ハービー・ハンコック『Sextant』タワレコで予約開始、他のVocalionの4タイトルも

ハービー・ハンコック『Sextant』をはじめとするVocalionのSACDハイブリッド、5タイトルがタワーレコードでも予約開始となりました。これで日本のAmazon以外は出そろったことにして、決定記事としたいと思います。タワーレコードでは7月11日発売となっています。

ハービー・ハンコック/Sextant(Stereo/Multi-channel)

ハービー・ハンコック/Sextant
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

ザ・ゲス・フー/Rockin' & The Best of The Guess Who - Volume 2(Stereo/Multi-channel)

ゲス・フー/Rockin' & The Best of...
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

ドナルド・バード/Black Byrd(Stereo/Multi-channel)

ドナルド・バード/Black Byrd
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

M.F.S.B./Philadelphia Freedom & Summertime(『Philadel…』はMulti-channel収録。『Summer……』はStereoのみ)

M.F.S.B./Philadelphia Freedom & Summertime
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

デイヴ・ヴァレンティン/In Love's Time & bonus tracks(Stereoのみ)

Dave Valentin/In Love's Time & bonus tracks
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

ハービー・ハンコック『Sextant』のSACDハイブリッドがHMV&BOOKSで予約開始、他のタイトルでも

Herbie Hancock/Sextant【SACDハイブリッド】
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

先日お伝えしたハービー・ハンコックのSACDハイブリッド『Sextant』が、国内のHMV&BOOKSでも予約開始となりました。HMV&BOOKでは、そのほかのVocalionの新作4タイトルも取り扱いが始まっております。

一方、タワーレコードではザ・ゲス・フーの『Rockin' & The Best of The Guess Who - Volume 2』、M.F.S.B.の『Philadelphia Freedom & Summertime』が予約開始となっています。

どちらのショップも6月24日現在ジャケット写真はアップされておりません。フォーマットの表記がSACDハイブリッドではなく「SACD」となっているところも気になりますが。

ここでVocalionの新しいSACDハイブリッドの、6月24日時点での取り扱いショップをまとめておきます。

ハービー・ハンコック/Sextant(Stereo/Multi-channel)

Herbie Hancock/Sextant【SACDハイブリッド】
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

ザ・ゲス・フー/Rockin' & The Best of The Guess Who - Volume 2(Stereo/Multi-channel)

The Guess Who/Rockin' & The Best of The Guess Who - Volume 2【SACDハイブリッド】
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

ドナルド・バード/Black Byrd(Stereo/Multi-channel)

Donald Byrd/Black Byrd【SACDハイブリッド】
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

M.F.S.B./Philadelphia Freedom & Summertime(『Philadel…』はMulti-channel収録。『Summer……』はStereoのみ)

M.F.S.B./Philadelphia Freedom & Summertime【SACDハイブリッド】
Tower Records
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

デイヴ・ヴァレンティン/In Love's Time & bonus tracks(Stereoのみ)

Dave Valentin/In Love's Time & bonus tracks【SACDハイブリッド】
HMV&BOOKS icon
Amazon US
Amazon UK

Vocalionからドナルド・バードの73年ヒットアルバム『Black Byrd』がSACDハイブリッド化、QUADRAPHONICも収録

Donald Byrd - Black Byrd【SACDハイブリッド】
Amazon US
Amazon UK

VocalionからSACDハイブリッドが発売になりました。ジャズ・トランペット奏者、ドナルド・バードの『ブラック・バード(Black Byrd)』がSACDハイブリッド化。QUADRAPHONICも収録しています。現在のところアメリカとイギリスのAmazonで取り扱っています。

かつてハード・バップの名トランペッターだったドナルド・バードはブルーノートに数多くのアルバムを残しましたが、本作『ブラック・バード』は1973年の作品で、ドナルド・バードがブラック・ファンク界の寵児となったヒット・アルバム。ブルーノート最大のヒット作となりました。

