カートリッジをオルトフォンの「SPU#1E(楕円針)」にしました

最近カートリッジをオルトフォン(ortfon)のSPU#1E(楕円針)にしました。

これまで使っていたデノンDL-103が調子悪くなってきたからです。オルトフォンのSPUというと高価なイメージでしたが、ちょうど今年、新モデルでリーズナブルなSPU#1E(楕円針)とSPU#1S(丸針)が発売になったのです。ここは大人買い、「どうせ買うなら」とSPU#1Eにしました(^-^)。

中域低域が充実、ピアノの音も魅力のSPUサウンド

さっそくSPU#1Eで、サイモン・ラトルとベルリン・フィルのダイレクト・カッティングのブラームスのレコードを聴きました(上写真)。

いやあ、いいす。中域と低域がタップリと鳴ります。アナログ・サウンドのいいとこが全部聴ける音でした。減衰系の音も綺麗。

ただDL-103のように高域から低域までまんべんなく鳴らすということではなく、中域、低域が充実という、あのSPUサウンドです。これなら高域が硬い80年代のデジタル録音のクラシックレコードでも、とても聴きやすく再生してくれます。

あとピアノ独奏のレコードもSPU#1Eはいいですねえ。ポリーニのレコードを引っ張り出して聴きましたが、これまで正直、ピアノ独奏のレコードは、オーディオ的に退屈なところがありました。音が迫ってこないので、楽曲だけの魅力では聴き通せないところがあったのです。

それがSPU#1Eだとガッツリと充実した音。ピアノの音に存在感、実体感が出ました。がぜん曲も頭に入ってくるようになりました。やはりSPU#1Eの中域低域の充実は素晴らしいです。クラシック好きには全ジャンルOKですね。

ギラギラは、エージング次第で?

ではロックではどうか。ツェッペリンの『聖なる館』。ジミー・ペイジのリマスター盤のアナログを聴いてみました。やはりギラギラところはDL-103に一歩譲ると思います。

しかしSPUというのはこういう特色ですから。そのかわりにボンゾのドラムはコクがでますねえ。視点(耳点)を変えれば、聴き所は多いでしょう。まだ使い始めて間もないのでエージングに期待しつつ、ロックもジャズも楽しみたいと思います(^-^)。

ちなみにSPU#1Eというのは楕円針モデルで、SPU#1Sの丸針よりややお値段が高くなります。悩みましたが、楕円針は描写が丸針より優れているとネットで読んだので、がんばって楕円針のほうにしました。ちょうど楽天ポイントがあったのも選んだ要因です。下の楽天ショップで少々ポイント分安く買えました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ortofon - SPU#1E(楕円針・MCカートリッジ)【在庫有り即納】
価格:59600円(税込、送料無料) (2017/9/21時点)

ダマされたと思って「壁コンセント」を替えてみたら 牧野良幸の「オーディオ小僧のアナログ日誌」

サライ.jpの牧野良幸の「オーディオ小僧のアナログ日誌」が更新されています。

ダマされたと思って「壁コンセント」を替えてみたら…

オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴。牧野良幸・オーディオ小僧のアナログ日誌

音漏れで一番困るのはカミサンの小言!? それぞれに悩みは多そうです。

牧野良幸・オーディオ小僧のアナログ日誌 第9回】オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴。

来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【牧野良幸・オーディオ小僧のアナログ日誌】第8回

来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【牧野良幸・オーディオ小僧のアナログ日誌】第8回が更新。

ソニー・ミュージックもアナログ・レコードのプレス工場を導入しましたが、プレーヤーのブームも来て欲しいところ。

Tacetの内周から聴くレコードについてエッセイ「オーディオ小僧のアナログ日誌」

サライ.JPに連載の「オーディオ小僧のアナログ日誌」で、牧野良幸がTacetの内周から針を落とすレコード『oreloB』について書いてます。

ラヴェルのボレロには「内周から聴くレコード」が適している

カラヤンの最初で最後のニューイヤー・コンサート、アナログLP(2枚組)で復刻


Tower Records ▶New Year's Concert 1987/ヘルベルト・フォン・カラヤン 、 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団【LPレコード】

カラヤンが1987年に振った『カラヤン&ウィーン・フィル/ニューイヤー・コンサート1987』がアナログLPで発売になります。

LPでは2枚組。87年というとCDでは発売になっているでしょうが、当時アナログ盤が出ていたかは微妙なところですね。

結果的にこれがカラヤンただ一度のニューイヤーコンサートとなりました。共演はソプラノのキャスリーン・バトルで「春の声」を歌っています。懐かしい。シュトラウスのワルツ。アナログで聴くのもオツかもしれません。

ピンク・フロイドの全アルバムがソニーミュージックに移籍、まずは初期4作の重量盤LPが発売
ピンク・フロイドの全アルバムがソニー・ミュージックに移籍したようです。その移籍第1弾としてアナログLPがリリースされます。まずは初期の4タイトル。今後毎月リリースされるようなので『原子心母』や『おせっかい』以降もLPで揃いそうです。

今回のLPはオリジナル・アナログテープからのリマスター。180g重量盤。
それぞれに国内盤と輸入盤があります。国内盤は「輸入盤国内仕様」ですが、日本オリジナル帯の復刻/対訳付きとのこと。

夜明けの口笛吹き[Analog]

B01F9H2646
Amazon(国内盤) Amazon(輸入盤)
Tower Records(国内盤)  Tower Records(輸入盤)

1967年のファースト・アルバム。ブリティッシュ・サイケデリック・ムーヴメントを代表する名盤としてシド・バレットの個性が目立つ作品。全英チャートの6位にランク・イン。名曲「天の支配」や9分を越える「星空のドライブ」などフリーク・アウトした楽曲が炸裂する。

