プリンスの本人ヴァージョン集『オリジナルズ』、アナログレコード、ハイレゾ配信でもリリース

Prince/Originals【2LPレコード】
Tower Records
Amazon

プリンスが他のアーティストに提供した曲を、プリンス本人のオリジナル・ヴァージョンで構成した『オリジナルズ』が、アナログレコード(2枚組)でも発売になります。またアナログレコードとCDがセットの〈デラックス・エディション〉も発売になります。

アナログレコードに先立って、CDとハイレゾ(flac、MQA 96kHz/24bit)は6月21日にリリースされています。

『オリジナルズ』に収録されているのは1980年代のものがほとんど。

デモ・ヴァージョンと言いながら、その完成度は素晴らしく、ガールズ・バンドのバングルスがヒットさせた「マニック・マンデー」や、シーラ・Eがヒットさせた「グラマラス・ライフ」など、プリンス自身も絶頂期だっただけに、そのままプリンスの別のベスト盤的な聴き方ができます。15曲のうち14曲が未発表トラック。

オリジナルズ: デラックス・ エディション(CD+2LP)

オリジナルズ: デラックス・ エディション [CD+2LP]<完全生産限定盤>
Tower Records
Amazon

Originals (Deluxe Edition) [CD+2LP]<限定盤>
Tower Records

CD

オリジナルズ<通常盤>
Tower Records
Amazon

Originals
Tower Records
Amazon

ハイレゾ【flac 96kHz/24bit、MQA Studio 96kHz/24bit】

Originals【flac 96kHz/24bit、MQA Studio 96kHz/24bit】
e-onkyo music

VocalionからM.F.S.B.のSACDハイブリッド『Philadelphia Freedom & Summertime』2in1で半分Quad収録

M.F.S.B.(マザー・ファザー・シスター・ブラザー)/Philadelphia Freedom & Summertime
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

VocalionからまたSACDハイブリッドのニュースです。M.F.S.B.(マザー・ファザー・シスター・ブラザー)の『Philadelphia Freedom & Summertime』。2 in 1のSACDハイブリッドです。

国内ではタワーレコードとHMV&BOOKSで予約が開始されていますが、ジャケットはまだアップされていません。

アメリカとイギリスのAmazonではジャケットもアップされています。2枚のアルバム・デザインをうまくコラージュしたジャケットとなっております。

M.F.S.B.(マザー・ファザー・シスター・ブラザー)は、1970年代ソウルを支えたミュージシャン集団。アーティストとしても1972年にデビューし、TV番組「ソウル・トレイン」のテーマ曲は代表的なヒット曲でした。ただその曲は、このSACDハイブリッドには入っておりませんのでご注意ください。

SACDハイブリッドに収録されるのは2枚のアルバム。彼らのサード『Philadelphia Freedom』(1975年)と『Summertime』(1976年)です。『Philadelphia Freedom』はQuadoraphonicも収録。『Summertime』は2chのみの収録です。収録曲は以下のとおり。

『Philadelphia Freedom』
LP PZ 33845 (1975) STEREO/PZQ 33845 QUADRAPHONIC
1: ZACH’S FANFARE #2 (Zachery)
2: GET DOWN WITH THE PHILLY SOUND (Chambers)
3: PHILADELPHIA FREEDOM (John; Taupin)
4: SOUTH PHILLY (Gamble; Huff)
5: FERRY AVENUE (Huff; McFadden; Whitehead; Carstarphen)
6: INTERLUDE 1 (Zachery)
7: WHEN YOUR LOVE IS GONE (Wansel) featuring Dexter Wansel
8: MORNING TEARS (Wansel) featuring Dexter Wansel
9: BROTHERS AND SISTERS (Gamble, Martin, Johnson)
10: SMILE HAPPY (War)
11: THE ZIP (Gamble; Huff)

『Summertime』
LP PZ 34238 (1976) STEREO
12: PICNIC IN THE PARK (Gamble; Huff)
13: SUMMERTIME (G. Gershwin)
14: PLENTY GOOD LOVIN’ (Gamble; Huff)
15: SUNNIN’ AND FUNNIN’ (Whitehead; McFadden; Carstarphen)
16: SUMMERTIME AND I’M FEELIN’ MELLOW (Whitehead; McFadden; Carstarphen)
17: I’M ON YOUR SIDE (Gamble; Huff)
18: HOT SUMMER NIGHTS (Gamble; Huff)
19: WE GOT THE TIME (Whitehead; McFadden; Carstarphen)

M.F.S.B.(マザー・ファザー・シスター・ブラザー)/Philadelphia Freedom & Summertime
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

Mobile Fidelityのボブ・ディラン『血の轍』“ULTRADISC ONE-STEPシリーズ”45回転2枚組、タワレコで予約開始

ボブ・ディラン / Blood On The Tracks【LPレコード】
Tower Records 輸入 (アメリカ盤)

