【EXTON】尾高忠明&大阪フィルのブラームス第1弾“交響曲第1番、ハイドンの主題による変奏曲”SACDハイブリッド

ブラームス: 交響曲第1番、ハイドンの主題による変奏曲/尾高忠明、大阪フィルハーモニー交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records

EXTONからSACDハイブリッド、尾高忠明と大阪フィルハーモニー交響楽団によるブラームス・チクルス第1弾。『ブラームス: 交響曲第1番、ハイドンの主題による変奏曲』がリリース。12月18日発売。

尾高忠明の指揮活動の中で、ブラームスの交響曲は今回が初録音。交響曲第1番とカップリングは「ハイドンの主題による変奏曲」です。

収録は2019年5月11日、大阪のザ・シンフォニーホールにてライヴ録音。

・ブラームス:交響曲第1番
・ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

ブラームス: 交響曲第1番、ハイドンの主題による変奏曲/尾高忠明、大阪フィルハーモニー交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records

【タワレコセール】カウント・ベイシー『エイプリル・イン・パリ』(SACDハイブリッド)が¥2,695 (30 % オフ)

エイプリル・イン・パリ<タワーレコード限定/完全限定盤>【SACDハイブリッド】

タワレコ限定のSACDハイブリッドの、カウント・ベイシー『エイプリル・イン・パリ』が〈アウトレットセール!〉でお安くなっています。

通常価格が¥3,850のところを、セール価格で¥2,695(税込)。通常より¥1,155 (30 %) オフというお値段。

期間は11月30日(土)23:59まで。購入はクーポンもポイントも利用可なので、持っていない方にはチャンスかもしれません。

タワーレコードがSACD化した、ビッグ・バンドの楽しさを味わえる名盤

『エイプリル・イン・パリ』はタワーレコードが2018年12月にSACDハイブリッド化。2018年新DSDマスターを使用して、NYのスタジオにて新マスタリング。盤印刷面:緑色仕様。完全限定盤です。

収録曲は何度もエンディングを繰り返すことで有名な「エイプリル・イン・パリ」や、名曲「コーナー・ポケット」など全10曲。モノラルですが濃厚なビッグバンドのサウンドを楽しめる録音、ビッグバンドの楽しさを味わえる名盤だと思います。

なお〈アウトレットセール!〉の全商品はタワーレコードの最大90%オフ!アウトレットセール!をご覧ください。

エイプリル・イン・パリ<タワーレコード限定/完全限定盤>【SACDハイブリッド】

【タワレコ限定SACDハイブリッド】『朝比奈隆 最後のブルックナー (交響曲第4,5,7-9番)』オクタヴィア原盤

朝比奈隆 最後のブルックナー (交響曲第4,5,7-9番)<タワーレコード限定>【SACDハイブリッド】

タワレコ限定SACDハイブリッドが発売です。オクタヴィア・レコード原盤、朝比奈隆の最後のブルックナー・チクルスを収録した『朝比奈隆 最後のブルックナー (交響曲第4,5,7-9番)』。SACDハイブリッド7枚組です。

本作はタワーレコードのオリジナル企画で、2000年から2001年にかけて朝比奈隆が大阪フィルハーモニー交響楽団を指揮したブルックナーの交響曲5曲を収録。

各交響曲は、オクタヴィアから単売でリリースされましたが、セットになるのは今回が初めて。さらに今回の復刻に際して、オクタヴィア・レコードの江崎友淑氏があらためてハイレゾ・マスターから最新マスタリングをしました。

ディスクは盤印刷面:緑色仕様。限定700セット。シリアルナンバー付き。通常ジュエルケース仕様(2枚組×2 + 1枚ケースを箱に収納)。初出時の宇野功芳氏による解説も全て掲載した52ページも付属。

DISC 1
1. 交響曲 第4番 「ロマンティック」 (ハース版)
DISC 2
2. 交響曲 第7番 (ハース版)
DISC 3&4
3. 交響曲 第5番(原典版)
DISC 5&6
4. 交響曲 第8番 (ハース版)
DISC7
5. 交響曲 第9番 (原典版)