SACDハイブリッドはオリジナルどおり7曲入りで、QUADRAPHONICも収録。Vocalionのページ

1: FLIGHT TIME (L. Mizell)
2: BLACK BYRD (L. Mizell)
3: LOVE’S SO FAR AWAY (L. Mizell)
4: MR. THOMAS (L. Mizell; W. Jordan)
5: SKY HIGH (L. Mizell)
6: SLOP JAR BLUES (L. Mizell)
7: WHERE ARE WE GOING? (L. Mizell; L. Gordon)

Donald Byrd - Black Byrd【SACDハイブリッド】
Amazon US
Amazon UK

VocalionからQuad収録、ハービー・ハンコック『Sextant』とゲス・フー『The Guess Who - Rockin' & The Best of The Guess Who - Volume 2』

この情報は読者の吉田さんからいただきました。ありがとうございました。

読者の吉田さんから教えていただきましたが、VocalionからSACDハイブリッドが2タイトル発売されています。ハービー・ハンコックの『セクスタント(Sextant)』と、ザ・ゲス・フーの『The Guess Who - Rockin' & The Best of The Guess Who - Volume 2』。

いずれも当時のQUADRAPHONIC(4チャンネル)を収録で、リマスターはオリジナル・アナログ・テープからマイケル・J・ダットンによるもの。

既にアメリカとイギリスのAmazonでは発売となっています。日本のショップではまだ見あたりません。

ハービー・ハンコック/Sextant

Herbie Hancock - Sextant [SACD Hybrid Multi-channel]
Amazon US
Amazon UK

『セクスタント(Sextant)』はハービー・ハンコックの73年録音。大ヒットした『ヘッド・ハンターズ』の前の作品です。メンバーはベニー・モウピン、ジュリアン・プリスターなど。

これはマイルスの『オン・ザ・コーナー』などと同じく、当時はジャケットがあまりに個性的に感じて、高校生だった管理人は手を出すことができなかった思い出のアルバムです(笑)。さすがに今はジャケットも大丈夫ですので、当時の4チャンネルとともに聴いてみたいSACDハイブリッドであります。Vocalionのページはこちら

ザ・ゲス・フー/The Guess Who - Rockin' & The Best of The Guess Who - Volume 2

The Guess Who - Rockin' & The Best of The Guess Who - Volume 2 [SACD Hybrid Multi-channel]
Amazon US
Amazon UK

カナダのロック・バンド、ザ・ゲス・フーの『Rockin'』(1972年)と、『The Best of The Guess Who - Volume 2』(1973年)の2タイトルを1枚のSACDハイブリッドに収録。いずれもQUADRAPHONICを収録しています。Vocalionのページはこちら

Vocalionは、これまでもザ・ゲス・フーの『Road Food & #10』をSACDハイブリッドでリリースしてきました。

またAudio Fidelityも1971年のベスト盤『The Best Of The Guess Who』をSACDハイブリッドでリリースしました。こちらもQUADRAPHONIC収録でしたが現在は廃盤です。

ビル・エヴァンス・トリオのライヴ音源2タイトルが“MQA-CD”で発売

ビル・エヴァンス・トリオのMQA-CDが、SOMETHIN' COOLレーベルから発売になります。

発売になるのは1966年の音源の『LIVE'66~北欧の枯葉~』と、1980年の音源の『LIVE'80~最後のヨーロッパ~』の2タイトル。発売は8月7日で、今のところAmazonで予約受付中。

これは2016年に初オフィシャルCD化された音源が、今年2019年6月にアナログ・レコードで発売になるのに続き、最新リマスタリングを施したMQA-CDで発売になるというもの。

なお『LIVE'80~最後のヨーロッパ~』のMQA-CDは「商品説明」のところにMONOと明記されております。

LIVE'66~北欧の枯葉~ <数量限定紙ジャケット&MQA-CD仕様>

LIVE'66~北欧の枯葉~ 【数量限定紙ジャケット&MQA-CD仕様】
Amazon

LIVE'80~最後のヨーロッパ~ <数量限定紙ジャケット&MQA-CD仕様>

LIVE'80~最後のヨーロッパ~ (2枚組) 【数量限定紙ジャケット&MQA-CD仕様】
Amazon

1980年8月9日 ノルウェイ、モルデでのライヴ録音(MONO)。メンバーは、ビル・エヴァンス(p) 、マーク・ジョンソン(b)、 ジョー・ラバーベラ(ds)