ボブ・ディラン『血の轍』が、Mobile Fidelityの「ULTRADISC ONE-STEP」(UD1S)シリーズで復刻。45回転2枚組の180gアナログレコードです。それがタワーレコードでも予約開始となりました。発売は8月23日予定。

「ULTRADISC ONE-STEP」(UD1S)シリーズは、ラッカー盤から製作された“最初のスタンパー”でプレスをおこなうため生産数が限定されますが、ノイズを軽減し、音のディティールをより細かく再現するというもの。

加えて「MoFi SuperVinyl」という、独自のアナログ盤素材を使用により精密な溝の製造を可能にした、とのことです。

なお国内版も発売が予定されています。こちらもタワーレコードで予約が始まっていますが、まだ発売予定の段階です。

ボブ・ディラン / Blood On The Tracks【LPレコード】
Tower Records 輸入 (アメリカ盤)

テデスキ・トラックス・バンド『Made Up Mind』がカラー・ヴァイナルで発売

Tedeschi Trucks Band / Made Up Mind 【LPレコード】
Tower Records
Amazon

ブルース・ロックのテデスキ・トラックス・バンドのサード・アルバム『メイド・アップ・マインド(Made Up Mind)』がアナログレコードで発売です。カラー・ヴァイナル仕様で2枚組(Amazonでは枚数が1ですが)。7月19日に発売予定。

テデスキ・トラックス・バンドは、スライド・ギターの名手デレク・トラックスが、妻でありブルース・シンガー&ギタリストでもあるスーザン・テデスキと結成した大編成ブルース・ロック・バンド。

本作は2013年発表のオリジナル・スタジオ録音としては2枚目、バンドとしては3枚目のアルバムです。

Tedeschi Trucks Band / Made Up Mind 【LPレコード】
Tower Records
Amazon

Groove Noteからヴァネッサ・フェルナンデスのSACD『I Want You』バーニー・グランドマンのマスタリング

Vanessa Fernandez / I Want You 【SACDハイブリッド】
Tower Records

シンガポール出身のシンガー、ヴァネッサ・フェルナンデス(Vanessa Fernandez)のSACDハイブリッド『I Want You』が、5月に発売になっています。リリースはジャシンタのSACDでおなじみの高音質レーベルGroove Noteから。

Groove Noteから3作目となる本作はカーティス・メイフィールド、マーヴィン・ゲイから、マイケル・ジャクソンやホール&オーツ、さらにはレディオヘッドなど幅広く収録しています。

収録はSTUDERの24トラックのレコーダーを使ってアナログ録音され、名マスタリング・エンジニアのバーニー・グランドマンによりDSDマスターが製作されました。動画も配信されています。Groove Noteのページ

これまでのヴァネッサ・フェルナンデスのSACDハイブリッド

Use Me 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

デビューアルバム

When The Levee Breaks 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

セカンドアルバム。レッド・ツェッペリンを“アンプラグド”アコースティック・アレンジでカヴァー。

以上

冨田ラボ『Shiplaunching』が自身による新ミックスでSACDハイブリッド化、初アナログレコードも同時発売

冨田ラボ / Shiplaunching [2019Mix] 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

冨田ラボのセカンド・アルバム『Shiplaunching』(2006年)が、本人の手によるニューミックスでSACDハイブリッド化されます。7月24日発売。

冨田ラボがセカンド・アルバム『Shiplaunching』を本人の手によるニューミックスでSACD Hybrid化してリリース!高橋幸宏+大貫妙子、SOULHEAD、田中拡邦(MAMALAID RAG)、CHEMISTRY、山本領平、YOSHIKAなど豪華ゲスト陣の参加も話題を呼んだ傑作。さらに、冨田恵一のセルフライナノーツが新たに追加掲載。(タワーレコードより/発売・販売元 提供資料)

アナログレコードでも発売

同時に冨田恵一監修により、初のアナログレコードでも発売になります。名匠バーニー・グランドマンのカッティングで、ソニー国内プレス盤。

冨田ラボ/Shiplaunching<完全生産限定盤>【LPレコード】
Tower Records
Amazon

収録曲
(アナログレコードA面)
・Shiplaunching (2019 Mix)
・プラシーボ・セシボン feat. 高橋幸宏+大貫妙子 (2019 Mix)
・Like A Queen feat. SOULHEAD (Original Mix)
・アタタカイ雨 feat. 田中拡邦(MAMALAID RAG)(2019 Mix)
・Launching On A Fine Day (2019 Mix)

(アナログレコードB面)
・ずっと読みかけの夏 feat. CHEMISTRY (2019 Mix)
・恋は傘の中で愛に feat. 山本領平 (2019 Mix)
・しあわせのBlue feat. YOSHIKA (2019 Mix)
・Is The Rest Silence? (2019 Mix)
・Prayer On The Air (2019 Mix)