朝比奈 隆 指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団
録音
DISC 1:2000年11月27日 大阪、ザ・シンフォニーホールにて収録
DISC 2:2001年5月10日 大阪、フェスティバルホールにて収録
DISC 3 / DISC 4:2001年4月21日 大阪、ザ・シンフォニーホールにて収録
DISC 5/ DISC 6:2001年7月23、25日 東京、サントリーホールにて収録
DISC 7:2001年9月24日 大阪、ザ・シンフォニーホールにて収録 上記、ライヴ録音

朝比奈隆 最後のブルックナー (交響曲第4,5,7-9番)<タワーレコード限定>【SACDハイブリッド】

広島交響楽団、ブレーン、タワーレコード共同企画、下野竜也&広島交響楽団“ブルックナー第5番”

ブルックナー: 交響曲第5番(原典版)<タワーレコード限定>【CD】
Tower Records

これはCDですが、広島交響楽団、ブレーン株式会社、タワーレコードの共同企画で『ブルックナー:交響曲第5番(原典版)』が12月8日に発売です。

演奏は広島交響楽団。指揮は広島交響楽団の音楽監督を務める下野竜也。2019年5月24日、広島文化学園HBGホールでの〈第390回定期演奏会〉よりライヴ録音。シリーズの第1弾となるCDです。

ブルックナー: 交響曲第5番(原典版)<タワーレコード限定>【CD】
Tower Records

『オフコース BEST "ever"』がSACDシングルレイヤーで発売 ステレオサウンドより

この情報は読者の吉田さんからいただきました。ありがとうございました。

オフコース BEST "ever" 【SACDシングルレイヤー】
ステレオサウンドストア

読者の吉田さんに教えていただきました。オフコース初のSACDシングレイヤーがステレオサウンド社(Stereo Sound)より発売になります。

発売になるのは『オフコース BEST "ever"』。収録曲は20曲で、ステレオサウンドがユニバーサル ミュージックの協力のもと、全曲をオリジナル・マスターテープからDSD化。12月15日発売。

製作は日本コロムビアの武沢茂氏によって行なわれました。ステレオサウンドストアにマスターテープの写真などが掲載されていますのでご覧ください。本作はステレオサウンドストアおよび全国の有名オーディオショップで購入できます。

収録曲

1. 水曜日の午後
2. でももう花はいらない
3. 眠れぬ夜
4. 雨の降る日に
5. 愛の唄
6. 秋の気配
7. 夏の終り
8. 愛を止めないで
9. 思いのままに
10. 生まれ来る子供たちのために
11. さよなら
12. Yes-No
13. 時に愛は
14. 一億の夜を超えて
15. きかせて
16. I LOVE YOU
17. 愛の中へ
18. 哀しいくらい
19. 言葉にできない
20. YES-YES-YES

オフコース BEST "ever" 【SACDシングルレイヤー】
ステレオサウンドストア

岩崎宏美の初SACDハイブリッドが11月20日に発売。ステレオサウンドとタワレコの初コラボで実現

商品画像

いよいよ11月20日に岩崎宏美のSACDハイブリッドが5タイトル発売される。今回のSACDハイブリッド化は、株式会社ステレオサウンタワーレコードが初めてタックを組んで製作した初コラボレーション企画というのも画期的だ。

発売を前に今日、ステレオサウンドのWEB「Stereo Sound ON LINE」で、関連記事がアップされました。今回のシリーズでサウンド・スーパーバイザーを務めたオリジナル・ミキサーの梅津達男氏、音楽面の監修をした音楽評論家の湯浅学氏の写真とともに載っています。

Stereo Sound ON LINE
「タワーレコードとステレオサウンドがソフト制作において初のコラボレーションを開始!
11月20日「岩崎宏美SACD/CDハイブリッド」シリーズ第1弾発売」

岩崎宏美のSACDハイブリッドは、タワーレコードとステレオサウンドストアで購入することができる。両社のコラボ企画を今後も期待したい。

あおぞら (+1)

あおぞら (+1)<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records
ステレオサウンドストア

1975年発表のファーストアルバム。デビュー曲「二重唱(デュエット)」、ヒットシングル「ロマンス」など収録。ボーナストラックも1曲。

ファンタジー

ファンタジー<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records
ステレオサウンドストア

1976年作品。大ヒット曲「センチメンタル」「ファンタジー」など収録。名DJ糸井五郎のディスクジョッキーに乗り、まるでラジオステーションの放送を聞くかのようにノン・ストップで繋ぐ一種のトータルアルバム。筒美京平のディスコ・サウンドを取り入れた作曲&編曲も素晴らしい。

