CDですが、ポリーニ20年ぶりのドビュッシー『前奏曲集第2巻、白と黒で』が発売

Tower Records ▶ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で/ポリーニ【SHM-CD】
Amazon ▶ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で/ポリーニ

これはCDですがポリーニの新録音、それも20年振りのドビュッシー録音で『前奏曲第2巻、白と黒で』が発売になります。現在のところ国内盤CDのみ予約開始となっております。

メインは「前奏曲集第2巻」ですが、「白と黒で―2台のピアノのための」では息子ダニエレ・ポリーニとデュオというのも話題です。

今のところCDのみですが、今のご時世ならアナログ・レコードも考えられますし、これまでのポリーニの新譜の例をみますとハイレゾ配信でもリリースされる可能性はなきにしもあらずだと思います。いずれにしましても聴いてみたいアルバムです。

Tower Records ▶ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で/ポリーニ【SHM-CD】
Amazon ▶ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で/ポリーニ

フルトヴェングラーとクナッパーツブッシュの『指環』全曲SACDが〈限定再プレス〉で発売

フルトヴェングラーが1950年にスカラ座で演奏したライヴ『ニーベルングの指環』全曲と、クナッパーツブッシュが57年に演奏したライヴ『ニーベルングの指環』全曲。どちらもSACDが今年始めに出て非常に驚いたのですが、「限定再プレス」として12月に発売になります。

どちらも輸入盤です。そして13枚組で結構なお値段ですが、現在タワレコでは18%オフで予約開始となっております。Amazonではまだアップされておりません。 それにしても「再プレス」ということは人気があったんでしょうね。もちろんフルヴェン盤もクナ盤もどちらも名演奏として有名なものでした。

【限定再プレス】フルトヴェングラー〜スカラ座1950年“指環”(SACD化ハイブリッド)

Tower Records ▶ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ワーグナー: 楽劇4部作「ニーベルングの指環」全曲 (スカラ座1950)<完全限定プレス>

【限定再プレス】クナッパーツブッシュ1957年“指環”(SACDハイブリッド)

Tower Records ▶ハンス・クナッパーツブッシュ/ワーグナー: 楽劇4部作「ニーベルングの指環」全曲 (バイロイト1957)<完全限定プレス>

参考までにDSD配信の感想

両方ともDSD配信では聴いたことがありますので参考までに感想を書いておきます。音質は57録音のクナ盤のほうが当たり前ですがいいです。モノラルながら間口が広く伸びやか。

一方、フルトヴェングラー盤は50年録音なの、でクナ盤に比べれば、こじんまりしたモノラルでありますが、精一杯コクをたたえている点で、ファンならSACDは有利かと。フラグスタートが歌いスタジオ盤より熱気があると評判の音源です。

サヴァールの新録音『ヴェネツィア千年記』ヴェネツィアにまつわる曲を収録したSACD2枚組

Tower Records ▶Venezia Millenaria 700-1797/ジョルディ・サヴァール

ジョルディ・サヴァールの最新のSACDが12月に発売になります。今回は『ヴェネツィア千年記(Venezia Millenaria)700-1797』と題した2枚組。

その名のとおり、8世紀から18世紀までのヴェネツィアにまつわる音楽を演奏したアルバムのようです。8世紀からですから、知らない作曲家も多いのですが、モンテヴェルディ、ヴィヴァルディときてモーツァルトの「トルコ行進曲」が収録され、最後は「ベートーヴェンの交響曲第5番と第7番にもとづく」曲も収録。録音は2016年7月です。

タワーレコードがこれまでの〈タワレコ限定〉SACDもセール、CDを含めて931タイトル

タワーレコードが〈オンライン20周年記念〉ということで、いわゆる〈タワレコ限定・企画〉のCDやSACDのセールをしております。1点は10%オフ、3点で20%オフ。 セールは全部で931タイトル。この中には、セル、オーマンディ、ケルテスなど話題となった〈タワレコ限定SACD〉も含まれます。買いそびれた方,このセールで検討してみてはいかがでしょうか。

ここではSACDをいくつか取り上げました。CDを含めた全タイトルをチェックしたい方は〈期間限定〉タワークラシカル・オリジナル企画盤セール〈931タイトル〉のほうをご覧ください。

セール期間:2017年11月14日(火)18時〜2017年11月30日(木)正午まで

セール SACDでのおすすめ

ベートーヴェン: 交響曲全集 (2016年DSDリマスター) (SACDハイブリッド)/ジョージ・セル

ベートーヴェン: 序曲集 (2016年DSDリマスター) (SACDハイブリッド)