神秘[Analog]

B01F9H262I
Amazon(国内盤) Amazon(輸入盤)
Tower Records(国内盤) Tower Records(輸入盤)

1968年発表のセカンド。シド・バレットが脱退し、デヴィッド・ギルモアが参加。ウィリアム・バロウズの小説にインスパイアされてロジャー・ウォーターズが書き上げた「太陽賛歌」や12分にも及ぶ4部構成の表題曲など、名曲が生まれた。

ウマグマ[Analog]

B01F9H25SI
Amazon(国内盤) Amazon(輸入盤)
Tower Records(国内盤) Tower Records(輸入盤)

1969年発表のダブルアルバム。1枚目はライヴで1969年4月27日に行なわれたバーミンガム・マザース・クラブ公演と5月2日のマンチェスター商科大学でのステージからの演奏。2枚目はスタジオ録音でミュージック・コンクレートなどを取り入れた楽曲。

モア[Analog]

B01F9H2628
Amazon(国内盤) Amazon(輸入盤)
Tower Records(国内盤) Tower Records(輸入盤)

オリジナル盤発売は1969年。映画のサウンドトラックとして制作されたシド・バレット脱退後の初アルバム。サウンドトラックとしてだけではなく単体の作品としても成立させるほどの完成度を持ったアルバム。
ポール・サイモンの新作『Stranger To Stranger』のアナログ・レコード
B01DWKQGVG
Amazon ▶Stranger To Stranger [Analog]
Tower Records ▶【LPレコード】 Stranger to Stranger<限定盤>

前記事と重なりますが、LPレコード紹介で、ポール・サイモンの新作『Stranger To Stranger』のアナログレコード。180グラム重量盤です。

ボブ・ディランの新作といい、ポップスの新作の同時アナログ発売は、もう揺るぎないほどに確定的ですね。

このジャケットなら30センチジャケットのほうが迫力ありそうです。確認したわけではないですが、写真のように見えるペインティングは現代美術作家の手になるものではないかと予想しております(間違えたらすみません)。
ソニークラシカルの現代録音 アナログLP:その3 奇才クルレンツィスの『春の祭典』
B014D2E3S0
Amazon ▶Stravinsky: Le Sacre du Printemps/テオドール・クルレンツィス (Vinyl) [Analog]
Tower Records ▶Stravinsky: Le Sacre du Printemps/テオドール・クルレンツィス<完全生産限定盤>【LPレコード】

新録音がアナログレコードでリリースされることも、当たり前となったポップスですが、クラシックでもちらほらと、新録音がアナログ・レコードでリリースされるようになりました。

これはソニー・クラシカルからのアナログ・レコード。ギリシャの指揮者で、モーツァルトの「フィガロの結婚」(Blu-ray Audioもあります)とかをリリースして、古楽系指揮者と思っていたテオドール・クルレンツィスが、なんとストラヴィンスキー「春の祭典」を録音しました。そのアナログ・レコードです。LPは当然1枚。

演奏もムジカエテルナで、どんな風になるのでしょうか。興味深くもあります。
ジャケットは目が痛くなりそう。でもよく見ると文字があるのがわかります。

録音は2013年10月 Stollberger StraBe 7, Koln, Germany

B014D2E3S0
Amazon ▶Stravinsky: Le Sacre du Printemps/テオドール・クルレンツィス (Vinyl) [Analog]
Tower Records ▶Stravinsky: Le Sacre du Printemps/テオドール・クルレンツィス<完全生産限定盤>【LPレコード】
ソニークラシカルの現代録音 アナログLP:その2 ラン・ラン『イン・パリス』
B011MAX24W
Amazon ▶Lang Lang in Paris (Vinyl) [Analog]
Tower Records ▶Lang Lang in Paris<完全生産限定盤>【LPレコード】

新録音がアナログレコードでリリースされることも、当たり前となったポップスですが、クラシックでもちらほらと、新録音がアナログ・レコードでリリースされるようになりました。

これはソニー・クラシカルからのアナログ・レコードLP2枚組でのラン・ランのアルバム。

LPの1枚目は「スケルツォ」全4曲。2枚目はチェイコフスキーの「四季」全曲です。

【曲目】
<Disc1>
ショパン:スケルツォ(全4曲)
1. スケルツォ第1番 ロ短調 作品20
2. スケルツォ第2番 変ロ短 調作品31
3. スケルツォ第3番 嬰ハ短調 作品39
4. スケルツォ第4番 ホ長調 作品54

<Disc2>
チャイコフスキー:四季 作品37a(全曲)
1. 1月 炉端にて(イ長調)
2. 2月 謝肉祭(ニ長調)
3. 3月 ひばりの歌(ト短調)
4. 4月 松雪草(雪割草)(変ロ長調)
5. 5月 白夜(五月の夜)(ト長調)
6. 6月 舟歌(ト短調)
7. 7月 刈り入れの歌(草刈り人の歌)(変ホ長調)
8. 8月 収穫の歌(取り入れ)(ロ短調)
9. 9月 狩りの歌(狩)(ト長調)
10. 10月 秋の歌(ニ短調)
11. 11月 トロイカで(ホ長調)
12. 12月 クリスマス週(変イ長調)


【録音】 2015年5月31日〜6月4日 オペラ・バスティーユ、サル・リーバーマン、フランス

B011MAX24W
Amazon ▶Lang Lang in Paris (Vinyl) [Analog]
Tower Records ▶Lang Lang in Paris<完全生産限定盤>【LPレコード】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...