アナログ・レコードはこちら。6月19日発売

LIVE'66〜北欧の枯葉〜【アナログ・レコード】
Tower Records
Amazon

1966年10月28日 ノルウェイ、オスロでのライヴ録音。メンバーはビル・エヴァンス(p)、エディ・ゴメス(b)。アレックス・リール(ds)。

LIVE'80〜最後のヨーロッパ〜(2枚組)【アナログ・レコード】
Tower Records
Amazon

1980年8月9日 ノルウェイ、モルデでのライヴ録音(※MQA-CDではMONOの表記あり)。メンバーは、ビル・エヴァンス(p)、マーク・ジョンソン(b)、ジョー・ラバーベラ(ds)。

以上

【タワレコ限定SACD】ビル・エヴァンスの発掘音源2タイトルが初SACDハイブリッド化

タワーレコード限定で、ジャズのSACDハイブリッドが久々に発売されます。発売されるのは、ビル・エヴァンスの発掘音源の2タイトル。

これはタワーレコード40周年記念企画としてスタートした〈RESONANCE RECORDS SA-CD HYBRID SELECTION〉シリーズ。ジャズの発掘音源で注目を浴びるレゾナンス・レコード(Resonance Records)のビル・エヴァンスの音源をオリジナル・マスターから新規でマスタリング。今回初SACDハイブリッド化となります。CD層も今回新規マスタリング。

マスタリング監修含むシリーズ総監修は、オーディオ評論家の和田博巳氏。CDはドイツプレス盤。ジュエルケース仕様。オリジナル英文解説を完全翻訳した32頁の日本語解説付。今後も期待のシリーズですね。

『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』の5日後、同メンバーによるスタジオ録音(2枚組)

Some Other Time: The Lost Session from The Black Forest<タワーレコード限定/完全生産限定盤> 【 2SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

有名な1968年6月15日のライヴ盤『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』の5日後、6月20日に、エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットと、ドイツのMPSスタジオで収録されたもの。2枚組。

同じく同メンバーによる、6月22日のオランダ国営ラジオ局でのライヴ

Another Time: The Hilversum Concert<タワーレコード限定/完全生産限定盤> 【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

さらに『モントルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス』の1週間後の6月22日に、オランダ国営ラジオ局の番組のために演奏したライヴ。先の『Some Other Time』に続く、ビル・エヴァンス、エディ・ゴメス、ジャック・ディジョネットによるトリオの音源として発売になったもののSACDハイブリッド化。

ジャズ・ギタリスト吉田二郎のSACDハイブリッド『Red Line』が5月29日に発売

吉田次郎 / Red Line 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

ニューヨーク在住のジャズ・ギタリスト、吉田二郎のSACDハイブリッド『Red Line』が5月29日に発売になります。リリースはソニーミュージック・ジャパンから。

メンバーは、ヴォーカルのマーロン・サンダース、ベースのカール・カーター、ピアノにヴァーナ・ギリッグ、そして日本の女性ドラマーで、現役大学生にして国内外に活躍している川口千里。

収録曲は以下のとおり。「アフロ・ブルー」などがありますが、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」や「イマジン」「恋のハプニング」などポップな曲も見かけますね。

1. アフロ・ブルー
2. フットプリンツ
3. 男と女
4. チェンジ・ザ・ワールド
5. スモーク・オン・ザ・ウォーター
6. レッド・ライン
7. イマジン
8. 恋のハプニング
9. グッドバイ・ポークパイ・ハット
10. ウィンター・レイン

吉田次郎 / Red Line 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

[CD]チック・コリア・アコースティック・バンドの20年振り再始動ライヴ『LIVE』が発売

 

