1975-1977年録音)』です。

ドルビーアトモスを収録で昨年の発売以来、人気もあるようで、あらためてドルビーアトモスの注目も高いのだなと知った1枚。

残念ながら、SACDラボ♪♪はドルビーアトモスは聴ける環境ではないので、このレビューは5.1chサラウンドと2.0ステレオでのリスニングとなりましたが、新しく導入したOPPOで聴いたこともあり、満足のいく内容でした。どうぞご覧ください。

レビューを見る

ポール・マッカートニー『エジプト・ステーション』の“エクスプローラーズ・エディション”が5月発売

ポール・マッカートニーの『エジプト・ステーション』は、36年ぶりに全米1位になるなど、あらためて才能を再認識させたアルバムでしたが、その『エジプト・ステーション』の“エクスプローラーズ・エディション”が5月17日にリリースされます。

これはアルバム本編と、リリース後に発表された「Get Enough」や、アビイロード・スタジオやキャヴァーン・クラブなどでおこなわれたライヴ音源、そのほかの音源を収録したデラックス盤のかたちになります。

CDですと2枚組で、1枚が本編『エジプト・ステーション』。2枚目が新たな音源10曲による“エジプト・ステーション II”となります。CDは日本盤と輸入盤があります。

またアナログ・レコード(3枚組)ももちろん発売。アナログにはカラーレコード・ヴァージョンもあります。

『エジプト・ステーション』発売時に国内盤CDのボーナストラックだった「ゲット・スターテッド」、「ナッシング・フォー・フリー」も、今回正式に“エクスプローラーズ・エディション”に組み込まれることになります。アナログ・レコードにも当然入っているわけで、オリジナルのアナログ盤を買った方は、“エクスプローラーズ・エディション”でこれらの曲も聴けることになりますね(本編がダブるので、そこが問題ですが)。

収録曲はCDの場合以下のとおり

CD1
01. Opening Station
02. I Don't Know
03. Come On To Me
04. Happy With You
05. Who Cares
06. Fuh You
07. Confidante
08. People Want Peace
09. Hand In Hand
10. Dominoes
11. Back In Brazil
12. Do It Now
13. Caesar Rock
14. Despite Repeated Warnings
15. Station II
16. Hunt You Down/Naked/C-Link

CD2
01. Get Started
02. Nothing For Free
03. Frank Sinatra’s Party
04. Sixty Second Street
05. Who Cares (Full Length)
06. Get Enough
07. Come On To Me (Live At Abbey Road Studios)
08. Fuh You (Live At The Cavern Club)
09. Confidante (Live At LIPA)
10. Who Cares (Live At Grand Central Station)

CDとアナログレコード

CD(2枚組)国内盤
Tower Records 特典あり
Amazon
Amazon 特典あり

CD(2枚組)輸入盤
Tower Records

LPレコード(3枚組)
Tower Records

LPレコード Color Vinyl
Tower Records

以上

メンデルスゾーンが1841年に演奏した「マタイ受難曲」 Challenge ClassicsからSACDで

J.S.バッハ: マタイ受難曲(メンデルスゾーン(1841年)編版) 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

Challenge Classicsから、メンデルスゾーンが1841年に演奏した版による『バッハ:マタイ受難曲』がSACDハイブリッドで発売になります。

といってもタワーレコードでは4年前から発売になっているのですが、Amazonでは今月に発売になったばかりです(再発かもしれません)。

何れにしても興味深いSACDですのでご紹介します。メンデルスゾーンは1829年に「マタイ受難曲」を蘇演したことで有名ですが、本作は、1841年、メンデルスゾーンが楽長になってのトーマス教会での演奏した版。ここでもメンデルスゾーンによる手が入っております。

最近はオリジナル楽器、声楽の各パート1人など、バッハの時代の「マタイ受難曲」を追求する演奏が多いですが、このロマン派時代の「マタイ受難曲」はある意味原点でもあります。こちらも同じくらい聴いてみたいですねー。

J.S.バッハ: マタイ受難曲(メンデルスゾーン(1841年)編版) 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

古くて新しく出たSACD、ヴォルフガン・ミッテラーのオルガン&エレクトロニクスで『ミッテラー: 作品集』

ミッテラー: 作品集/ヴォルフガング・ミッテラー 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

本作はオーストラリアの作曲家ヴォルフガング・ミッテラーのSACDハイブリッドです。

タワーレコードでは2008年、10年以上前に発売されているものの、Amazonでは今月に発売されたばかり、SACDラボ♪♪でも取り上げていなかったので、ここでご紹介します。

ミッテラー、ちょっとどういう音楽かわかりませんが、タワーレコードの紹介文を読むと、作曲家であり、オルガン奏者、エレクトロニクスの先駆者と紹介されております。

これは自作自演盤ということになるのでしょうね。リリースはCol Legnoレーベルから。Amazonのジャケット裏画像をみるとマルチチャンネル収録が確認できます。2004年のライヴで、収録曲は以下のとおり。

1.ミクスチュアー V オルガンとエレクトロニクスのための
2.die zeit spielt keine rolle オルガン・ソロのための
3.vox acuta(1997) オルガン・ソロのための
4.bwv.org オルガンとエレクトロニクスのための

ミッテラー: 作品集/ヴォルフガング・ミッテラー 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

【SACDラボ♪♪レビュー】ステレオサウンドの45回転LP、薬師丸ひろ子『Cinema Songs』を聴いてみました

SACDラボ♪♪レビューをアップしました。

今回はステレオサウンド製作の薬師丸ひろ子『Cinema Songs』。

45回転アナログレコード2枚組という、オーディオファイルには最高のフォーマット。

どうぞご覧ください。

SACDラボ♪♪レビュー “いい音 × 薬師丸ひろ子”を堪能できる愛おしいレコード

【SACDラボ♪♪レビュー】をアップ。クララ『In A Different Light』 香港EvosoundのSACDハイブリッド

香港EvosoundレーベルのSACDハイブリッド、クララの『In A Different Light』のSACDラボ♪♪レビューをアップしました。

SACDラボ♪♪レビューはこちら