ニール・ヤング&ストレイ・ゲイターズの1973年未発表ライヴ『Tuscaloosa(タスカルーサ)』がアナログレコードで発売

Neil Young + The Stray Gators / Tuscaloosa 【 2 LPレコード】
Tower Records
Amazon

ニール・ヤングのライヴ・アーカイヴ・シリーズの最新作『Tuscaloosa(タスカルーサ)』がアナログレコードでも発売になりました。LP2枚組です。

本作は、1973年2月5日にアラバマ大学で行われた、ニール・ヤング&ストレイ・ゲイターズ名義の未発表ライヴ音源を収録。

ストレイ・ゲイターズは、ティム・ドラモンド(b)、ケニー・ベトレー(dr)、ジャック・ニッチェ(piano)、そしてベン・キース(steel guitar)からなるバンドで、ニール・ヤングの傑作『ハーヴェスト』での演奏が印象的でした。

本作にはその『ハーヴェスト』の曲だけでなく、のちに『今宵その夜』に収録されることになる「ルックアウト・ジョー」「ニュー・ママ」なども演奏しているのですから興味深いです。

ただ冒頭の2曲、「ヒア・ウィー・アー」と「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」はニール・ヤングのソロ・パフォーマンスだそうです。

CDでも発売

国内【SHM-CD】
Tower Records
Amazon

輸入盤【CD】
Tower Records
Amazon

ピンク・フロイド『The Division Bell』(邦題『対(TSUI)』)25周年 2枚組重量盤ブルー・ヴァイナルで発売

ピンク・フロイド/The Division Bell (25th Anniversary)<Translucent Blue Vinyl/完全生産限定盤> 【LPレコード】
Tower Records
Amazon

ピンク・フロイドの1994年作品『The Division Bell』(邦題『対(TSUI)』)が、発売25周年を記念して重量盤ブルー・ヴァイナルで6月7日に発売になりました。アナログレコード2枚組です。音源は2014年マスターを使用。

本作は1994年にデヴィッド・ギルモア、ニック・メイスン、リチャード・ライトの3人にティム・レンウィック、ガイ・プラットを始めとする多数のゲスト・ミュージシャンを迎えて制作されたアルバム。ロジャー・ウォーターズは脱退していませんが、古くからのピンク・フロイド・ファンも納得する作品でした。

英米で1位を獲得。ギルモアのギター・ソロが光る「孤立(Marooned)」はグラミー賞ベスト・ロック・インストゥルメンタル部門を受賞。

重量盤ブルー・ヴァイナルでの再発は、ファンにはうれしいところでしょう。なおハイレゾ(flac 96kHz/24bit)は2016年に配信されています。

ピンク・フロイド/The Division Bell (25th Anniversary)<Translucent Blue Vinyl/完全生産限定盤> 【LPレコード】
Tower Records
Amazon

[CD]グレン・キャンベルの56年間の足跡をたどるCD4枚組ボックス『The Legacy 1961-2017』

グレン・キャンベル / The Legacy 1961-2017 【4CD】
Tower Records
Amazon

これはCDボックスですが、グレン・キャンベルの56年間に及ぶ足跡をたどる『The Legacy 1961-2017』(CD4枚組)が発売です。

グレン・キャンベルは「ジェントル・オン・マイ・マインド」、「恋はフェニックス」、「ウィチタ・ラインマン」などのヒット曲で有名なカントリー・ミュージック・シンガー。2017年8月にナッシュヴィルにて惜しまれつつ世を去りました。

本ボックスには、そんなグレン・キャンベルのソロ・デビュー(1961年)から死去までの56年間に残した音源の中から78曲を収録。

60ページ・ブックレット付き、Joel Selvinによる最新書き下ろし英文ライナーノーツ(輸入盤のため日本語訳は付いておりません)。

グレン・キャンベル / The Legacy 1961-2017 【4CD】
Tower Records
Amazon

アレサ・フランクリン『Amazing Grace: The Complete Recordings』が180g重量盤アナログLP4枚組で発売中

アレサ・フランクリン / Amazing Grace: The Complete Recordings 【4LPレコード】
Tower Records

2018年に亡くなった“ソウルの女王”アレサ・フランクリン。彼女の1972年の伝説的ライヴの完全版である『Amazing Grace: The Complete Recordings』が、アナログレコード4枚組で4月に発売になっています。

これは1972年1月13日と14日、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で行われたライヴ。オリジナルは1972年に2枚組LP『至上の愛 〜チャーチ・コンサート』として発売になり、ゴスペルを世界に広めました。

その後、1999年にコンサートの完全版を収録したCDが発売。今回ようやくアナログレコードでも180グラム重量盤4枚組で、4月に発売となりました。

なお、当時お蔵入りとなった、映画のほうの『アメイジング・グレイス』も、ようやく今年の4月に全米公開されております。そのトレーラーがYouTubeに公開されていて、客席にはマーヴィン・ゲイやミック・ジャガーらの顔もあります。

アレサ・フランクリン / Amazing Grace: The Complete Recordings 【4LPレコード】
Tower Records