ユージン・オーマンディ In Memoriam【SACDハイブリッド】

ストラヴィンスキー: 春の祭典; チャイコフスキー: くるみ割り人形組曲ほか/マルケヴィッチ【SACDハイブリッド】

リムスキー・コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」ほか/キリル・コンドラシン【SACDハイブリッド】

ベートーヴェン: 序曲集/アンドレ・クリュイタンス【SACDハイブリッド】

ロシア管弦楽曲集/アンドレ・クリュイタンス【SACDハイブリッド】

ベルリオーズ: 幻想交響曲ほか/アンドレ・クリュイタンス【SACDハイブリッド】

ベートーヴェン作品集/イシュトヴァン・ケルテス【SACDハイブリッド】

ブラームス: 交響曲全集ほか/イシュトヴァン・ケルテス【SACDハイブリッド】

オイロディスク・レコーディングス 〜ハイドン&モーツァルト作品集/ケルテス【SACDハイブリッド】

マーラー: 交響曲「大地の歌」/バーンスタイン【SACDハイブリッド】

チャイコフスキー: 交響曲第6番「悲愴」ほか/ジャン・マルティノン【SACDハイブリッド】

リムスキー=コルサコフ: シェエラザード/ロストロポーヴィチ【SACDハイブリッド】

ベルリオーズ: 幻想交響曲ほか/バーンスタイン【SACDハイブリッド】

J.S.バッハ: ヴァイオリン協奏曲第2番ほか/ジョコンダ・デ・ヴィート【SACDハイブリッド】

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集/エミール・ギレリス【SACDハイブリッド】

ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番ほか/モーラ・リンパニー【SACDハイブリッド】

シベリウス, ウォルトン - ヴァイオリン協奏曲/イダ・ヘンデル【SACDハイブリッド】

ブラームス:交響曲全集/クルト・ザンデルリング【SACDハイブリッド】

ハイドンのVn協奏曲とバーンスタインの「セレナード」を収録したSACDが発売

Tower Records ▶Hydn: Violin Concerto Hob.Vlla.1; Bernstein: Serenade after Plato's "Symposium"
Amazon ▶Bernstein/Haydn: Serenade/Viol Hybrid SACD

ベルリン・フィルの第1コンマスを務めたコリヤ・コリヤ・ブラッハーのSACDが発売。ハイドンのヴァイオリン協奏曲とバーンスタインの「セレナード」を収録。オーケストラはハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団。リリースはCoviello Classicsというレーベルです。これはライヴ・レコーディングとのことです。

バーンスタインの「セレナード」と言えば、当時14歳の五嶋みどりが演奏中に2回も弦を切りながら演奏しきった映像が忘れられません。あの映像を見ていらいの「セレナード」のファンです。正式には「セレナード(プラトンの『饗宴』によるソロ・ヴァイオリン、弦楽オーケストラ、ハープと打楽器のためのセレナード)」というタイトルなんだそうです。

Tower Records ▶Hydn: Violin Concerto Hob.Vlla.1; Bernstein: Serenade after Plato's "Symposium"
Amazon ▶Bernstein/Haydn: Serenade/Viol Hybrid SACD

カラヤン&ベルリン・フィルの『メンデルスゾーン交響曲全集』2枚組SACDシングルレイヤー

写真は参考で初出LPBOXのもの

Tower Records ▶メンデルスゾーン:交響曲全集 [SACD[SHM仕様]]
Amazon ▶メンデルスゾーン:交響曲全集

カラヤンとベルリン・フィルの『メンデルスゾーン:交響曲全集』がSACDシングルレイヤーで発売です。発売は来年の1月31日。国内盤ですのでSHM仕様のシングルレイヤーとなります。

これはカラヤンが70年代初頭に録音したもので、CDでは3枚組になるところを、SACDのセットでは2枚組に収録。音源はドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログ・マスターから独Emil Berliner Studiosが2017年に制作したDSDマスターを使用。

【SACD 1】
1.交響曲 第1番
2.交響曲 第3番《スコットランド》
3.交響曲 第4番 《イタリア》

【SACD 2】
4.交響曲 第2番《賛歌》
5.交響曲 第5番《宗教改革》

録音は1971ー72年、ベルリン。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のほか、交響曲第2番ではエディット・マティスらが参加。

Tower Records ▶メンデルスゾーン:交響曲全集 [SACD[SHM仕様]]
Amazon ▶メンデルスゾーン:交響曲全集

カラヤン&ベルリン・フィルのブルックナー第4、5、6番がSHM-SACDで発売

これは参考ジャケットです(交響曲第4番のもの)

Tower Records ▶ブルックナー:交響曲第4番≪ロマンティック≫・第5番・第6番 [SACD[SHM仕様]]
Amazon ▶ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」&第5番&第6番Limited Edition, SACD