パンドラの小箱 (+4)

パンドラの小箱 (+4)<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records
ステレオサウンドストア

1978年作品。岩崎宏美の代表曲の一つ「シンデレラ・ハネムーン」を収録。ボーナストラックを4曲収録。

10カラット・ダイヤモンド (+4)

10カラット・ダイヤモンド (+4)<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records
ステレオサウンドストア

1979年作品。作詞を阿木燿子、三浦徳子などが提供した、女性の本音が綴られたドラマ性の高い大人のラヴ・ソング集。全曲がアルバムオリジナル曲。ボーナストラックは4曲で「夏に抱かれて」「万華鏡」などを宏美ファンなら聴き逃せない曲を収録。

Wish (+6)

Wish (+6)<タワーレコード限定/完全生産限定盤>【SACDハイブリッド】
Tower Records
ステレオサウンドストア

1980年作品。初の海外録音による筒美京平作品集。AOR全盛期の西海岸の雰囲気も伝わるLA録音のオリジナル・アルバム。ボーナストラックにアルバム未収録のシングル「スローな愛がいいわ」とそのB面曲「白夜」、シングル曲「女優(シングル・ヴァージョン)」とそのB面曲「レンガ通りの恋人たち」、TVアニメ『宇宙戦艦ヤマトIII』第1・2話のEDテーマに起用された「銀河伝説」、劇場用アニメ『ヤマトよ永遠に』劇中歌としても起用された「愛の生命」も追加。

ベルリン・フィルの28年分のヨーロッパコンサートを全て収録したブルーレイBOX28枚組が発売

ヨーロッパコンサート1991-2018/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【ブルーレイ】
Tower Records

ベルリン・フィルの28年間分のヨーロッパコンサートを全て収録した映像ブルーレイボックス、『ヨーロッパコンサート1991-2018』(28枚組)が発売です。初ブルーレイ化4公演を含む限定ボックス。

ベルリン・フィルは1991年から、ヨーロッパ各地のホールや歴史的建造物でコンサートをする“ヨーロッパコンサート”を行ってきましたが、30周年を目前に、これまでの28年分の公演をまとめたブルーレイを発売します。ブルーレイ28枚組。12月下旬発売予定。

25周年の時はDVDボックスが発売されましたが、今回はパッケージのデザインは似ているもののブルーレイでのボックス。そのうち1993年(ロンドン/ ハイティンク指揮)、2005年(ブダペスト/ ラトル指揮)、2009年(ナポリ/ ムーティ指揮)、2012年(ウィーン/ ドゥダメル指揮)の4つのコンサートは初ブルーレイ化です。

(ブルーレイ化にあたって、画質、音質はリマスターされていますが、オリジナル素材がHDではないため、再生機種によっては映像が多少乱れることがありますので、予めご了承ください。)

アバドを始めとして錚々たる指揮者と、いろいろな演奏会場

指揮者は就任して2年後のアバドを始め、ラトル、バレンボイム、ムーティなど大物や次世代の指揮者が揃っています。

どの年のも指揮者、演奏会場が大変興味深いですが、例えば2003年リスボンの演奏会ではピエール・ブーレーズの指揮でバルトークの「管弦楽のための協奏曲」、マリア・ジョアン・ピリスが共演でモーツァルトのピアノ協奏曲と見逃せません。

全ブルーレイの収録曲、演奏家名、収録年はタワーレコードの方をご覧ください。


[ヨーロッパコンサート2018フロム・バイロイト/ EuroArtsChannel 公式チャンネルより]


[ヨーロッパコンサート2013フロム・プラハ/ EuroArtsChannel 公式チャンネルより]

ヨーロッパコンサート1991-2018/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団【ブルーレイ】
Tower Records

GONTITIのニューアルバム『Assortment』のジャケット写真、収録曲が公開、特設サイトも公開

GONTITI(ゴンチチ)のニューアルバム『Assortment』が12月25日発売を前に、ジャケット写真が公開。また収録曲も公開されました。

『Assortment』はギター・デュオGONTITIの約1年ぶりのニュー・アルバム。Blu-spec CD2で発売されます。

今回ジャケットや収録曲の公開にあわせて、「Assortment」特設サイト(http://www.110107.com/GONTITI)も公開されました。アルバムの情報が随時掲載されますので、ファンの方はチェックしてみてください。

