マークレビンソン(Mark Levinson)からネットワーク対応SACDプレーヤー「No5101」が発売

ハイエンド・オーディオのマークレビンソン(Mark Levinson)がネットワーク対応SACDプレーヤー「No5101」を2020年初旬より発売します。標準価格は¥600,000(税抜)。発売はハーマンインターナショナル株式会社。

SACD(Super Audio CD)対応のディスク再生能力

SACDは2ch再生でしょうが、マークレビンソンということでワクワクするものがあります。

メディアの再生は、SACD、CD-A、CD-R、CD-RWなどを再生可能。ドライブ部に、高精度オプチカルピックアップを採用した堅牢なスロットローディング式ユニットを採用。

ネットワークのストリーミングも可能

マークレビンソンならハイレゾを聴く気になる。そんなハイエンド・ユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか。

同一ネットワークに接続されたNASドライブから音楽のストリーミング再生が可能。さらにリアパネルにUSB-A端子を装備し、接続されたドライブから直接音楽ファイルも再生可能です。

Mark Levinson Precision Link II DAC搭載

上位モデル「No500」シリーズ同様、Mark Levinson Precision Link II DACを搭載。最新のESS PRO Saber 32bit DAコンバータと、独自のジッター低減回路を組み合わせたフルバランス・ディスクリートコンバータがデジタル回路部の中核をなします。SACDをはじめとする多様なデジタルソースのポテンシャルを余すことなく忠実かつ高い次元で再現します。

【主な仕様】
製品名:No5101
タイプ:ネットワーク対応SACDプレーヤー
デジタル入力端子:RCA(S/PDIF)同軸×1、EAIJオプチカル×1
デジタル出力端子:RCA(S/PDIF)同軸×1、EAIJオプチカル×1
アナログ出力端子:XLRバランス×1ペア、RCAアンバランス×1ペア
ネットワーク:Ethernet
Wi-Fi 802.11b/g/n
マスストレージ:USB-A×1
D/Aコンバータ:32bit/192kHz
再生可能フォーマット:FLAC、WAV、AIFF、OGG(24bit/192kHzまで)
AAC(24bit/96kHzまで)
MP3(320kbps/48kHzまで)
WMA(192kbps/48kHzまで)
コントロール端子:RS-232ポート、IRリモート入力、12V DCトリガー入/出、Ethernetポート
電源:AC100V(50/60Hz)
本体寸法/重量:W440×H126×D465mm / 11.8kg
付属品:リモコン、電源ケーブル

ホンダのバッテリー「LiB-AID E500 for Music」を使用してパイオニアSE-MASTER1を聴く特設コーナー

車やオートバイのホンダが本格オーディオ機器への高品質な電力供給にむけて開発されたバッテリー電源、ホンダ蓄電機「LiB-AID E500 for Music」。その「LiB-AID E500 for Music」を使用してパイオニア SE-MASTER1(ヘッドフォン)を聴く特設コーナーが、東京神田万世橋にある「ONKYO BASE」にて設置されます。

これはオンキヨー&パイオニア株式会社とホンダとのコラボ企画。お展示期間は11月18日(月)から12月18日(水)。以下プレスリリースより

ホンダ LiB-AID E500 for Music

LiB-AID E500 for Musicはホンダが本格オーディオ機器への高品質な電力供給にむけて開発されたバッテリー電源。10月24日から11月4日まで開催された「第46回東京モーターショー2019」にて初展示され、大きな話題となりました。

この度、ホンダとのコラボレーションの一環として、本蓄電機と当社オーディオ製品(パイオニア SE-MASTER1)を使用して、その実力をご体感いただける特設コーナーを当社ショップ兼ショールームである「ONKYO BASE」に設置いたします。

ホンダの蓄電機から供給されるピュアな電源とパイオニアブランドのヘッドホンフラッグシップモデルが、高解像のハイレゾ音源を瑞々しく再現いたします。業界を超えたこのコラボレーションコーナーをぜひお楽しみください。

展示・特設コーナーについて

展示場所: ONKYO BASE(詳細は下記参照ください。)
展示期間: 11月18日(月)から12月18日(水)
試聴機器: 
[電源部]ホンダ製LiB-AID E500 for Music
[オーディオ機器]パイオニア SE-MASTER1
[音源]e-onkyo musicにて配信中のハイレゾ音源

なお、 期間中、ご来場、ご試聴いただき、アンケートにお答えいただきますと、ホンダの工場などを取り囲む森の間伐材を使用して作られた「Honda Woods コースター」をプレゼントいたします。

