【タワレコ限定SACDハイブリッド】レヴァインの「ラ・ボエーム」、コレッリの歌う「イル・トロヴァトーレ」

タワレコ限定SACDハイブリッドの発売です。今回は〈Definition Series〉第23弾として旧EMI音源のオペラが初SACD化。

リリースされるのは、ジェームス・レヴァイン指揮の『プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」』と、トーマス・シッパーズ指揮の『ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」』。7月26日発売です。

どちらも2019年最新マスタリングで、SACD層とCD層、それぞれ別にマスタリングをしています。マスタリング・エンジニアは杉本一家氏。各800セット限定、シリアル・ナンバー、歌詞対訳付特別仕様。

レヴァインによる1979年録音「ラ・ボエーム」、アルフレード・クラウスの歌うルドルフォ

プッチーニ: 歌劇「ラ・ボエーム」全曲/ジェイムズ・レヴァイン、ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団【2SACDハイブリッド】
Tower Records

アルフレード・クラウス(テノール)が歌うルドルフォ、レナータ・スコット(ソプラノ)が歌うミミ。ジェームス・レヴァイン指揮、ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団による1979年録音。初SACD化。オリジナル・ジャケット・デザイン使用。歌詞対訳付。

コレッリの歌うマンリーコ、迫力の「トロヴァトーレ」1964年録音

ヴェルディ: 歌劇「イル・トロヴァトーレ」全曲【2SACDハイブリッド】
Tower Records

マンリーコ役で有名なフランコ・コレッリ(テノール)。他にジュリエッタ・シミオナート(メゾ・ソプラノ)、ガブリエッラ・トゥッチ(ソプラノ)らの豪華歌手陣。トーマス・シッパーズ指揮ローマ歌劇場管弦楽団、合唱団。1964年録音。初SACD化。オリジナル・ジャケット・デザイン使用。歌詞対訳付。

ティルソン・トーマス&SFSOのマーラー:交響曲全集(SACDハイブリッド17枚組)が最終プレス、数量限定特価

マーラー・プロジェクト/マイケル・ティルソン・トーマス、サンフランシスコ交響楽団【17SACDハイブリッド】
Tower Records

マイケル・ティルソン・トーマスとサンフランシスコ交響楽団による『マーラー/交響曲全集』SACDハイブリッド17枚組が長らく品切れとなっていましたが、今回、最終プレスがされ、タワーレコードで予約開始となっています。ボックスはコーティング仕様。

交響曲の10曲は2001年から2008年にかけて録音されました(ただし「嘆きの歌」は1996年録音)。この頃はSACDが活発にリリースされ始めた時期で、マーラーを新録音で聴けるため人気のシリーズでした。演奏も素晴らしく、グラミー賞に選出されたSACDハイブリッドもいくつかあります。

今回のSACDハイブリッドのボックスは価格も手頃で、1枚あたり千円を切るため割安感があります。まだお持ちでない方は、よかったらチェックしてみてください。

マーラー・プロジェクト/マイケル・ティルソン・トーマス、サンフランシスコ交響楽団 【17SACDハイブリッド】
Tower Records

PENTATONEのヴァウヴェのデビュー盤『ベル・エポック』がタワレコで予約開始

ベル・エポック/アンネリエン・ファン・ヴァウヴェ 【SACDハイブリッド】
Tower Records

女性クラリネット奏者アンネリエン・ファン・ヴァウヴェのPENTATONEへのデビュー盤『ベル・エポック』が、タワーレコードで予約開始となりました。発売は9月上旬。

アンネリエン・ファン・ヴァウヴェはベルギーのクラリネット奏者。PENTATONEとは長期契約をしたのだそうです。

収録されるのは、オーケストラ伴奏によるドビュッシーの「第1狂詩曲」(下にトレーラー動画あり)、ベリオ編曲によるブラームスの「クラリネット・ソナタ第1番」、パリを拠点に活躍するマンフレート・トロヤーン(1949生まれ)の「ラプソディ」(世界初録音)など5曲を収録。

共演はアレクサンドル・ブロック指揮、リール国立管弦楽団。録音は2018年12月、フランス、リールのヌーヴォー・シエクルにて。マルチチャンネルも収録です。

・ドビュッシー:第1狂詩曲(1910/1912)
・マンフレート・トロヤーン(1949-):ラプソディ〜クラリネットとオーケストラのための(2002)【世界初録音】
・ガブリエル・ピエルネ(1863-1937):カンツォネッタ【イェーレ・タジンズ編曲】
・ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番【ルチアーノ・ベリオ編曲】
・シャルル=マリー・ヴィドール(1844-1937):序奏とロンド【タジンズ編曲】