Chick Corea Akoustic Band / LIVE 【CD】
Tower Records
Amazon

これはCDですが、チック・コリアの新作『LIVE』が5月22日に発売になります。今のところアナログレコードはなくCDのみの発売。

本作はチック・コリア・アコースティック・バンド名義の新作。

このトリオは1987年に結成したアコースティック・ピアノ・トリオで、メンバーはチック・コリアにジョン・パティトゥッチ(b)に、デイヴ・ウェックル(ds)。1989年の第1作『スタンダーズ&モア』はグラミー賞2部門を受賞しました。

今回この3人でのアルバムは1991年の『ラウンド・ミッドナイト』以来20年ぶり、3枚目となります。

本作は3人が20年ぶりに再会した2018年1月のコンサートを収録したライヴ。CD2枚組であります。収録曲は以下のとおり。

CD 1
1. モーニング・スプライト
2. ザ・ジャパニーズ・ワルツ
3. ザット・オールド・フィーリング
4. イン・ア・センチメンタル・ムード
5. ルンバ・フラメンコ
6. サマー・ナイト
7. ハンプティ・ダンプティ (セット1)

CD 2
1. オン・グリーン・ドルフィン・ストリート
2. エターナル・チャイルド
3. あなたと夜と音楽と
4. モンクス・ムード
5. ハンプティ・ダンプティ (セット2) 6. ユーアー・エヴリシング feat. ゲイル・モラン・コリア

Chick Corea Akoustic Band / LIVE 【CD】
Tower Records
Amazon

スタン・ゲッツの1961年未発表ライヴ『Getz At The Gate:』180g重量盤LP3枚組で発売

Getz At The Gate: The Stan Getz Quartet Live at the Village Gate, Nov. 26th 1961 【LPレコード】
Tower Records

スタン・ゲッツの、1961年の完全未発表ライヴ音源が発売。アナログ・レコードも3枚組の180グラム重量盤LPで発売になります。これはレゾナンス・レコードとヴァーヴ(Verve)レーベルとの共同プロジェクト。

本作はスタン・ゲッツが、1961年11月にニューヨークのジャズ・クラブ“ヴィレッジ・ゲイト”にレギュラー・カルテットを率いて出演した際の音源。全部で15曲を収録しています。

メンバーは、スタン・ゲッツ、スティーヴ・キューン(p)、ジョン・ネヴェス(b)、ロイ・ヘインズ(ds)。このカルテットでの録音が世に出るのは今回が初めてとのことです。

スタン・ゲッツはこの後、『ゲッツ/ジルベルト』でボサ・ノヴァに接近するのですが、ここではまだ、生来のスウィンガーとして縦横無尽なソロを繰り広げている、とのこと。CDも同時発売。

CDでも発売

【CD】
Tower Records 輸入CD
Tower Records 国内UHQCD
Amazon

ジョージ・ベンソンのチャック・ベリーとファッツ・ドミノへのトリビュート作 アナログLPで発売

ジョージ・ベンソン / Walking To New Orleans (Colored Vinyl)【LPレコード】
Tower Records (LPレコード)(Colored Vinyl)
Tower Records (LPレコード)
Amazon 180 Gram Vinyl) [Analog]
Amazon (Yellow Vinyl)

ジャズ/フュージョンのギタリスト、ジョージ・ベンソンの新作『Walking To New Orleans』がアナログレコードでも発売になります。

今回はジョージ・ベンソンにとってもレジェンドになる、チャック・ベリーとファッツ・ドミノへのトリビュート・アルバム。

YouTubeに1曲目のチャック・ベリーの「Nadine」がアップされていますが、さすがのジョージ・ベンソンもここではバリバリのロックンロールになっています。

でもギターソロでスキャットをかぶせるところは、あいわらずベンソンらしいところ。ジャズもロックも楽しめる面白そうなアルバムですね。

CDも発売

CD 輸入
Tower Records
Amazon