ジョン・スコフィールド初のECMリーダー作『スワロウ・テイルズ』アナログLPとCDで発売

Swallow Tales【LPレコード】
John Scofield

Tower Records
Amazon

ジャズ・ギター奏者のジョン・スコフィールドの初のECMリーダー作品『スワロウ・テイルズ』が5月29日に発売。アナログレコードとCDでリリースされました。

本作はトリオによる作品。メンバーはジョン・スコフィールド(g)、スティーヴ・スワロウ(b)、ビル・スチュアート(ds)。

全曲がスティーヴ・スワロウの作曲。YouTubeには「Radio」「Hullo Bolinas」「Away」の音源が公開されている。いずれもスコフィールドのムードあるギターが聴ける。

CDはこちら

スワロウ・テイルズ/John Scofield

Tower Records
Amazon

Swallow Tales/John Scofield

Tower Records
Amazon

1. She Was Young
2. Falling Grace
3. Pourtsmouth
4. Awful Coffee
5. Eiderdown
6. Hullo Bolinas
7. Away
8. In F
9. Radio

マイルスの1985年7月ライヴ・アンダー・ザ・スカイでのライヴ音源がCD化

Live Yomiuri-Land Open Theatre East, Tokyo/Miles Davis Group【CD】

これはCDですが、マイルス・デイヴィスの1985年ライヴ・アンダー・ザ・スカイでのライヴ音源がCD2枚組で発売。リリースはHi Hatレーベルから。

ライヴ・アンダー・ザ・スカイは当時夏におこなわれていた日本のジャズ・フェスティバル。最初は田園コロシアムでしたが、のちによみうりランドの野外ステージEASTでおこなわれました。

これは1985年7月28日、EASTでの演奏。メンバーはマイルス・デイヴィス(tp)、ジョン・スコフィールド(g)、ダリル・ジョーンズ(b)、ボブ・バーグ(sax)、ロバート・アーヴィング3世(kbds)。

曲は当時の最新アルバムから「ヒューマン・ネイチャー」「タイム・アフター・タイム」などを演奏しているようです。収録曲は以下のとおり。

CD1
1. ジャック・ジョンソンのテーマ>ワン・フォーン・コール-ストリート・シーンズ>ザッツ・ホワット・ハプンド
2. スター・ピープル
3. メイズ
4. ヒューマン・ネイチャー
5. MD1>サムシングズ・オン・ユア・マインド>MD2

CD2
1. タイム・アフター・タイム
2. ミズ・モリシーン
3. コードM.D
4. パシフィック・エクスプレス
5. カティア

Live Yomiuri-Land Open Theatre East, Tokyo/Miles Davis Group【CD】

大西順子セクステットプラス『Unity All (Live at Pit Inn 完全版)』CD3枚組で発売

Unity All(Live at Pit Inn完全版)<完全数量限定盤>/大西順子セクステットプラス【CD】

これはCDですが、大西順子のセクステット・プロジェクトに特別ゲストが加わった「セクステットプラス」。

昨年11月に3日間、28曲にも及ぶライヴ・レコーディングが敢行されたが、その全貌が収められた完全版がCD3枚組で発売。7月1日リリース。

【CD】コルトレーン『ジャイアント・ステップス』60周年 リマスター&オルタネイト収録のデラックス・エディション発売

ジョン・コルトレーン/ジャイアント・ステップス〜60thアニヴァーサリー・デラックス・エディション【CD】
Tower Records
Amazon

これはCDですが、ジョン・コルトレーンの名作『ジャイアント・ステップス』発売60周年を記念して、60thアニヴァーサリー・デラックス・エディションが発売。本編オリジナルとオルタネイト・テイクを最新リマスタリングで編纂した2枚組CDで発売。国内盤が世界に先駆けて予約開始されました。国内盤はSHM-CD仕様。

貴重なフォトも掲載した24ページ英文解説とその日本語訳付。オリジナル盤に掲載されているナット・ヘントフの解説・日本語訳付。オルタネイト・テイクは現在入手困難の7枚組ボックスでしか聴けなかったため、今回お手頃価格で入手可能になったことも魅力です。

DISC1
1. ジャイアント・ステップス
2. カズン・マリー
3. カウントダウン
4. スパイラル
5. シーダズ・ソング・フルート
6. ネイマ
7. ミスター P.C.