ベル・エポック/アンネリエン・ファン・ヴァウヴェ 【SACDハイブリッド】
Tower Records

ジネット・ヌヴー『ワーナー録音全集』がハイレゾで配信(flac 96kHz/24bit、MQA 96kHz/24bit)

Ginette Neveu: The Complete Recordings【ハイレゾ配信】
e-onkyo music

天才ヴァイオリニストと言われつつも、1949年、航空機事故により30歳の若さで亡くなったジネット・ヌヴー。『ワーナー録音全集』が、先日CD4枚組で発売になりましたが、ハイレゾも同時に配信されております。

配信されているのは、「flac 96kHz/24bit」と「MQA Studio 96kHz/24bit」の2種類。

2019年の最新リマスターだけに、ハイレゾで聴ける環境の方は、よりリマスター音源に近い音質で聴けるのではないかと思います。

いずれにしましても、ジネット・ヌヴーの熱いヴァイオリンには、モノラルながら圧倒されるものがあります。シベリウスやブラームスのヴァイオリン協奏曲、その他の小品を収録。

Ginette Neveu: The Complete Recordings【ハイレゾ配信】
e-onkyo music

PENTATONEから女性クラリネット奏者アンネリエン・ファン・ヴァウヴェがデビュー

追記6月25日 タワーレコードで予約開始となりました。

PENTATONEから、クラリネット奏者アンネリエン・ファン・ヴァウヴェ(Annelien Van Wauwe)がデビューします。

今回リリースされるのは『Belle époque』というアルバムで、ドビュッシーの「第1狂詩曲」、ブラームスの「クラリネット・ソナタ第1番」の他に、マンフレート・トロヤーン、シャルル=マリー・ヴィドールらの作品を収録。共演はAlexandre Bloch(指揮)、The Orchestre National de Lilleで、8月に発売予定。

今のところショップにはアップされておりませんが、PENTATONEのショップでは掲載されております。収録曲は以下のとおり。公式ビデオクリップも公開されています。

・Claude Debussy:Première Rhapsodie
・Manfred Trojahn: Rhapsodie pour clarinette et orchestre
・Gabriel Pierné:Canzonetta
・Johannes Brahms (arr. Luciano Berio): Clarinet Sonata No. 1, Op. 120 in F Minor
・Charles-Marie Widor (arr. Jelle Tassyns):Introduction et Rondo, Op. 72

前橋汀子2度目の録音、“バッハの無伴奏”全曲がSACDハイブリッドで発売

前橋汀子 / J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲)【SACDハイブリッド】
Tower Records

前橋汀子のバッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」(全曲)がSACDハイブリッド(2枚組)で8月に発売です。

これが前橋汀子にとって2度目の“バッハの無伴奏”録音。1度目は1989年にリリースされレコード・アカデミー賞(特別部門)を受賞しました。

ジャケット写真はまだアップされていませんが、長年前橋汀子を撮り続けている篠山紀信によるものとアナウンスされています。

録音は2016年〜2017年、岐阜のサマランカホール。

イザベル・ファウストのバッハの「無伴奏」全曲、アナログレコード6枚組が限定再プレス

イザベル・ファウスト/J.S. バッハ: 無伴奏ソナタ&パルティータ全曲<完全限定生産盤>【LPレコード】
Tower Records

人気のイザベル・ファウストのバッハの「無伴奏」全曲のアナログレコード6枚組が、限定再プレスされます。

本作はTELDEXSTUDIOより提供された24bit/96kHz収録のオリジナル・デジタル・マスターからアナログマスターテープを製作。それをLP6枚にカッティングしました。

バッハの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ」は、普通アナログレコードではLP3枚です。第1番から第3番まであるヴァイオリン・ソナタとヴァイオリン・パルティータをA面とB面に入れれば全6曲が3枚に入ります。

しかし本作はヴァイオリン・ソナタだけでLP1枚、ヴァイオリン・パルティータだけでLP1枚という余裕のカッティング。全6曲を6枚のLPにカッティングとなっています。

こうなるとヴァイオリン・ソナタおよびヴァイオリン・パルティータの1曲が、A面とB面にまたがるので、途中でLPをひっくり返す必要がありますが、それもオーディオファイルには喜びでしょう。輸入盤:国内流通仕様で日本語帯・解説付。