ジャケット写真

 

GONTITI/Assortment【Blu-spec CD2】
Tower Records タワレコオリジナル特典
Amazon 特典なし
Amazon 【Amazon.co.jp限定】

 

収録曲
01.Goldberg Variations, BWV 988- Var. 18: Canone Alla Sesta
02.君と住む街で (2006年 阿波銀行 企業CMイメージソング)
03. Floating Bell (映画「くらげとあの娘」サウンドトラック)
04.思い出すこと (映画「くらげとあの娘」サウンドトラック)
05.エピローグ 〜くらげとあの娘〜 (映画「くらげとあの娘」サウンドトラック)
06.暮らし (映画「くらげとあの娘」サウンドトラック)
07.恋するくらげ (映画「くらげとあの娘」サウンドトラック)
08.水族館
09. LOVE (New Recording 2019)
10. Brisa da tarde (NHK-FM&NHKラジオ第1放送「武内陶子のごごラジ!」テーマソング)
11. at the cape

ピーター・ガブリエルのライヴ・アルバム『Plays Live』がハイレゾ配信 flacとMQA(96kHz/24bit)

ピーター・ガブリエル/Plays Live【ハイレゾ flac、MQA】
e-onkyo music

ピーター・ガブリエルのライヴ・アルバム『Plays Live』がハイレゾ配信。flac(96kHz/24bit)とMQA(96kHz/24bit)でリリース。

ピーター・ガブリエルの作品はSACDの初期にSACDハイブリッド化され、この『Plays Live』もSACDハイブリッド化されましたが、その時は12曲のハイライト盤でした。

今回のハイレゾはオリジナルどおり全16曲収録。

『Plays Live』は1983年の作品。1982年のアメリカ、カナダにおけるツアーを収録。オリジナルLPは2枚組でした。

ピーター・ガブリエル/Plays Live【ハイレゾ flac、MQA】
e-onkyo music

フリートウッド・マックの名盤5タイトルがカラー・ヴァイナルLPで復刻

Fleetwood Mac<White Vinyl>【LPレコード】
Tower Records

フリートウッド・マックの名盤5タイトルがカラー・ヴァイナルLPで復刻されます。

リリースはRhinoから。今回カラー・ヴァイナルで発売になるのは、1975年から1987年の間に発表した5作品。発売は11月29日。

Fleetwood Mac<White Vinyl>
Tower Records

Rumours<Clear Vinyl>
Tower Records

Tusk<Silver Vinyl>
Tower Records

Mirage<Violet Vinyl>
Tower Records

Tango In The Night<Green Vinyl>
Tower Records

以上

あの“バロック風ビートルズ”が16年ぶりに登場、第2弾は「アビイ・ロード・メドレー」などをバロック風に

ビートルズ・ゴー・バロック2/ピーター・ブレイナー&ヒズ・オーケストラ【CD】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入盤
Amazon 輸入盤国内仕様)
Amazon

1993年にリリースされ大ヒットした『ビートルズ・ゴー・バロック』。その続編『ビートルズ・ゴー・バロック2』が登場。CDで11月に発売。

1993年の『ビートルズ・ゴー・バロック』は結構ブームになったので、覚えておいでの方も多いと思います(2019年11月CD再発売)。

その第2弾となる本作は2018年12月に録音。アレンジと指揮は同じくピーター・ブレイナー、演奏はピーター・ブレイナー・オーケストラ。

前作は合奏協奏曲風に編曲しましたが、今回はバッハやヴィヴァルディの作品とビートルズの曲をミックス・アレンジ。メロディ・ラインのちょっとした類似を上手く掴み、2つの作品を調和させているとのこと。

また『アビイ・ロード』50周年ということを意識して、「カム・トゥゲザー」で開始。そして“アビイ・ロード・メドレー”として有名な「ゴールデン・スランバー〜キャリー・ザット・ウェイト〜ジ・エンド」まであり、さらにラストが「ハー・マジェスティ」なのですから、マニア心をくすぐる内容です。

収録内容
J.S.バッハ:ピアノ協奏曲 第1番
1.カム・トゥゲザー
2.ブラックバード
3.ドライヴ・マイ・カー

J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲 第1番
4.抱きしめたい
5.サムシング
6.デイ・トリッパー

