サンタナ『天の守護神』SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション、Quad収録、2chもリマスター

サンタナ/天の守護神-SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション-<完全生産限定盤>

Tower Records
Amazon

サンタナの名盤『天の守護神』がSA-CDマルチ・ハイブリッド・エディションで発売。マルチチャンネルにはQuadraphonic(4チャンネル)を収録。10月28日発売。ネットショップでの取り扱いはまだです。追加:タワーレコードとAmazonで予約開始となりました。

これは『サンタナ―SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション―』に続く、50thアニヴァーサリー・シリーズ第2弾。

『天の守護神(Abraxas)』は言うまでもなく、サンタナの名盤の一つ。ラテン・ロックのサンタナとしてならば、これを最高傑作と評する声も多い。

これだけの名盤ですので、本家ソニーミュージックからもSACDが誕生した時にSACDシングルレイヤーで発売になりました。そしてMobile FidelityもSACDハイブリッド化しました。

しかしQuadraphonicが収録されるのは今回が初めて。SACDが登場して以来、実に21年ぶりに実現しました(余談ながら、SACDの歴史も長くなりました)。

4chマスターからDSD化、2chも新規マスター

今回収録のQuadraphonicは、オリジナル・4chミックス・マスター音源を日本のソニー・ミュージックスタジオにてDSDマスタリング。加えてSACD 2ch、CD層共にオリジナル・2chミックス・マスター音源からの最新リマスター盤

管理人は当時4チャンネル・ブームの真っ只中にいましたが、管理人にとっての4チャンネル・ブームとはCBSソニーの「SQ4チャンネル」であり、その代表盤だったのが『天の守護神』などのサンタナの4チャンネル・レコードでした。未知のラテン・ロックと未知の4チャンネルが融合して、ジャケットを見ただけで胸が高鳴った思い出があります。

7inchのパッケージにも当時の思い出がたくさん

ですので「SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション」の特徴であるパッケージも見逃せません。日本盤クアドラフォニックLPを精巧にリサイズした7インチ紙ジャケット仕様。パッケージの内容は以下のとおり。

・US盤オリジナル・クアドラフォニックのゴールド・レーベルを再現
・「ブラック・マジック・ウーマン」「僕のリズムを聞いとくれ」「君に捧げるサンバ」の日本盤シングル・ジャケット復刻
・クアドラフォニックの日本版広告がプリントされたインナー・バッグ
・オリジナルLP封入ポスターをリサイズ復刻
・日本盤オリジナル・クアドラフォニックLP初版帯復刻
・懐かしの1970年オリジナル・ライナーノーツ、2006年ライナーノーツ復刻+新規解説付ブックレット

収録曲
1. Singing Winds, Crying Beasts / 風は歌い、野獣は叫ぶ
2. Black Magic Woman / Gypsy Queen / ブラック・マジック・ウーマン/ジプシー・クイーン 
3. Oye Como Va / 僕のリズムを聞いとくれ
4. Incident at Neshabur / ネシャブールの出来事
5. Se A Cabo / すべては終わりぬ
6. Mother’s Daughter / マザーズ・ドーター
7. Samba Pa Ti / 君に捧げるサンバ
8. Hope You’re Feeling Better / ホープ・ユー・アー・フィーリング・ベター
9. El Nicoya / エル・ニコヤ

サンタナ/天の守護神-SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション-<完全生産限定盤>

Tower Records
Amazon

クラフトワークの8タイトルが180g重量盤アナログレコードで発売、ドイツ語版も5タイトル

クラフトワーク(Kraftwerk)のアルバム8作がアナログレコード180g重量盤で発売になります。アルバムごとに色が異なるカラーヴァイナル仕様。各タイトルにはブックレットが付属。リリースはParlophoneから。

音源は2009年リマスター版を使用。またドイツ語版も5タイトルがアナログレコードで発売。音源は英語版と同じですが、アートワークが一部ドイツ語の模様。

英語版

ドイツ語版(German Version)

ブライアン・イーノの映画、TVのサウンドトラックを収録した『ブライアン・イーノ - フィルム・ミュージック 1976 - 2020』

ブライアン・イーノ/Film Music 1976 - 2020【LPレコード】

ブライアン・イーノの映画やテレビへのサウンドトラック17曲を収録した『ブライアン・イーノ - フィルム・ミュージック 1976 - 2020』がアナログレコード(2枚組)とCDで発売です。