カラヤンがベルリン・フィルと録音した『ブルックナー:交響曲第4番、第5番、第6番』がSACDで発売です。SHM仕様の国内盤。発売は年を明けての1月31日予定。

これは3つの交響曲をセットにしたもので、SACD3枚組。音源はドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログ・マスターからEmil Berliner Studiosにて2017年に制作。ジャケットはまだアップされておりませんが、収録内容は以下のとおり。アナログ録音全盛期の重厚なカラヤン・サウンドという時期のものでしょう。

【SACD 1】交響曲 第4番 変ホ長調 《ロマンティック》(75年録音)
【SACD 2】交響曲 第5番 変ロ長調 (原典版)(76年録音)
【SACD 3】交響曲 第6番 イ長調 (原典版) (79年録音)

Tower Records ▶ブルックナー:交響曲第4番≪ロマンティック≫・第5番・第6番 [SACD[SHM仕様]]
Amazon ▶ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」&第5番&第6番Limited Edition, SACD

タワレコのセールで『ストラヴィンスキー自作自演コンプリート』56CD+DVDがお安く

Tower Records ▶Igor Stravinsky - The Complete Columbia Album Collection [56CD+DVD]

タワーレコードがソニー・クラシカル激安BOXセールというものを、12月7日までやっているのですが、その中で最も強烈な激安と言えばこれでしょう、『イーゴル・ストラヴィンスキー自作自演コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション(56CD+DVD)』

これが57%オフ、つまり8,794円引きで6,747円というお安さです。

クラシックファンにはご存知のとおり、これはストラヴィンスキー自身が自作を指揮したステレオ録音の全集。……だったのが、さらにはSPモノラル録音まで加えた究極のCDボックスなのです。

このセットに思い入れのある方には信じられない安さでしょう。80年代の最初のLPセットは7万円くらいしました。その後の90年代初めの初CD化も3万円くらいだったと思います。さらには数年前に廉価CDBOXが数千円で発売されましたが、今回のセール商品はSPモノラル録音やDVDまで加わってのこのセール価格です。

ということでストラヴィンスキーに興味のある方にはチャンスかと思います。ステレオ録音の音質については、ワルターとかセルのステレオ録音の音質を思い描いていただければいいかと思います。

本記事の価格は11月12日時点の価格です。セールは12月7日(木)10:00で終了です。(予定)

 

Tower Records ▶Igor Stravinsky - The Complete Columbia Album Collection [56CD+DVD]

PENTATONEよりユロフスキ指揮のプロコフィエフ:交響曲第2番&第3番のSACD

Tower Records ▶Prokofiev: Symphony No.2&3/ウラディーミル・ユロフスキ
Amazon ▶Prokofiev: Symphonies 2 & 3

PENTATONEは、ウラディーミル・ユロフスキ指揮の『プロコフィエフ:交響曲第2番&第3番』のSACDハイブリッドをリリースします。マルチチャンネルも収録。ただいま予約が始まっています。

オーケストラはロシア国立アカデミー管弦楽団"エフゲニー・スヴェトラーノフ"。2016年9月と10月、モスクワ音楽院大ホールでの録音です。ジャケットは“ロシア構成主義”のデザイン。1920年代に作曲された2曲の交響曲らしいデザインですね。

Tower Records ▶Prokofiev: Symphony No.2&3
Amazon ▶Prokofiev: Symphonies 2 & 3

PENTATONEのオペラ新録音 『オテロ』『サロメ』が予約開始

高音質録音で人気の高いPENTATONEの最新SACDハイブリッド、オペラの2タイトルが予約開始となりました。ヴェルディ『オテロ』とR.シュトラウスの『サロメ』です。どちらも豊穰、白熱のオペラだけに高音質録音、マルチチャンネル収録のSACDは興味深いです。

ヴェルディ『オテロ』全曲 SACDハイブリッド2枚組

Tower Records ▶Verdi: Otello/ローレンス・フォスター指揮
Amazon ▶Verdi: Otello SACD, Import

ローレンス・フォスター指揮アンサンブル:グルベンキアン管弦楽団。
2016年7月リスボン、カルースト・グルベキアン財団大講堂での録音。

R.シュトラウス『サロメ』全曲 SACDハイブリッド2枚組

Tower Records ▶R.Strauss: Salome/アンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮
Amazon ▶Strauss: Salome SACD, Import

アンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮アンサンブル:フランクフルト放送交響楽団。
サロメを歌うのはエミリー・マギー。2016年9月アルテ・オーパー、フランクフルト・アム・マインでのライヴ録音


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...