DISC2
1. ジャイアント・ステップス (オルタネイト、テイク 1、インコンプリート) (MONO)
2. ネイマ (オルタネイト・テイク)
3. ライク・ソニー (オルタネイト・テイク) (MONO)
4. カウントダウン (オルタネイト・テイク)
5. シーダズ・ソング・フルート (オルタネイト・テイク)
6. カズン・マリー (オルタネイト・テイク)
7. ジャイアント・ステップス、テイク 5 (オルタネイト) (MONO)
8. ジャイアント・ステップス、テイク 6 (オルタネイト)

ジョン・コルトレーン/ジャイアント・ステップス〜60thアニヴァーサリー・デラックス・エディション【CD】
Tower Records
Amazon

キース・ジャレットの『サンベア・コンサート』がDSF(2.8MHz/1bit)でハイレゾ配信

Sun Bear Concerts【ハイレゾ DSF 2.8MHz/1bit】
e-onkyo music

キース・ジャレットの『サンベア・コンサート』がDSF(2.8MHz/1bit)でハイレゾ配信開始。オリジナル・アナログ・マスターテープから製作した2017年DSDマスターを使用。

なおe-onkyo musicでは『サンベア・コンサート』以外に、キース・ジャレットやゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネット関連で次の4タイトルがDSFで配信されています。

キース・ジャレット、ゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットによるアルバム、DSF配信

Standards, Vol. 2/Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette
e-onkyo music

Changes/Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette
e-onkyo music

Standards Live/Keith Jarrett Trio
e-onkyo music

Tales Of Another/Gary Peacock, Keith Jarrett, Jack DeJohnette
e-onkyo music

以上

ESOTERIC(エソテリック)からSACD、クリフォード・ブラウンの4枚組BOX、他リヒター、アバド

ESOTERIC(エソテリック)からSACDハイブリッドが発売です。

今回はジャズとクラシックのタイトルが発売になりますが、なんと言ってもクリフォード・ブラウンのボックスがニュースでしょう。ブラウン&ローチのスタジオ作品が含まれます。

クラシックではリヒターの『ブランデンブルグ協奏曲(全曲)』、アバドの『ヤナーチェク:シンフォニエッタ他』が発売。いずれも6月10日発売予定。

ブラウン&ローチの名盤2タイトルを含むSACD4枚組ボックス

クリフォード・ブラウンBOX【SACDハイブリッド】
インザムード楽天市場店
Yahoo!ショッピング

ブラウン&ローチの名盤『クリフォード・ブラウン・アンド・マックス・ローチ』、『スタディ・イン・ブラウン』。名シンガーと共演した『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』『ダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』。

ブラウン&ローチの2作品が目玉でしょうが、4枚はどれもエマーシーのクリフォード・ブラウンの名盤。いずれもモノラルです。Esotericのページ

リヒターの名盤『ブランデンブルク協奏曲(全曲)』2枚組

ブランデンブルク協奏曲(全曲)/カール・リヒター、ミュンヘン・バッハ管弦楽団【SACDハイブリッド】
インザムード楽天市場店
Yahoo!ショッピング

カール・リヒターとミュンヘン・バッハ管弦楽団による名盤。これまでも本家レーベルからSACD化されてきましたが、エソテリックのSACD化ということで興味深い。全曲を収録した2枚組。Esotericのページ

アバドのデジタル録音からヤナーチェク:シンフォニエッタ、ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容、交響曲「画家マティス」

ヤナーチェク:シンフォニエッタ、ヒンデミット:ウェーバーの主題による交響的変容 / 交響曲「画家マティス」/アバド、ベルリン・フィル【SACDハイブリッド】
インザムード楽天市場店
Yahoo!ショッピング

エソテリックらしくデジタル録音の音源もSACDハイブリッド化。アバド&ベルリン・フィルによる、ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」(1987年録音)、ヒンデミット の「ウェーバーの主題による交響的変容」と交響曲《画家マティス》(どちらも1995年録音)。Esotericのページ