本作はイーノの映画やテレビのサウンドトラック作品を集めた初のコレクション・アルバムです。

収録曲

Side A

・トップボーイ(テーマ)
『トップボーイ:サマーハウス - シーズン1』(2011年/監督ヤン・ドマンジュ)より

・シップ・イン・ア・ボトル
『ラブリーボーン』(2009年/監督ピーター・ジャクソン)より

・ブラッド・レッド
『フランシス・ベーコン 出来事と偶然のための媒体』(2005年/監督アダム・ロウ)より

・アンダー
『クール・ワールド』(1992年/監督ラルフ・バクシ)より

・ディクライン・アンド・フォール
『O Nome da Morte’』(2017年/監督エンリケ・ゴールドマン)より

Side B

・予言のテーマ
『デューン/砂の惑星』(1984年/監督デヴィッド・リンチ)より

・リーズナブル・クエスチョン
『We Are As Gods』(2020年/デヴィッド・アルバラード、 ジェイソン・サスバーグ)より

・.レイト・イブニング・イン・ジャージー
『ヒート』(1995年/監督マイケル・マン)より

・ビーチ・シークエンス
『愛のめぐりあい』(1995年/監督ミケランジェロ・アントニオーニ)

Side C
・ユー・ドント・ミス・ユア・ウォーター
『愛されちゃって、マフィア』(1988年/監督ジョナサン・デミ)より

・ディープ・ブルー・デイ
『トレインスポッティング』(1996年/監督ダニー・ボイル)より

・ソンブル
『トップボーイ:サマーハウス - シーズン2』(2013年/監督ジョナサン・バン・トゥレケン)

・ドーバー・ビーチ
『ジュビリー/聖なる年』(1978年/監督デレク・ジャーマン)より

Side D

・デザイン・アズ・リダクション
『ラムズ』(2018年/監督ゲイリー・ハスウィット)より

・アンダーシー・ステップス
『ハンマーヘッド』(2004年/監督ジョージ・チャン)より

16.ファイナル・サンセット
『セバスチャン』(1976年/監督デレク・ジャーマン)より

・アン・エンディング
『宇宙へのフロンティア』(1989年/監督アル・レイナート)より

CDはこちら

『クリムゾン・キングの宮殿』がドルビーアトモス『The Complete 1969 Recordings』20CD+2DVD+4Blu-r

キング・クリムゾン/The Complete 1969 Recordings [20CD+2DVD+4Blu-ray Disc]<限定盤>

キング・クリムゾンの1969年作品『クリムゾン・キングの宮殿』のオーディオ・ヒストリーといえる、CD20枚+ブルーレイ4枚DVD1枚+DVD-Audio1枚からなる26枚組ボックスセット『The Complete 1969 Recordings』が10月23日に発売です。

スティーヴン・.ウィルソンによる『クリムゾン・キングの宮殿』の2020年ドルビーアトモス

高音質ファンのためにまず書くと、4枚のブルーレイには、スティーヴン・ウィルソンによる2020年ドルビー・アトモスがまずの目玉。

他にも、これまで発売になった『クリムゾン・キングの宮殿』のハイレゾ&サラウンドである、40周年版2ch&5.1chミックス(2009年)、50周年版2ch&5.1chミックス(2019年)も収録。発売のたびに話題となったミックスが一堂に集まるのも本ボックスならでは。

そしてオリジナルのUK Stereoや US Mono Promo LPs、オリジナル・レコードの盤起こし音源などもハイレゾで収録。抜かりはありません。

DVDとDVD-Audio

DVDにも24bitの音源を収録(映像はない模様)、DVD-Audioにもオリジナルマスターと2019年ミックスの2ch&5.1chを収録。ブルーレイだけでなく、DVDやDVD-Audioもあえて収録しているところが、メディア的にもボックスの歴史的意義を高めます。

CDにも沢山の音源がてんこ盛り

もちろん20枚のCDには音源がてんこ盛り。オリジナルのスタジオ・アルバム、存在が確認されているすべての別テイク、別ミックス、ライヴレコーディング、さらには、ジャイルズ・ジャイルズ&フリップなど1968年の”プレ”クリムゾン期のレコーディングからのセレクションを収録。

ブックレット他

付属のブックレットには、ロバート・フリップによる紹介、デヴィッド・シングルトンのソーステープに関するメモ、キング・クリムゾンの伝記作家シド・スミスによるスリーブノート、セッション時の未公開写真、メモラビリアなどをアウタースリーブ付きの12インチサイズボックスセットに同梱。

スペースもかぎられるので、ここでは高音質ディスクの収録曲を掲載しておきます。全ディスクの内容はタワーレコードで参照してください。

Disc 19 - DVD
24/48: Complete Studio Sessions
24/48: Let's Make a Hit Waxing
16/48: Stormy Selections

Disc 20 - DVD-A
24/48: Original Master Edition
24/48: 2019 album mixes in hi-res stereo and 5.1 Surround
Hyde Park Film Snippet