注)ホンダ蓄電機LiB-AID E500 for MusicはONKYO BASEでは販売いたしておりません。同商品をお求めの場合は、下記サイトより購入お申込みをお願いいたします。
https://www.honda.co.jp/battery/music/entry/

ONKYO BASEショップ情報
住所: 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1丁目 25 番地 4
電話(店舗): 080-8310-6278
営業時間: 11:00 〜 20:00 (定休日:不定休)
アクセス:https://onkyobase.com/about
■Honda蓄電機LiB-AID E500 for Music
製品情報Web: https://www.honda.co.jp/battery/music/

ソニーが新たなスタジオモニターヘッドホン「MDR-M1ST」を発売

Amazon
楽天 Joshin web

モニターヘッドホンのスタンダードである、ソニー「MDR-CD900ST」は、SACDラボも10年以上愛用しておりますが(パッドを1回交換)、それとは別に、ソニーから新たに開発したモニターヘッドホン「MDR-M1ST」が8月に発売されました。ただ「MDR-CD900ST」に変わるものではなく、「MDR-CD900ST」は今後も継続して販売されます。

「MDR-M1ST」は、ソニー・ミュージックスタジオを所有するソニー・ミュージックソリューションズと、ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツが、4年半の歳月をかけて共同開発。

特徴としては、独自開発のドライバーユニットを採用し、可聴帯域を超えるハイレゾの音域をダイレクトかつ正確に再現。

ジョイント部にシリコンリングを採用し、体を動かした際に発生しやすいノイズを徹底的に低減。

プロフェッショナル向け音響製品を生産しているソニー・太陽株式会社にて製造。プロ用製品で培われた品質管理のもと、熟練作業者により手作業で一つ一つ丁寧に造られ、厳しい検査を経て出荷。

音質は「中域の骨太感と、全体の音が俯瞰できる音像を両立。音楽で重要な中域へのフォーカスをしつつ、低音域や高音域もしっかり聴こえます」とのこと。

そのほかに「着脱式ケーブルの採用」と「スイーベル機構」によるフラット収納が可能になったところが進化しています。

「MDR-M1ST」は業務使用を目的とした、プロフェッショナル仕様のヘッドホンのため、無償修理期間は設定せず、すべて有償での修理になります。

ソニーストアMDR-M1ST
https://www.sony.jp/headphone/products/MDR-M1ST/

参考レビュー「PHILEWEB」
“数十年” 使えるヘッドホン誕生! 約3万円で買える基準機、ソニー「MDR-M1ST」レビュー

楽天 Joshin web
Amazon

もうHDMIが現状? Pioneerユニバーサルプレーヤー「UDP-LX800」とあるAVマニアとの会話

Pioneer ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX800(B)
Amazon
アバック楽天市場店

久々にハードの話題ですが、パイオニアからユニバーサルプレーヤーのフラッグシップモデル「UDP-LX800」と「UDP-LX500」が昨年末に発売になっております。OPPOの「UDP-205」が手に入らない今日、SACDマルチチャンネルが再生できる、ハイエンドの機種となると、この「UDP-LX800」も候補に入るかなと思ったりしています。

マルチの出力はHDMIしかない

しかし「UDP-LX800」「UDP-LX500」にはマルチのアナログ・アウトがありませんので、 SACDマルチチャンネルを聴くにはHDMIでAVアンプに出して聴くことになります。最近はほとんどというか、全てこのやり方です。

マルチのアナログ・アウトがあったOPPOがそう意味で貴重だったわけですが、流れは確実にHDMIになってしまいました。

ちなみに「UDP-LX800」「UDP-LX500」とも2chのアウトはアナログ・アウトがありますので、 SACDを2chでしか聴かない人にはアリですね。それならSACD専用プレーヤーを買うか、とも思いますが(^-^;。

映像はOPPOでも、もうHDMI出力が現状?

でもこの前、オーディオ兼AVマニアの知人と話していたら、

「映像の方では5.1ch以上、7chとか、もっと上のドルビー・アトモスとかが主流だよ」

と言われまして、

「それらはアナログ出力は対応していないから、マルチのアナログ・アウトのあるOPPOを持っていてもHDMIで出力するのが現状」

と言われました。

「ひえー、そうなのか」

ついでに

「ドルビー・アトモスの映画ソフトだと、雨の音が天井から出てくるよ」

などと非常に魅力的なことを言っていました(^-^;