[LP1]無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調BWV1001
【A面】Adagio・Fuga.Allegro
【B面】Siciliana・Presto
[LP2]無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番ロ短調BWV1002
【A面】Allemanda・Double・Corrente・Double
【B面】Sarabande・Double・TempodiBorea・Double
[LP3]無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調BWV1003
【A面】Grave・Fuga
【B面】Andante・Allegro
[LP4]無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番BWV1004ニ短調
【A面】Allemanda・Corrente・Sarabanda・Giga
【B面】Ciaccona
[LP5]無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番BWV1005ハ長調
【A面】Adagio・Fuga
【B面】Largo・Allegroassai
[LP6]無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番BWV1006ホ長調
【A面】Preludio・Loure・GavotteenRondeau
【B面】MenuetI&II・Bouree・Gigue

イザベル・ファウスト/J.S. バッハ: 無伴奏ソナタ&パルティータ全曲<完全限定生産盤>【LPレコード】
Tower Records

イザベル・ファウスト “バッハの無伴奏”SACDシングルレイヤーが期間限定再プレス

イザベル・ファウスト/J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ BWV.1001-BWV.1006 (全曲)<アンコール・プレス完全限定生産>【SACDシングルレイヤー】
Tower Records

イザベル・ファウストの「バッハの無伴奏」SACDシングルレイヤー盤が、期間限定再プレスです。7月20日頃入荷予定。

完売のたびに問い合わせがある人気盤が再プレス。日本国内独自企画のこのSACD。レーベルとの契約に基づく完全限定生産品ですので、これまで手に入れられなかった方はこの機会にぜひどうぞ。

イザベル・ファウスト/J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ BWV.1001-BWV.1006 (全曲)<アンコール・プレス完全限定生産>【SACDシングルレイヤー】
Tower Records

生誕100年/没後70年 ジネット・ヌヴーの旧EMIの正規音源が最新リマスタリング CD4枚組で発売

ジネット・ヌヴー / ワーナー録音全集 【4CD】
Tower Records

これはCDですが、天才的ヴァイオリニストだったジネット・ヌヴーの、貴重な正規音源が新たにリマスタリングされCD4枚組で発売です。

ジネット・ヌヴー(1919-1949)は、1949年、アメリカに向かう時の飛行機事故により30歳の若さでなくなってしまいました。

ライヴ録音を除き、正規の商業録音はCDにしてわずか4枚分ですが、今年の生誕100年、没後70年を記念して、ワーナー(旧EMI)アーカイブに残されている最も状態の良い貴重なマスターより、パリ、Art&Son Studio Annecyにてリマスター。モノラル録音ですが彼女の才能に触れることができるCDだと思います。

収録曲、録音年はタワーレコードの方をご覧ください。

3曲を収録した180gアナログレコードも同時発売

ショーソン、ドビュッシー、ラヴェルの曲をピックアップした、180g重量盤アナログLPも同時発売です。

ジネット・ヌヴー / ショーソン、ドビュッシー、ラヴェル<初回限定生産盤> 【LPレコード】
Tower Records

曲目
SideA
・ショーソン:詩曲 Op.25(1946年録音)
SideB
・ドビュッシー:ヴァイオリン・ソナタ ト短調(1948年録音)
・ラヴェル:ツィガーヌ(1946年録音)

RCO Liveからオネゲル: 劇的オラトリオ《火刑台上のジャンヌ・ダルク》SACDハイブリッド(2ch&マルチ)

オネゲル: 劇的オラトリオ《火刑台上のジャンヌ・ダルク》 【SACDハイブリッド】
Tower Records

RCO LiveからSACDハイブリッドが発売です。『オネゲル: 劇的オラトリオ《火刑台上のジャンヌ・ダルク》』。7月中旬に発売予定。

今回ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団を指揮するのは、フランスの指揮者ステファヌ・ドゥネーヴ。主役のジャンヌ・ダルクには、フランスの女優、ジュディット・シュムラが起用されています。

《火刑台上のジャンヌ・ダルク》は、ポール・クローデルの台本によるジャンヌ・ダルクの最後の2日間を描いたオラトリオ。オネゲルは1930年代なかばに作曲しました。

録音は2018年9月、アムステルダムのコンセルトヘボウにて。SACDハイブリッド1枚に79分16秒を収録。マルチチャンネルも収録です。

1.プロローグ(7’36)
2.I 天の声(2’10)
3.II 一冊の書(3’39)
4.III 地の声(4’11)
5.IV 野獣に引き渡されたジャンヌ(9’21)
6.V 火刑柱に付けられたジャンヌ(3’29)
7.VI 王たち、またはトランプ遊びの考案(5’13)
8.VII カトリーヌとマルグリート(3’16)
9.VIII ランスに向かう王(11’26)
10.IX ジャンヌの剣(15’49)
11.X トリマゾ(0’51)
12.XI 炎の中のジャンヌ・ダルク(12’09)

オネゲル: 劇的オラトリオ《火刑台上のジャンヌ・ダルク》 【SACDハイブリッド】
Tower Records