Disc 21 - Blu-Ray 1
24/192: Giles, Giles and Fripp - as per CD 25
24/96: Complete Studio Sessions
24/192: Live at Chesterfield Jazz Club

Disc 22 - Blu-Ray 2
24/96: 2009 Hi-Res Stereo and 5.1 Surround Mixes
24/96: Additional audio and Alternate album from the 2009 mixes
24/48: Original 1969 vinyl needledrops of UK stereo & US Mono Promo LPs
24/48: Original 1969 Mono UK Single A and B Sides and US Promo Single A Side

Disc 23 - Blu-Ray 3
24/96: 2019 Mixes in Stereo, 5.1 Surround and Instrumental Mixes
24/96: Original Master Edition
24/96: 2019 Alternate Album and Additional Material Mixes
Hyde Park Film Snippet (audio mono)

Disc 24 - Blu-Ray 4
Atmos: 2020 Dolby Atmos Mix
24/96: Let's Make a Hit Waxing

キング・クリムゾン/The Complete 1969 Recordings [20CD+2DVD+4Blu-ray Disc]<限定盤>

エルトン・ジョンの豪華ボックスセット『ジュエル・ボックス』CD8枚組が発売、LPも

エルトン・ジョン / ジュエル・ボックス【8CD】

Tower Records 国内
Tower Records 輸入
Amazon 国内
Amazon インポート

エルトン・ジョンのレア曲など、膨大な楽曲を収録したCD8枚組ボックス・セット『ジュエル・ボックス』が発売。60曲の未発表曲に加え、初デジタル音源化された81曲など、膨大な数の未公開曲や未発表曲を収録される。

本作には初期のレア曲、エルトンが個人的に選んだ曲、30年にわたるシングルのB面曲、そしてエルトンの自伝本『Me:エルトン・ジョン自伝』で語られていた曲などが収録される(この本は非常に面白かったです)。

CD8枚には以下のコレクションが収録されています。

CD 1 & 2『ディープ・カッツ』
エルトン・ジョンが選曲を監修したベスト・コレクション

CD3、4、5『レアリティーズ 1965 – 1971』
初期の未発表曲

CD 6 & 7『Bサイズ 1976 – 2005 』
アルバム未収録曲とシングルB面曲を収録

CD8『アンド・ディス・イズ・ミー…』
公式自伝本『Me:エルトン・ジョン自伝』の中で言及している楽曲を収録。

管理人もひととおりエントン・ジョンを聴いてきましたが、今回の『ジュエル・ボックス』は新鮮です。ベスト盤ともいえる『ディープ・カッツ』の収録曲にしても、これまでのベスト盤の選曲とはまるで違い、かなりマニアックな選曲。アルバムの中の隠れた名曲ともいえるもので、聴きこんだファンなら「これを選んだか」と嬉しさもひとしおでしょう。他の膨大な未発表曲、レア音源はなおさらです。

アナログレコードはこちら

アナログ・レコードは3タイトルが発売。

Jewel Box (Deep Cuts)

Tower Records
Amazon

Jewel Box (Rarities & B-Sides)

Tower Records
Amazon

Jewel Box (And This Is Me)

Tower Records
Amazon

リリースの発表に合わせて未発表曲“Sing Me No Sad Songs”が公開されている。

 

ユスフ(キャット・スティーヴンス)が名盤を50年ぶりに再録音、『父と子2』がリリース

Tea For The Tillerman 2<Black Vinyl>【LPレコード】
Yusuf Islam (Cat Stevens)

Tower Records
Amazon

ユスフ(キャット・スティーヴンス)の、名盤『父と子』が発売50周年を記念して、現代的解釈で再構築したニュー・アルバム『父と子2(Tea for the Tillerman 2)』が発売。アナログレコードとCDでリリース。

アルバム全曲を再考し再レコーディングする、というアイデアはユスフと息子ヨリヨスとの話し合いの中から生まれた、とのこと。

ミュージック・ビデオも名曲「子供達の園はどこへ?(Where Do The Children Play?)」他が公開されています。昔ながらのユスフ(キャット・スティーヴンス)の声が聴けます。

CDはこちら

ビートルズの書籍『The Beatles: Get Back』が来年8月21日に発売。海外版はAmazonで予約開始

The Beatles: Get Back (英語) ハードカバー –

ビートルズの書籍『The Beatles: Get Back』が出版されることを、出版社Callaway Arts & EntertainmentとApple Corps Ltd.が発表しました。

発売は2021年8月31日予定。海外版(英語)は既にAmazonで予約開始となっています。

これは240ページのハードカバー本で、この種の公式本は2000年の『ザ・ビートルズ・アンソロジー』以来で、約20年ぶり。

内容は、ビートルズがどのようにして『Let It Be』を制作したのか彼ら自身の言葉で語られ、レコーディング・セッションでのジョン、ポール、ジョージ、リンゴの会話の抜粋、そしてイーサン・ラッセルやリンダ・マッカートニーによる写真を含む数百枚の未発表画像も収録される模様。