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番
7.ひとりぼっちのあいつ
8.ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
9.オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集『四季』
10.ア・デイ・イン・ザ・ライフ (「春」第1楽章)
11.ノルウェーの森 (「春」第3楽章)
12.オクトパス・ガーデン (「秋」第1楽章)
13.ビコーズ (「秋」第2楽章)
14.バック・イン・ザ・U.S.S.R. (「冬」第1楽章)
15.ジュリア (「冬」第2楽章)
16.ゲット・バック (「夏」第3楽章)

J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調
17.ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア (主よ憐れみたまえ)
18.イエスタデイ (地には平和を)
19.ハロー・グッバイ (聖書にあるように3日後によみがえり)

ビートルズ:『アビイ・ロード』メドレー
20.ゴールデン・スランバー〜キャリー・ザット・ウェイト〜ジ・エンド

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第3番
21.ハー・マジェスティ

※ バロックの原曲とビートルズの曲をミックスしてアレンジ

【録音】2018年12月3-5日大教会、パネンスカ、ブラチスラバ、スロヴァキア

第1弾『ビートルズ・ゴー・バロック』も合わせて国内盤再登場

ビートルズ・ゴー・バロック/ペーテル・ブレイナー&ヒズ・チェンバー・オーケストラ【CD】
Tower Records

第1弾もCDで再登場です。

1993年に初めて発売され、世界的な大ヒットとなったビートルズのバロック風アレンジ・アルバム。ところどころでソロ楽器が活躍する合奏協奏曲の形を取っており、バッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディの大作曲家風にまとめられています。

フィルハーモニア管弦楽団の“創立75周年記念”CD24枚組ボックスがWarner Classicsより発売

創立75周年記念歴史的録音集/フィルハーモニア管弦楽団 【CD】24枚組
Tower Records

フィルハーモニア管弦楽団の創立75周年記念としてCD24枚組ボックスが発売。初回生産限定盤。タワーレコードの予約セール価格は¥8,125。

フィルハーモニア管弦楽団は1945年に、旧EMIの伝説的プロデューサー、ウォルター・レッグによってEMIの録音のためのオーケストラとして設立されました。多くの巨匠指揮者、名演奏家と録音をおこないましたが、この度創立75周年を迎えるにあたり、Warner Classics(旧EMI)から歴史的な録音集が発売です。

本作に収録されている音源は1946年から1964年までの期間を対象としています。カラヤン、フルトヴェングラー、トスカニーニ、クレンペラー、ジュリーニ、カンテッリなどの名指揮者だけでなく、デニス・ブレインなどの首席演奏者の演奏にも光があてられています。名盤の多い旧EMIですから共演者もディヌ・リパッティやキルステン・フラグスタートら錚々たる名前が載っています。

音源はオリジナル・マスターテープからリマスターされた音源によって収録されていますが、多くの音源が2019年、Studio Art & Sonによる24bit/192kHzリマスター音源が使用されています。

RCA専属だったトスカニーニ指揮の音源、クレンペラーのライヴ初出音源なども収録

1952年、フィルハーモニア管弦楽団をトスカニーニが指揮したブラームス交響曲全曲演奏会は、ウォルター・レッグによって録音されましたが、トスカニーニがRCAの専属だったため商品化されず、マスターテープはレッグが所有していました。本ボックスには、2000年にそのマスターテープからTESTAMENT社がリマスターした音源で収録。

他にも1958年4月7日、クレンペラー指揮によるR.シュトラウスの「ドン・ファン」「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」の、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴは、BBCが録音をしていたものを特別に初出音源。

新しいところでは、現在音楽監督のエサ=ペッカ・サロネン指揮による2018年9月にライヴ録音された「浄夜」も収録。

CD24枚の全収録曲はタワーレコードの方をご覧ください。

創立75周年記念歴史的録音集/フィルハーモニア管弦楽団 【CD】24枚組
Tower Records

ミック・ジャガーのソロ4作品が“ハーフ・スピード・マスタリング”によりアナログレコードで発売。180g重量盤

ミック・ジャガーのソロ・アルバム4タイトルが、ハーフ・スピード・マスタリング・システムによりアナログレコードで発売。180g重量盤。12月18日発売予定。

リリースされるのは、これまで発表されたソロ・アルバム4作品で『シーズ・ザ・ボス』、『プリミティヴ・クール』、『ワンダーリング・スピリット』、『ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ』。輸入盤と輸入盤・国内盤仕様。