まあその方はSACDは聴かないので、バッサリとアナログ・アウトを切ることに抵抗ないようですが、SACDラボ♪♪はやはり、 SACDマルチをHDMI経由で聴くには忸怩たる思いがあるので、ますます現在のユニバーサルプレーヤーが壊れたら(実は挙動はとっくにおかしいですが)どうしようか迷います。

そうなったら難民状態に我慢できす、あっさり白旗を上げて「UDP-LX800」にするかもしれません。その下のモデル「UDP-LX500」もアリかと思いますが。

「UDP-LX800」の話からつい話が逸れました。オーディオ・スタイルは人さまざまですので、興味のある方はチェックしてみてください。

UDP-LX800

Pioneer ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX800(B)
Amazon
アバック楽天市場店

下位モデルのUDP-LX500はこちら

Pioneer ユニバーサルディスクプレーヤー UDP-LX500(B)
Amazon
アバック楽天市場店

えー、OPPOが「今後の新製品の企画・開発を終了する」と発表

Amazon ▶オッポ ユニバーサル/4K Ultra HD プレーヤーOPPO UDP-205
シマムセン楽天市場店 ▶OPPO DIGITALUDP-205 4K UHD Audiophile BD Player

ユニバーサルプレーヤーでおなじみのOPPO(オッポ)が、4月3日のアナウンスで、今後の新製品の企画・開発を終了すると発表しました。

OPPOによると「昨今の市況の変化を踏まえ」とのこと。現行機種のUDP-205とUDP-203が事実上の最後のOPPOユニーバーサルプレーヤーとなるようです。ただ「今後も引き続き現行製品の国内での販売ならびにサービス業務のご提供を継続」とありますので、205と203は売られていくようです。

SACDラボ♪♪も考えてしまいます。今使っているユニーバーサル・プレーヤーが壊れたら(実はかなり不具合が出ている)、UDP-205を迷わず買おうと思っていたのですが、のんびりと構えていていいものか…。現行機種が在庫切れになったら、生産をするのか……。う〜むであります。

エントリー機 OPPO UDP-203

Amazon ▶オッポ ユニバーサル/UHD BD プレーヤーOPPO UDP-203
アバック楽天市場店 ▶UDP-203 OPPO [オッポ] BDプレイヤー

OPPOホームページはこちら https://www.oppodigital.jp/

PCM、DSDで録音できるハイレゾ・デジタル・レコーダーTEAC SD-500HR

オーディオユニオン楽天市場店 ▶TEAC SD-500HR ティアック ハイレゾ・マスターレコーダー

前記事に続きハードネタですが、TEACから発売になった、ハイレゾで録音できるデジタル・レコーダーSD500HRです。

PCM系だけでなくDSDでも録音ができるところにSACDラボ♪♪は惹かれました。

「じゃあ何を録音するのか?」と問われると返事に窮してしまうのですが、やはりアナログ系の資産、昔のテープのハイレゾ化あたりが面白味となりましょうか。

ちょうど「季刊・オーディオアクセサリー」168号が発売されたところですが、その中の「趣味のオーディオ探求 福田屋」というページでSD-500HRのことが6ページにわたって書いてあって面白かったわけです。録音メディアはSDカードです。

Amazon ▶AudioAccessory(オーディオアクセサリー) 168号
楽天ブックス ▶Audio Accessory (オーディオ アクセサリー) 2018年 04月号 [雑誌]

NuForce MCA-18 ハイエンドのマルチチャンネル・パワー・アンプ

Amazon ▶NuForce MCA-18 High-End multi-channel amplifier by NuForce

久々にハードのネタですが、NuForceというアメリカのメーカーから出ている8chマルチチャンネルパワー・アンプです。

デジタル入力ではなくアナログ入力のみの構成。NuForce V3モノラルアンプの技術を用いてマルチチャンネル化したとのことです。

パワー・アンプですので、AVアンプのプリアウトと繋ぐ必要があるでしょうが、普通のAVアンプでは「オーディオ的に物足らん!」と思われる方にはチョイスかと思います。もちろんSACDマルチチャンネルやBlu-ray Audioのサラウンドでもいいでしょうねえ。

価格も(オヤジのファンには)手頃だけに、AVサラウンドのグレードアップ第2段階として考えるのも手かと思います。そろそろAVアンプを買い換えようかという方は、現在のAVアンプはプリとしてそのまま使用し、MCA-18にパワー・アンプを任せても期待できそうな気もしますねえ。

