/>
<meta property=
カール・リヒターのバッハ:カンタータ第140番、第147番がSHM-SACDで発売


Amazon ▶バッハ:カンタータ第140番&第147番
Tower Records ▶J.S.バッハ: カンタータ 第140番・第147番

カール・リヒターの『J.S.バッハ: カンタータ 第140番・第147番』がSACD化されます。国内企画でSHM-SACD。5月31日発売予定。

リヒターはカンタータ全曲は録音しませんでしたが、75曲録音しました。そのうちの、定番中の定番曲のSACD化です。

エディット・マティス 、 ペーター・シュライヤー 、 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウといった、当時のアルヒーフ、グラモフォンを飾った豪華な歌手たちが歌っております。演奏はミュンヘンバッハ管弦楽団。

バーンスタインの第1回マーラー全集が重量盤LP15枚組で発売 09年DSDマスター使用


Tower Records ▶Bernstein Conducts Mahler - The Vinyl Edition【LPレコード】

レナード・バーンスタインが60年代に録音したマーラー交響曲全集がアナログLPのセットで発売になります。LP15枚組にしてはお値段はリーズナブルかと思います。

『レナード・バーンスタイン コンダクツ・マーラー(アナログ重量盤エディション)』

・2009年のDSDマスターからのアナログ化。
・仏MPOインターナショナル社のプレスによる180グラム重量盤
・米初出のオリジナルLPジャケット・デザインを再現した紙ジャケット(第1番と第4番以外はゲイトフォールド仕様)
・盤面のレーベルも当時のデザインを再現
・ジャケットとリーフレットは厚紙製のスリップケースに封入

この音源はSACDでは国内盤ソニーで出ておりますが、最近のアナログ・ブームを反映しているのでしょうね。

ただし本アナログでは70年代録音の「亡き子をしのぶ歌」「第10番〜アダージョ」は入っていないのでご注意ください。


Tower Records ▶Bernstein Conducts Mahler - The Vinyl Edition【LPレコード】

ロジャー・ウォーターズの新作『Is This the Life We Really Want?』アナログLPで発売


Tower Records ▶Is This the Life We Really Want?/Roger Waters【LPレコード】

ロジャー・ウォーターズが25年振りにニュー・アルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』をリリースしますが、アナログLPでも発売になります。CDは1枚ですが、LPでは2枚組となります。

『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』はナイジェル・ゴドリッチがプロデュース。どんな内容かわかりませんが、ロジャー・ウォーターズのことですので、現代社会への警告、風刺といったものが込められたものになるかもしれません。

なんでも「「WAIT FOR HER」の歌詞は、ロジャー・ウォーターズがパレスチナを代表する詩人マフムード・ダルウィーシュの著作(英訳版)にインスピレーションを得て書いたもの」とのことです。

気になるサラウンドや高音質盤ですが、今のところ何もありません。本作の前の作品(25年前!)『死滅遊戯』はBlu-ray AudioやSACDでリリースされたのですから、いつかこの『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』もBlu-ray AudioやSACDで出てほしいものです。それまでは高音質ファンはLPで聴く、ですかね(^-^;


Tower Records ▶Is This the Life We Really Want?/Roger Waters【LPレコード】

『ロータスの伝説』が重量盤LPで22面ジャケともに復刻、米Mobile Fidelityのカッティングで

サンタナ『ロータスの伝説』のSACDレビューを載せたばかりですが、今度はそのアナログLPによる復刻がソニーミュージックより発売になります。

発売は7月12日予定。予約は開始されておりますが、ジャケット画像はまだアップされておりません。

Tower Records ▶ロータスの伝説<完全生産限定盤>【LPレコード】
Amazon ▶ロータスの伝説(12 inch Analog)(完全生産限定盤) [Analog]

今回のアナログ盤『ロータスの伝説』については、発売されたSACDの中に宣伝の紙片が入っておりますので、それを元に説明しますと以下のとおりです。

・オリジナルマスターのDSD 11.2MHzファイルを米Mobile Fidelityでカッティング
・180グラム重量盤
・横尾忠則の22面体ジャケットの復刻
・印刷、パッケージングはすべて日本国内で行う
・未公開音源を2曲追加「セイヴァー」「コンガ・ソロ」

オリジナルから43ぶり、リイシューでも40年ぶり

今回のレコード、SQ4チャンネルレコードで復刻したら凄かったのに、というのは冗談で(笑)、重量盤は当然としてもMobile Fidelityでカッティングというところがいいですね。

もちろん横尾忠則の22面ジャケット、現実を見ていない方は、この機会にどうでしょうか。全部を広げるには、たぶん1m50兒擁のスペースが必要ですのでご確認を(笑)。

追加曲はSACDよりは少ないですけれども、LPの容量を考えるとこれが適切でしょう。2曲とも3枚目のレコードに入ると思いますが、これで聴きやすくなると思います。

「サライ.jp」で牧野良幸『オーディオ小僧のアナログ日誌』が連載開始

小学館のサイト、サライ.jpで牧野良幸の『オーディオ小僧のアナログ日誌』が連載開始。

ちょっとクスッとご覧ください。

いよいよ今度こそホントか!? 繰り返される「アナログレコードの復活」【オーディオ小僧のアナログ日誌 第1回】

バッド・カンパニーの3rdと4thデラックス・エディションがアナログLPでも発売

バッド・カンパニーのサード『ラン・ウィズ・ザ・パック』と、4th『バーニン・スカイ』のデラックスエディションがCDで発売になりますが、それぞれアナログ・レコードでも発売になります。LPは2枚組で内容はCDと同じく1枚目に2017年リマスター音源。2枚目が未発表トラック。