エル(Elle)のデビュー作『ソー・テンダリー(So Tenderly)』がアナログレコードでも発売

So Tenderly<数量限定盤>/Elle【LPレコード】
Tower Records
Amazon

『ジャズ批評』の2019年度ジャズ・オーディオ・ディスク大賞で「ヴォーカル部門」と「ジャケット部門」を受賞した、エル(Elle)のデビュー作『ソー・テンダリー(So Tenderly)』がアナログレコードでも発売。5月20日に発売になります。本作は寺島レコードからのリリース。

【収録曲】
A1.How Insensitive
A2.Tenderly
A3.Time After Time
A4.hese Foolish Things

B1.Moon River
B2.The Nearness Of You
B3.Body And Soul
B4.Over The Rainbow
B5.I Wish You Love

【演奏】
エル(vo)
アレッサンドロ・ガラティ(p)
グイード・ゾーン(b)
ルクレツィオ・デ・セータ(ds)

So Tenderly<数量限定盤>/Elle【LPレコード】
Tower Records
Amazon

CDはこちら

ソー・テンダリー【CD】
Tower Records
Amazon

山中千尋のニューアルバム『ローザ』が6月に発売。通常CDと限定盤CD(DVD付き)の2種類

山中千尋/ローザ<初回限定盤>【UHQCD+DVD】
Tower Records
Amazon

これはCDですが、ジャズ・ピアニスト山中千尋のニューアルバム『ローザ』が6月24日に発売です。アルバムは特典DVD付きの限定盤と通常CDの二種類。

今回のアルバムは、アフター・アワーズトリオ[山中千尋(p)、アヴィ・ロスバード(g)、脇義典(b)]にカサンドラ・ウィルソン、ベン・ウィリアムスのサポート、そして山中のトリオのレギュラードラマーであるジョン・デイヴィスが参加。

収録曲は山中千尋のオリジナル曲「ローザ」「サムデイ・サムウェア」に加え、デューク・エリントンやチャーリー・パーカーの曲、スタンダードなどを収録。またベートーヴェン生誕250年としてピアノ・ソナタ第8番「第3楽章」、交響曲第5番も収録。

1. マイ・フェイヴァリット・シングス
2. フォーリン・グレース
3. ピアノ・ソナタ 第8番 第3楽章(ベートーヴェン)
4.ドナ・リー
5. オールド・フォークス
6. ローザ
7. テイク・ラヴ・イージー
8. 交響曲 第5番(ベートーヴェン)
9. ヤードバード組曲
10. サムデイ・サムウェア

通常盤CDはこちら

山中千尋/ローザ【SHM-CD】
Tower Records
Amazon

【タワレコ限定SACD】ECMが再入荷!『ザ・ケルン・コンサート』『リターン・トゥ・フォーエヴァー』など8タイトル

ザ・ケルン・コンサート<タワーレコード限定/完全限定盤>/Keith Jarrett【SACDハイブリッド】

タワレコ限定SACDハイブリッドで、完売となっていたECMのキース・ジャレット『ザ・ケルン・コンサート』、チック・コリア『リターン・トゥ・フォーエヴァー』など8タイトルが再入荷されました。

即完売だったキース・ジャレットの『サンベア・コンサート』のSACDハイブリッドがリストに入っていないのは残念ですが、今回再入荷のアルバムは説明する必要もないくらいの名盤ばかり。この機会をお見逃しなく。

〈タワレコ限定〈ECM〉SACDハイブリッド〉シリーズは、ECMのオリジナル・アナログ・マスターテープから、ECM自らがマスタリングしてのSACDハイブリッド化。

再入荷8タイトル

ECM SA-CD HYBRIDその他のタイトル

以上

【SACDレビュー】アル・シュミットがミックスした香港Master Musicの良質アルバム、シーネ・エイ『We've Just Begun』

SACDラボにレビューを公開。香港のMaster Musicの新しいSACDハイブリッドで、シーネ・エイ(Sinne Eeg)の『We've Just Begun』。

SACDラボ・レビュー:シーネ・エイ『We've Just Begun』
オランダのシンガー、シーネ・エイの良質アルバム。名エンジニア、アル・シュミットがミックスしたビッグバンド・サウンド