シーズ・ザ・ボス SHE'S THE BOSS

1985年のファースト・ソロ・アルバム。ハーフ・スピート・マスタリングによるアナログ・テープ・トランスファーからの新規リマスター&カッティング。

シーズ・ザ・ボス【LPレコード】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入

シーズ・ザ・ボス [Analog]
Amazon
Amazon インポート

プリミティヴ・クール PRIMITIVE COOL

1987年作品。ハーフ・スピート・マスタリングによるアナログ・テープ・トランスファーからの新規リマスター&カッティング。

プリミティヴ・クール【LPレコード】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入

プリミティヴ・クール [Analog]
Amazon
Amazon インポート

ワンダーリング・スピリット WANDERING SPIRIT

1993年作品。CDでは1枚でしたがアナログレコードは2枚組。ハーフ・スピート・マスタリングによるアナログ・テープ・トランスファーからの新規リマスター&カッティング。

ワンダーリング・スピリット【LPレコード】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入

ワンダーリング・スピリット [Analog]
Amazon
Amazon インポート

ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ GODDESS IN THE DOORWAY

2001年作品。アナログレコードは2枚組。デジタル・オリジナル・マスターからの新規リマスター&カッティング。

ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ【LPレコード】
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入

ゴッデス・イン・ザ・ドアウェイ [Analog]
Amazon
Amazon インポート

以上

キース・リチャーズのセカンド『Main Offender』がアナログレコードとCDで再登場、2015年リマスター音源

キース・リチャーズ/Main Offender【LPレコード】
Tower Records
Amazon

キース・リチャーズが1992年に発表したセカンドアルバム『Main Offender(邦題:メイン・オフェンダー〜主犯)』が2015年リマスター音源を収録したアナログレコードとCDで再登場します。

『Main Offender』は、ローリング・ストーンズでいうと『スティール・ホイールズ』と『ヴードゥー・ラウンジ』の間のソロ作品。

キースのもとに集まったのはプロデューサーでもあるワディ・ワクテル(g)の他、スティーヴ・ジョーダン(dr)、チャーリー・ドレイトン(b)、アイヴァン・ネヴィル(key)など。レコーディングは1992年の3月から9月にかけて、カリフォルニアとニューヨークで。

YouTubeではアルバムから「Wicked As It Seems」を聴くことができます。聴くと、サウンドはストーンズの『ヴードゥー・ラウンジ』の前頃ということが確かに感じられます。

CDはこちら

Main Offender【CD】
Tower Records
Amazon

収録曲
01. 999
02. Wicked As It Seems
03. Eileen
04. Words of Wonder
05. Yap Yap
06. Bodytalks
07. Hate It When You Leave
08. Runnin' Too Deep
09. Will But You Won't
10. Demon

キース・リチャーズ/Main Offender【LPレコード】
Tower Records
Amazon

ホンダのバッテリー「LiB-AID E500 for Music」を使用してパイオニアSE-MASTER1を聴く特設コーナー

車やオートバイのホンダが本格オーディオ機器への高品質な電力供給にむけて開発されたバッテリー電源、ホンダ蓄電機「LiB-AID E500 for Music」。その「LiB-AID E500 for Music」を使用してパイオニア SE-MASTER1(ヘッドフォン)を聴く特設コーナーが、東京神田万世橋にある「ONKYO BASE」にて設置されます。

これはオンキヨー&パイオニア株式会社とホンダとのコラボ企画。お展示期間は11月18日(月)から12月18日(水)。以下プレスリリースより

ホンダ LiB-AID E500 for Music

LiB-AID E500 for Musicはホンダが本格オーディオ機器への高品質な電力供給にむけて開発されたバッテリー電源。10月24日から11月4日まで開催された「第46回東京モーターショー2019」にて初展示され、大きな話題となりました。

この度、ホンダとのコラボレーションの一環として、本蓄電機と当社オーディオ製品(パイオニア SE-MASTER1)を使用して、その実力をご体感いただける特設コーナーを当社ショップ兼ショールームである「ONKYO BASE」に設置いたします。