Amazon ▶NuForce MCA-18 High-End multi-channel amplifier by NuForce

Auro-3Dについてチョット自習しました。対応アンプも9月に発売

先日RCO Liveのガッティのブルーレイで初耳だった「Auro-3D」について調べてみました。これは「オーロ・スリーディー」と読むらしいですね。

でAuro-3Dに対応した国内初のAVアンプがデノンから9月に発売されたばかりでした。「AVR-X6400H」と「AVR-X4400H」です。 デノンサイト 「AVR-X6400H」「AVR-X4400H」

SACDラボ♪♪が一番分かりにくかったスピーカー配置ですが、メーカーサイトやネットで調べたところ、Auro-3Dでは「通常のサラウンド 5.1ch」(第1層)の上に、 「前後4本のスピーカーによるサラウンド」(第2層)、さらに天井に1chのトップスピーカー(第3層)という構造。

つまりこれまでの1層構造から、3層構造になるわけですね。

天井のトップスピーカーは気後れしてしまいますが、AVR-X6400H/AVR-X4400Hでは、トップスピーカーを第2層のリアスピーカーに割当られることができるようです。

Auro-3DはHD-MAと互換性あり

Auro-3DはこれまでのHD-MAと互換性があるそうです。

Auro-3D収録のブルーレイを非対応AVアンプで再生したら、これまでのHD-MAで再生されるそうです。

ならばRCO Liveのガッティの『Mahler: Symphony No. 2』のようなAuro-3D収録ブルーレイを買っておくのも手かもしれませんね。

これ以上の,細かいところは頭に入っておりません(^-^; Auro-3Dについては、まだまだいろいろな情報があるでしょう。スピーカー割当方法もいろいろあるかもしれません。ご自身で調べてみてください。

SACDラボ♪♪はもし今のAVアンプが壊れたら、Auro-3D対応アンプにするかもしれませんねえ。幸い使っていない小型スピーカーが4つありますから、これを第2層のスピーカーにしたらとりあえず完成できるかも。でも何年先でしょうか……(^-^)

AVR-X6400H/AVR-X4400H

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AVR-X6400H DENON [デノン] AVアンプ
価格:235636円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AVR-X4400H DENON [デノン] AVアンプ
価格:125642円(税込、送料無料) (2017/9/27時点)

Stereo Sound onlineにユニバーサルプレーヤーOPPO UDP-205の試聴記事 後編

Stereo Sound onlineに今春発売になったユニバーサルプレーヤー、オッポ(OPPO)UDP-205の試聴記事(後編)が載りました。

現在、SACDマルチチャンネルを再生できるプレーヤーとして、ハイエンド嗜好なら、実質このUDP-205を選ぶしかない現状ですので、興味深く読みました。

OPPOと言えばBDP-105DJPが欲しいところですが、もう手に入らないので、UDP-205が期待です。UDP-205はマルチ出力をRCAアナログ出力ができるところも素晴らしいですね。記事の最後には、やはりアナログ出力がいいように書いてありました。

いつかはUDP-205になるであろうと

SACDラボ♪♪も今年始めにデノンのユニバーサル・プレーヤーが不穏な動きをして、内心はUDP-205を買う覚悟をしたものですが、その後デノンのユニバーサル・プレーヤーが持ち直し、現在もまだ買い替えずに使っております。

ただ誤動作は相変わらず日常茶飯事ですので、壊れるのも時間の問題かと思います(生産終了になって10年以上なので修理もききません)。SACDラボ♪♪が健康で生きているかぎりは、どこかでUDP-205に乗り換えとなるでしょうねえ(^-^;

Stereo Sound online
「底知れぬポテンシャル UHD BD PLAYER OPPO Digital UDP-205【後編】徹底分析・音質編」

OPPO UDP-205 取扱いショップ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OPPO オッポ UHD4Kブルーレイディスクプレーヤー UDP-205JP【即納1台限り】
価格:215784円(税込、送料無料) (2017/9/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OPPO DIGITALUDP-205 4K UHD Audiophile BD Player
価格:215784円(税込、送料別) (2017/9/13時点)


Amazon ▶オッポ ユニバーサル/UHD BD プレーヤーOPPO UDP-205
OPPOの新製品UDP-205 価格は1,299ドルから、サラウンド用アナログアウトもあり

OPPOの新製品UDP-205が、OPPOのサイトに発表されました。

http://oppodigital.com/blu-ray-udp-205/

一番気になったお値段は1,299ドルです。

保証期間を長いものに変えると99ドルプラス。ラックマウントキットを付けるとプラス99ドル。

次に気になったアナログアウトですが、ちゃんと7.1ch, 5.1ch、Stereo がありました。

SACDラボ♪♪のユニバーサルプレーヤーは少し不調になってきてますので、万一壊れたらこのUDP-205を候補にしたいと思います。