【LPレコード】Run With The Pack(Deluxe Edition)


Tower Records ▶Run With The Pack: Deluxe Edition【LPレコード】
Amazon ▶Run With the Pack [12 inch Analog]

バッド・カンパニーのサードアルバム。1976年作。全英4位/全米5位を記録し300万枚を売り上げた傑作。

【LPレコード】Burnin' Sky(Deluxe Edition)


Tower Records ▶Burnin' Sky: Deluxe Edition【LPレコード】
Amazon ▶Burnin' Sky [12 inch Analog]

第4弾アルバム。1977年作。ハッピ姿のポール・ロジャースが印象的なジャケット。

SACDラボ♪♪レビューにサンタナ『ロータスの伝説 完全版-HYBRID 4.0-』

SACDラボ♪♪レビューにサンタナのSACD『ロータスの伝説 完全版-HYBRID 4.0-』レビューをアップしました。SACDハイブリッドを聴いての感想となります。

牧野良幸のハイレゾ一本釣り、ポール来日に合わせて『フラワーズ・イン・ザ・ダート』

今週のポール・マッカートニー来日に合わせて「牧野良幸のハイレゾ一本釣り!」が更新。

アーカイヴコレクション『フラワーズ・イン・ザ・ダート』のハイレゾです。

第40回: ポール・マッカートニー『Flowers In The Dirt (Remastered 2017)』
〜来日直前、ハイレゾでようやく手中にできたアルバム〜

タワレコ限定ECMのSACD化第2弾はK・ジャレットのスタンダード、コリアのクリスタル・サイレンス、メセニー・グループ第1作

タワーレコード限定のECMのSACD化第2弾が早くも予約開始です。今回もメンツは同じ。

キース・ジャレット『スタンダーズ Vol.1』チック・コリア&ゲイリー・バートン『クリスタル・サイレンス』パット・メセニー・グループ『想い出のサン・ロレンツォ』の3タイトル。発売は6月7日の予定。

第1弾のSACD化が良かったので、第2弾も期待ですね。特にキース・ジャレットはスタンダード・トリオのアルバムということで、興味深いです。

キース・ジャレット『スタンダーズ Vol.1』


Tower Records ▶スタンダーズ Vol.1<タワーレコード限定/完全限定盤>/Keith Jarrett Trio

1983年発表のピアノ・トリオの演奏。ベースがゲイリー・ピーコック、ドラムスがジャック・ディジョネットのいわゆる“スタンダード・トリオ”。その第1弾のアルバムです。これをSACDで聴くのは興味深いですね。

チック・コリア&ゲイリー・バートン『クリスタル・サイレンス』


Tower Records ▶クリスタル・サイレンス<タワーレコード限定/完全限定盤>/Chick Corea 、 Gary Burton

カモメの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』を聴いてきた人は、このアルバムも視野に入るのではないでしょうか。クリスタル路線のアルバム。ここではチック・コリアはすべてアコースティック・ピアノを弾いております。

パット・メセニー・グループ『想い出のサン・ロレンツォ』


Tower Records ▶想い出のサン・ロレンツォ<タワーレコード限定/完全限定盤>/Pat Metheny Group

1978年発表のパット・メセニー・グループ名義の記念すべき第一作。第1弾のSACDもよかったので、ジャコはいませんがこれも期待です。

『ビートル・アローン』(藤本国彦著)を読みました


Amazon ▶BEATLE ALONE (ビートル・アローン)/藤本国彦
Tower Records ▶BEATLE ALONE -ビートル・アローン-/藤本国彦

『ビートル・アローン』(藤本国彦著)を読みました。ちょっと外国の本のようなブックデザインが洒落ております。

内容はビートルズのソロ作品に焦点をあてた本ですが、ビートルズ時代の「イエスタデイ」のように“実質ソロ作品”から書き起こし、ビートルズ解散後へ。それから70年代、80年代のソロ活動、そして「フリー・アズ・ア・バード」を経て、つい最近の映画『EIGHT DAYS A WEEK』まで書き及んでおります。

いちエピソードに該当するアルバムの構成。各アルバムのディスコグラフィ的解説としても面白いでしょう。

もちろんこの本を貫くのは、ビートルズのメンバー間の軋轢です。ビートルズ末期の4人、ジョンが死んでからは3人の関係も一緒に語られることになります。 巻末には4人の交流年表までついていて、かなりマニアックに読めると思います。

この本には本文にいっさい写真はありませんが、口絵に写真があります。藤本氏の関係する本はいつもそうですが、使われる写真にレアなものが多いです。

ジョンとヨーコの『未完成作品第2番』のジャケット写真と同じアングルの口絵写真があります。ベッドのヨーコと床に座るジョン。レコードジャケットではトリミングされていましたが、右側の壁にはホワイトアルバムのオマケの、ジョン以外の三人のポートレートが張ってあったのは驚きでした。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...