ホンダの蓄電機から供給されるピュアな電源とパイオニアブランドのヘッドホンフラッグシップモデルが、高解像のハイレゾ音源を瑞々しく再現いたします。業界を超えたこのコラボレーションコーナーをぜひお楽しみください。

展示・特設コーナーについて

展示場所: ONKYO BASE(詳細は下記参照ください。)
展示期間: 11月18日(月)から12月18日(水)
試聴機器: 
[電源部]ホンダ製LiB-AID E500 for Music
[オーディオ機器]パイオニア SE-MASTER1
[音源]e-onkyo musicにて配信中のハイレゾ音源

なお、 期間中、ご来場、ご試聴いただき、アンケートにお答えいただきますと、ホンダの工場などを取り囲む森の間伐材を使用して作られた「Honda Woods コースター」をプレゼントいたします。

注)ホンダ蓄電機LiB-AID E500 for MusicはONKYO BASEでは販売いたしておりません。同商品をお求めの場合は、下記サイトより購入お申込みをお願いいたします。
https://www.honda.co.jp/battery/music/entry/

ONKYO BASEショップ情報
住所: 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 1丁目 25 番地 4
電話(店舗): 080-8310-6278
営業時間: 11:00 〜 20:00 (定休日:不定休)
アクセス:https://onkyobase.com/about
■Honda蓄電機LiB-AID E500 for Music
製品情報Web: https://www.honda.co.jp/battery/music/

ハービー・ハンコックがポップ曲をカヴァーした96年作品『ザ・ニュー・スタンダード』がアナログレコードで登場

ハービー・ハンコック/The New Standard【LPレコード】
Tower Records

ハービー・ハンコックがビートルズやS&Gなどのポップ・チューンをジャズ化した1996年作品『ザ・ニュー・スタンダード(The New Standard)』がアナログレコードで発売。

本作は韓国ユニバーサル(Khiov Music 韓国キオブ)からのアナログ化。プレスはドイツのパラス。2枚組。180グラム重量盤。33回転LP。12月下旬発売。

『ザ・ニュー・スタンダード』は1996年にCDでリリースされたアルバム。ビートルズ、サイモン&ガーファンクルの他に、プリンス、ドン・ヘンリー、ピーター・ガブリエル、ニルヴァーナなどの曲を演奏しています。

当初は全10曲でリリースされたが、のちにボーナストラック「ユア・ゴールド・ティース2」が追加。ボーナストラックはアナログレコードでも収録しています。

ミュージシャンはハービー・ハンコック( piano)、マイケル・ブレッカー(tenor & soprano saxophone)、ジョン・スコフィールド(guitars)、デイヴ・ホランド(bass)、ジャック・ディジョネット(drums, percussion)、ドン・アライアス(percussion)といった、ジャズ、フュージョン界の大物たち。

Side 1
New York Minute
Mercy Street
Side 2
Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
When Can I See You
You've Got It Bad Girl
Side 3
Love Is Stronger Than Pride
Scarborough Fair
Side 4
Thieves In The Temple
All Apologies
Manhattan (Island Of Lights And Love)
Your Gold Teeth II

ハービー・ハンコック/The New Standard【LPレコード】
Tower Records

Mobile Fidelityからダイアー・ストレイツ『ブラザーズ・イン・アームズ』が45回転アナログレコード

Brothers in Arms/ダイアー・ストレイツ【LPレコード】
Amazon
Tower Records

Mobile Fidelityからダイアー・ストレイツの『ブラザーズ・イン・アームズ(Brothers in Arms)』が45回転アナログレコードで2015年に発売になっています。2枚組で180グラム重量盤。限定番号入り。

タワーレコード、Amazonともに文字の収録情報は少ないです。しかし画像ならAmazonのジャケットの裏画像右上に「45 RPM」の表記を確認できます。

詳しい情報はAcostic Soundsにあります。そこを見るとタワーレコードにある規格品番「441」がMobile Fidelityのプロダクトナンバー「AMOB 441」とわかります。

Side 1
1. So Far Away
2. Money for Nothing

Side 2
3. Walk of Life
4. Your Latest Trick

Side 3
5. Why Worry
6. Ride Across The River

Side 4
7. The Man’s Too Strong
8. One World
9. Brothers in Arms

Brothers in Arms/ダイアー・ストレイツ【LPレコード】
Amazon
Tower Records

[CD]ラファエル・クーベリックの廉価ボックス『クーベリック・東欧音楽ボックス』が発売(CD10枚組)