この9月に公開予定だった映画『The Beatles: Get Back』は、新型コロナウイルスの影響で2021年8月公開に延期されましたが、本書はそれに合わせた時期の発売のようです。

書籍紹介の動画が公開されているので参考にしてください。

The Beatles: Get Back (英語) ハードカバー –

U2『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』20周年で初リマスター

オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド(20周年記念盤〜スーパー・デラックス) 【5CD】

Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入 (International Version)
Amazon

U2の名盤『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』が20周年記念。初のリマスターが発売になります。

発売形態は、スーパーデラックス盤(5CD)、デラックス盤(2CD)、通常CD(1枚)、アナログレコード。アナログレコードのスーパーデラックス盤は11枚組です。

スーパー・デラックス盤には、初音源化される『エレヴェイション:ライヴ・フロム・ボストン2001』や初CD化音源3曲、未発表リミックス4曲を収録し、ファンにはたまらない豪華仕様です。

『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』はU2の10枚目のスタジオ・アルバム。プロデュースはダニエル・ラノワ&ブライアン・イーノ。グラミー賞〈年間最優秀レコード〉を2曲(「ビューティフル・デイ」&「ウォーク・オン」)収録する史上唯一のアルバム。

<5CDスーパーデラックス盤>Tower Records

<2CDデラックス盤>Tower Records

<通常盤1CD>Tower Records

<輸入盤LP>Tower Records

Amazonはこちら

オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド(20周年記念盤~スーパー・デラックス)(完全生産限定盤)(5CD)

All That You Can’t Leave Behind [Super Deluxe CD Box Set]

All That You Can't Leave Behind [Super Deluxe Vinyl Box Set] [12 inch Analog]

All That You Can't Leave Behind [Deluxe 2CD]

オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド(20周年記念盤~デラックス)(通常盤)(2CD)

All That You Can't Leave Behind [Standard CD]

All That You Can't Leave Behind [Standard Vinyl] [12 inch Analog]

クランベリーズ『ザ・ベスト・オブ・クランベリーズ1992-2002』がSACDハイブリッドで発売

この情報は読者の大森さんからいただきました。ありがとうございました。

Stars: The Best of the Cranberries, 1992-2002【SACDハイブリッド】
クランベリーズ

読者の大森さんから教えていただきましたが、アイルランドのロック・バンド、クランベリーズの『ザ・ベスト・オブ・クランベリーズ1992-2002』がSACDハイブリッドで発売です。

リリースはユニバーサルで、Amazonによれば「Made in Japan for the Hong Kong market. 」というSACDです。

オリジナルはクランベリーズの初のベスト・アルバムとして2002年に発売。アメリカでのブレイクのきっかけとなった「ゾンビ」のほか、5枚のアルバムから名曲をセレクション。

Stars: The Best of the Cranberries, 1992-2002【SACDハイブリッド】
クランベリーズ

フリートウッド・マックの初期作品を収録したアナログ・レコード・ボックス(LP5枚+7インチ)が発売

Fleetwood Mac: 1973-1974 / Fleetwood Mac[5LP+7inch]

フリートウッド・マックの初期作品を収録したLPボックスが発売された。

『FLEETWOOD MAC: 1973-1974』は、1973年の『PENGUIN』、1973年の『MYSTERY TO ME(邦題: 神秘の扉)』、そして1974年の『HEROES ARE HARD TO FIND(邦題: クリスタルの謎)』という3枚のスタジオ・アルバムのリマスター音源に加え、1974年の未発表ライヴ音源を計5枚のアナログに収録したボックス・セット。

さらに特典として「For Your Love (Mono Promo Edit)」と、未発表音源となる「Good Things (Come To Those Who Wait)」を収録した7インチ・アナログを封入。

カッティングを担当したのは、バーニー・グランドマン・マスタリングのクリス・ベルマン。オリジナルのアナログ・マスターを使用してカッティング。

『PENGUIN』(1973)
『MYSTERY TO ME』 (1973)
『HEROES ARE HARD TO FIND』 (1974)
『LIVE FROM THE RECORD PLANT 12-15-74』(2枚)
『7”シングルレコード』

CDボックスも同時発売

Fleetwood Mac: 1969-1974/ Fleetwood Mac【CD】

1969年から1974年に発表した彼らの7枚のスタジオ・アルバムのリマスター・ヴァージョンに加え、リンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックスがバンドに加入する数か月前となる1974年12月15日に行われたコンサートの模様を収録した未発表ライヴ作品を含む、全8枚組のボックス・セット。