クーベリック・東欧音楽ボックス/ラファエル・クーベリック【CD】
Tower Records

これはCDですが、Profilレーベルから『ラファエル・クーベリック「東欧音楽BOX」1944-1960』が廉価ボックスで発売。CD10枚組

収録はプラハ、ロンドン、エジンバラ、シカゴ、ウィーンでの録音(一部ライヴ)。年代は1940年代と50年代、それから1960年となっています。古いものはモノラルですが、50年代末や1960年のものはステレオ。

ウィーン・フィルとの「新世界より」(1956年録音)、「わが祖国」(1959年ステレオ録音)などクーベリックならではの曲もあれば、ショスタコーヴィッチの交響曲第9番(1945年録音)など興味深いものもあります。収録曲、録音年の詳細はタワーレコードをご覧ください。

クーベリック・東欧音楽ボックス/ラファエル・クーベリック【CD】
Tower Records

坂本龍一とAlva Notoのライヴ・アルバム『TWO - Live at Sydney Opera House』がLPでも発売

Two: Live at Sydney Opera House/Alva Noto、坂本龍一【LPレコード】
Tower Records
Amazon

坂本龍一とAlva Noto(アルヴァ・ノト)による、ライヴ・アルバム『TWO - Live at Sydney Opera House』が、海外のNOTONレーベルから発売。アナログレコードとCDで発売になります。アナログレコードは2枚組。11月27日発売。

坂本龍一とAlva Notoは草月ホールでおこなわれた『グレングールド ・ギャザリング』(SACDハイブリッド)で共演していましたが、今回は2018年にオーストラリアのシドニー・オペラハウスで行ったパフォーマンス。

2人がこれまでに発表した楽曲に加え、新しい即興作品も演奏。2人が音楽を担当したディカプリオ主演の映画『レヴェナント: 蘇えりし者』からの「THE REVENANT THEME」も演奏。それをこちらで聴くことができます。

CDはこちら

1. INOSC
2. PROPHO
3. TRIOON II (LIVE)
4. SCAPE I
5. BERLIN (LIVE)
6. SCAPE II
7. MORNING + IANO (LIVE)' 'EMSPAC
8. KIZUNA (LIVE)
9. GITRAC
10. MONOMOM
11. PANOIS
12. NAONO (LIVE)
13. THE REVENANT THEME (LIVE)

Berlin Classics音源の児玉麻里&ケント・ナガノの『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』がSACD化

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集(第0〜5番)/児玉麻里、ケント・ナガノ、ベルリン・ドイツ交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

児玉麻里とケント・ナガノによる『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集』(SACDハイブリッド4枚組)が発売になります。珍しい「第0番」も収録。日本独自企画のSACDハイブリッド化。限定生産。12月中旬発売。

本録音はこれまでBerlin ClassicsレーベルからCDでバラ、全集が出ていましたが、2020年ベートーヴェン・イヤーに合わせて、Berlin Classicsレーベル提供のハイレゾ・マスターを用いて、キング関口台スタジオにてSACDマスタリング。

11月14日現在タワーレコードの予約価格はセール価格で5千円を切っており、Berlin Classicsの全集CDよりも安いことになります。

収録されるのは、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第0番から第5番「皇帝」。加えて「ピアノと管弦楽のためのロンド WoO6」「創作主題による15の変奏曲とフーガ (エロイカ変奏曲)」、「三重協奏曲」も収録。

音源は2006年から2019年にかけて録音されたもの。ベルリンのイエス・キリスト教会、テルデックス・スタジオ・ベルリン、シーメンスヴィラなどで収録。

Disc 1
・ピアノ協奏曲 第0番 WoO4
・ピアノと管弦楽のためのロンド WoO6
・創作主題による15の変奏曲とフーガ(《エロイカ変奏曲》) Op.35
Disc 2
・ピアノ協奏曲 第1番
・ピアノ協奏曲 第2番
Disc 3
・ピアノ協奏曲 第3番
・ピアノ、ヴァイオリン、チェロと管弦楽のための三重協奏曲
Disc 4
・ピアノ協奏曲 第4番
・ピアノ協奏曲 第5番 『皇帝』

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集(第0〜5番)/児玉麻里、ケント・ナガノ、ベルリン・ドイツ交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon