ヴィルヘルム・ケンプ CD80枚組ボックス『ヴィルヘルム・ケンプ・エディション』が発売

ヴィルヘルム・ケンプ・エディション<限定盤>【CD】 ヴィルヘルム・ケンプ

ヴィルヘルム・ケンプのCD80枚組ボックス『ヴィルヘルム・ケンプ・エディション』が発売。リリースはドイツ・グラモフォンから。

ボックスは、協奏曲録音(14CD)、室内楽曲(14CD)、独奏曲(46CD)、シェラック盤録音(6CD)の4つに分類され、シェラック盤録音はドイツ・グラモフォンから初発売。

共演は、ヴォルフガング・シュナイダーハン、ユーディ・メニューイン、ピエール・フルニエ、ヘンリク・シェリング、フェルディナント・ライトナー、ラファエル・クーベリック、パウル・ファン・ケンペン、カール・ミュンヒンガーなど歴史的なアーティストとの録音が収録されています。

各ディスクの収録曲はタワーレコードをご覧ください。

ヴィルヘルム・ケンプ・エディション<限定盤>【CD】 ヴィルヘルム・ケンプ

チェリビダッケとフランス国立管のINA音源 CD14枚組セットで発売。

チェリビダッケ/フランス国立放送管弦楽団 - INAライヴ録音大集成<完全限定生産盤>【CD】
セルジュ・チェリビダッケ 、 フランス国立管弦楽団

ALTUSから、チェリビダッケとフランス国立管弦楽団のCDをまとめた、CD14枚組ボックスセットが発売。

本作はINA(フランス国立視聴覚研究所)の音源からCD化したもの。録音は1973年と1974年。収録はシャンゼリゼ劇場でのライヴでステレオ録音。

協奏曲ではミケランジェリ、アルゲリッチ、フルニエが共演。収録曲は以下のとおり。

CD1
ルーセル:交響曲第3番
ブラームス:交響曲第4番
録音:1974年10月23日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD2
シェーンベルク:6つの管弦楽伴奏付き歌曲
シューベルト:交響曲第8番『未完成』

CD3
ベートーヴェン:交響曲第7番
ドヴォルザーク:スラヴ舞曲集 第1番
ミヨー:ブラジルの郷愁〜第11曲『ラランジェイラス』
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ(管弦楽版)
ストラヴィンスキー:小管弦楽組曲第2番 より『ギャロップ』
録音:1974年9月17日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD4
ブラームス:悲劇的序曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調『皇帝』
アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
録音:1974年10月16日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD5
ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調『田園』
ストラヴィンスキー:バレエ音楽『ペトルーシュカ』より抜粋
録音:1974年2月6日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD6
ブラームス:交響曲第3番
ミヨー:ブラジルの郷愁
レスピーギ:交響詩『ローマの松』
録音:1974年2月15日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD7
シューベルト:『ロザムンデ』 序曲
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲
ピエール・フルニエ(チェロ)
デュティユー:メタボール
録音:1974年10月2日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)


CD8
シューベルト:6つのドイツ舞曲(ウェーベルンによる管弦楽編)
シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調 D. 485

CD9
ヨハン・シュトラウスII世:
喜歌劇『こうもり』序曲
ウィーンの森の物語
フィガロ・ポルカ
ピツィカート・ポルカ
トリッチ・トラッチ・ポルカ
皇帝円舞曲
録音:1973年12月30日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD10
モーツァルト:レクイエム ニ短調 K. 626
録音:1974年2月22日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD11
ウェーバー:歌劇『魔弾の射手』 序曲
ハイドン:交響曲第102番
シューマン:交響曲第2番
録音:1974年2月27日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD12
シューマン:ピアノ協奏曲
マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
プロコフィエフ:『ロメオとジュリエット』組曲第2番 Op. 64より抜粋
録音:1974年5月29日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

CD13
ラヴェル:スペイン狂詩曲
録音:1973年12月23日
ラヴェル:『マ・メール・ロワ』
録音:1974年2月6日
ラヴェル:道化師の朝の歌
録音:1974年5月29日

CD14
ラヴェル:ラ・ヴァルス
録音:1974年10月2日
ラヴェル:『ダフニスとクロエ』 第1,2組曲
録音:1974年10月16日

チェリビダッケ/フランス国立放送管弦楽団 - INAライヴ録音大集成<完全限定生産盤>【CD】
セルジュ・チェリビダッケ 、 フランス国立管弦楽団

ワルターとフランス国立放送菅のINAライヴ録音がCD4枚組となって発売

ワルター/フランス国立放送管弦楽団 - INAライヴ録音大集成<完全限定生産盤>【CD】 ブルーノ・ワルター 、 フランス国立管弦楽団

ALTUSレーベルからブルーノ・ワルターとフランス国立管弦楽団のシリーズを、すべてまとめたCD4枚組セットが発売。これはINA(フランス国立視聴覚研究所)の音源からCD化。

本作には、1955年、1956年のシャンゼリゼ劇場でのライヴを収録。モーツァルトやマーラーを演奏しています。国内プレス。

[CD1] ALT-263
モーツァルト:交響曲第38番 ニ長調『プラハ』 K. 504
ワーグナー:ジークフリート牧歌
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 Op. 73
録音:1955年5月5日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

[CD2] ALT-264
モーツァルト:
セレナード第13番 ト長調『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』 K. 525
フリーメイソンのための葬送音楽 K. 477
交響曲第36番 ハ長調『リンツ』 K. 425
交響曲第39番 変ホ長調 K. 543
録音:1956年6月14日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

[CD3] ALT-265/6(CD1)
ハイドン:交響曲第96番 ニ長調『奇蹟』 Hob.I:96
リヒャルト・シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op. 20 TrV 156

[CD4] ALT-265/6(CD2)
マーラー:交響曲第4番 ト長調
マリア・シュターダー(ソプラノ)
録音:1955年5月12日/シャンゼリゼ劇場(ライヴ)

ブルーノ・ワルター(指揮)
フランス国立放送管弦楽団

ワルター/フランス国立放送管弦楽団 - INAライヴ録音大集成<完全限定生産盤>【CD】 ブルーノ・ワルター 、 フランス国立管弦楽団

ギュンター・ヴァント&北ドイツ放送響のSACDハイブリッドが発売、ブラームスの交響曲ほか

ギュンター・ヴァントのSACDハイブリッドが2タイトル発売になります。〈ギュンター・ヴァント 不滅の名盤〉シリーズ第5回として新たに発売になるのは北ドイツ放送交響楽団編。Altusからのリリース。

発売になるのは、Profilレーベルの名盤だったブラームスの交響曲の4曲をメインに、バッハやハイドン、モーツァルトらの曲を合わせて併録。これを2タイトルに分売して発売。ともに最新リマスタリングを施してSACDハイブリッド化。

ブラームス: 交響曲第1番、第2番他(2枚組)

ギュンター・ヴァント不滅の名盤[9] 北ドイツ放送交響楽団編 - ブラームス: 交響曲第1番、第2番、J.S.バッハ、ハイドン【SACDハイブリッド】
ギュンター・ヴァント 、 北ドイツ放送交響楽団

Disc1
(1)J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 BWV 1041
(2)ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68

Disc2
(3)ハイドン:オーボエ協奏曲 ハ長調 Hob. VIIg: C1
(4)ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73

【演奏】
ロラント・グロイッター((1)ヴァイオリン)
パウルス・ヴァン・デル・メルヴェ((3)オーボエ)
ギュンター・ヴァント(指揮)
北ドイツ放送交響楽団

【録音】
ライヴ録音:(1)1992年3月15-17日(場所記載なし)、(2)1990年2月14日/ケルン、フィルハーモニー、
(3)1992年1月12-14日/ハンブルク、ムジークハレ、(4)1992年11月29-30日、12月1日/ハンブルク、ムジークハレ

ブラームス: 交響曲第3番、第4番他(2枚組)

ギュンター・ヴァント不滅の名盤[10] 北ドイツ放送交響楽団編 - ブラームス: 交響曲第3番、第4番、モーツァルト、リゲティ【SACDハイブリッド】
ギュンター・ヴァント 、 北ドイツ放送交響楽団

Disc1
(1)モーツァルト:フルート協奏曲第1番 ト長調 K. 313
(2)ブラームス:交響曲第3番 へ長調 作品90

Disc2
(3)リゲティ:ロンターノ
(4)ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 作品98

【演奏】
ヴォルフガング・リッター((1)フルート)
ギュンター・ヴァント(指揮)
北ドイツ放送交響楽団

【録音】
ライヴ録音:(1)1988年12月/ハンブルク、(2)1990年2月14日/ケルン、フィルハーモニー、
(3)1987年/ハンブルク、ムジークハレ、(4)1990年12月17日/ハンブルク、ムジークハレ

ユスフ(キャット・スティーヴンス)が名盤を50年ぶりに再録音、『父と子2』がリリース

Tea For The Tillerman 2<Black Vinyl>【LPレコード】
Yusuf Islam (Cat Stevens)

Tower Records
Amazon

ユスフ(キャット・スティーヴンス)の、名盤『父と子』が発売50周年を記念して、現代的解釈で再構築したニュー・アルバム『父と子2(Tea for the Tillerman 2)』が発売。アナログレコードとCDでリリース。

アルバム全曲を再考し再レコーディングする、というアイデアはユスフと息子ヨリヨスとの話し合いの中から生まれた、とのこと。

ミュージック・ビデオも名曲「子供達の園はどこへ?(Where Do The Children Play?)」他が公開されています。昔ながらのユスフ(キャット・スティーヴンス)の声が聴けます。

CDはこちら

カール・リヒターの100枚組BOX『アルヒーフ&ドイツ・グラモフォン録音全集』Blu-ray Aも3枚収録

カール・リヒター/アルヒーフ&ドイツ・グラモフォン録音全集 [97CD+3Blu-ray Audio]

カール・リヒターの、アルヒーフ、ドイツ・グラモフォン、デッカに残されたすべての録音が、CD97枚+Blu-ray Audio3枚にまとめられて発売です。計100枚組となるBOXセット。

収録されるBlu-ray Audioの3枚は、これまで発売になった『J.S.バッハ:宗教作品集』(2枚組)と『J.S.バッハ: カンタータ集/カール・リヒター』のBlu-ray Audioでしょうが、2タイトルともに今は取り扱いが終了していますので、お持ちでない方には嬉しい発売です。

Blu-ray Audioの音源はDTS-HD MA 2.0 24 bit / 192 kHzでリマスタリング。リヒターの残したカンタータ録音は全曲ではありませんが、やはり唯一無比のものとして胸に迫る度合いが違います。

一方、97枚のCDには、協奏曲やオルガン曲など貴重な録音が数多くあります。なにより初CD化として、リストの『バッハの名による前奏曲とフーガ』、レーガーの『バッハの名による幻想曲とフーガ』、ハンス=マルティン・リンデとのヘンデルのフルート・ソナタ、オーレル・ニコレとのバッハのフルート・ソナタが含まれるのですから、やはり全クラシック・ファンに注目でしょう。CDはオリジナル・ジャケット仕様なのでコレクションとして視覚的にも楽しめそうです。

全ディスクの収録曲は、タワーレコードのこちらをご覧ください。

アルヒーフ&ドイツ・グラモフォン録音全集 [97CD+3Blu-ray Audio]

タワレコ〈ポイント10%還元キャンペーン〉は、9月18日(金) 23時59分まで

タワレコの〈ポイント10%還元キャンペーン〉は、本日、9月18日(金)の 23時59分までとなっています。どうぞチェックをお忘れなく。

特に、新しいタワレコ限定SACDハイブリッド、フリードリッヒ・グルダの『J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 全曲』、と『ディアベリ変奏曲』に注目の方には、タイミングのいいポイント10%還元キャンペーンと思います。

期間
2020年9月15日(火)11:00 〜 9月18日(金) 23:59まで

最近の注目高音質盤

フリードリヒ・グルダ/J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 全曲【SACDハイブリッド】

フリードリヒ・グルダ/ディアベリ変奏曲【SACDハイブリッド】

【おすすめ】

>ワーナー・クラシックスSACD、2点で15%オフ、1枚でも10%オフ・セール

>タワレコ限定SACDハイブリッド(クラシック)

>Dutton VocalionのSACDハイブリッド

>ベルリン・フィル自主レーベル

>ブルーノ・ワルターのSACDハイブリッド

【クラシック注目盤】

モーツァルト: ピアノ協奏曲全集【SACDハイブリッド】/ロナルド・ブラウティハム

児玉麻里/ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ全集&ピアノ協奏曲全集<日本限定企画盤>【13 SACDハイブリッド】

シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」、クルシェネク:Statisch und ekstatisch /フランツ・ウェルザー=メスト、クリーヴランド管弦楽団

J.S.バッハ: 《ヨハネ受難曲》 BWV.245 (1739/49版)/鈴木雅明、 バッハ・コレギウム・ジャパン

【ロック注目盤】

ジョン・レノン/ギミ・サム・トゥルース. [2SHM-CD+Blu-ray Disc]

ジョン・レノン/GIMME SOME TRUTH. [2CD+Blu-ray Disc]

サンタナ-SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション-<完全生産限定盤>

【Erato】ピエール・バルビゼの『エラート&旧EMI録音全集』(CD14枚組)が発売。フェラスとの共演も収録

ピエール・バルビゼ/エラート&旧EMI録音全集【CD】

Eratoから名ピアニスト、ピエール・バルビゼの廉価CDボックス『エラート&旧EMI録音全集』(CD14枚組)が発売。

ピエール・バルビゼというと、名ヴァイオリニスト、クリスチャン・フェラスのパートナーとして有名でもあります。

このCDボックスにはそんなバルビゼによるTelefunken、Erato、旧EMIへの録音を収録。ピアノ独奏曲を収録すると同時に、クリスチャン・フェラスと共演したベートーヴェンやフォーレのヴァイオリン・ソナタなども収録。

2017年リマスター音源などを収録。うち、ベートーヴェンの「熱情」とシューマンの「ピアノ四重奏団」は、2020年オリジナル・マスターテープより最新リマスターによる初CD化。

収録曲、録音年、リマスター音源情報などはタワーレコードでご覧ください。

ピエール・バルビゼ/エラート&旧EMI録音全集【CD】

ケイコ・リーのライヴ盤『ライヴ・アット・ジャズ・イン・ラブリー』が発売。Blu-spec CD2仕様

ケイコ・リー/ライヴ・アット・ジャズ・イン・ラブリー【CD】

Tower Records
Amazon

これはCDですが、ジャズ・ヴォーカリストのケイコ・リーのライヴ盤が登場。リリースはソニー・ミュージック・ジャパンで、Blu-spec CD2仕様。10月21日発売。

ケイコ・リーのデビュー25周年記念となる本作はファン待望のライヴ・アルバム。ケイコ・リーのライヴ盤としては、2006年発売の『ライヴ・アット・ベイシー〜ウィズ・ハンク・ジョーンズ』以来となります。

収録は、ケイコ・リーの活動の原点ともいえる名古屋の老舗ジャズ・クラブ「jazz inn LOVELY」。メンバーはお馴染みの野力奏一(p)、岡沢章(b)、渡嘉敷祐一(d)を迎えて、白熱の演奏を展開しています。

収録曲
・We Will Rock You
・Oh! Darling
・あまく危険な香り
・Love For Sale
・Hello Like Before
・Sweet Love
・The Island
・Come Together
・The Golden Rule
・If It's Love
・Street Life
・You've Got A Friend
・Imagine

ケイコ・リー/ライヴ・アット・ジャズ・イン・ラブリー【CD】

Tower Records
Amazon

Stereo SoundからアリスのSACDハイブリッドが発売『Stereo Sound ORIGINAL SELECTION Vol.8 「アリス」』

この情報は読者の大森さんからいただきました。ありがとうございました。

Stereo Sound ORIGINAL SELECTION Vol.8 「アリス」(SACD/CD)

読者の大森さんから教えていただきましたが、ステレオサウンド(Stereo Sound)からアリスのSACDハイブリッドが発売。発売は10月23日。

本作は、アリスの名曲を選曲、構成したベストアルバム。ステレオサウンドが、現代のオーディオシステムで改めて聴き入りたいと願った16曲を選びました。

マスタリング・エンジニアは日本を代表する音づくりのプロ集団「ミキサーズラボ」を率いる三浦瑞生氏。SACD製作に使用した機器や詳細がステレオサウンドのホームページに載っています。

収録曲
1. 冬の稲妻
2. 狂った果実*
3. 涙の誓い
4. 明日への讃歌
5. 遠くで汽笛を聞きながら
6. 走っておいで恋人よ
7. 愛の光
8. ジョニーの子守唄
9. チャンピオン
10. もう二度と...
11. 帰らざる日々(イントロショートver)
12. 今はもうだれも
13. 夢去りし街角
14. 秋止符
15. エスピオナージ*
16. さらば青春の時

*印の「狂った果実」「エスピオナージ」2曲のみUマチック・デジタル・マスターテープ。その他全曲アナログ・マスターテープを使用。

Stereo Sound ORIGINAL SELECTION Vol.8 「アリス」(SACD/CD)

ゲルギエフ&ミュンヘン・フィル、映像による『ブルックナー: 交響曲全集』が発売(4Blu-ray+6DVD)

ブルックナー: 交響曲全集 [4Blu-ray Disc+6DVD]
ワレリー・ゲルギエフ 、 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

ゲルギエフとミュンヘン・フィルによる、ザンクト・フローリアン修道院でのブルックナー録音は、CDがミュンヘン・フィル自主レーベルからリリースされていましたが、今回、映像による『ブルックナー:交響曲全集』が発売です。ブルーレイ4枚+DVD6枚というセット。リリースはArthaus Musik。

収録内容をみると、ブルーレイ4枚とDVD6枚、それぞれに同一の曲目を収録。収録音源はPCMステレオとDD5.1。

交響曲の他にドキュメンタリー「アントン・ブルックナー〜巨人の創造」(日本語字幕あり)も収録。

【収録内容】
DVD 1 / Blu-ray 1
交響曲第1番 ハ短調 WAB 101(リンツ稿1866)
収録:2017年9月25日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)
交響曲第3番 ニ短調 WAB 103(第3稿1889 ノヴァーク版)
収録:2017年9月25日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)

DVD 2 / Blu-ray 1
交響曲第4番 変ホ長調『ロマンティック』 WAB 104(1878/80年稿 ノヴァーク版)
収録:2017年9月25日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)

DVD 2 / Blu-ray 2
交響曲第2番 ハ短調 WAB 102(1877年稿 ノヴァーク版)
収録:2018年9月24日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)

DVD 3 / Blu-ray 2
交響曲第8番 ハ短調 WAB 108(第2稿1890 ノヴァーク版)
収録:2018年9月26日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)

DVD 3 / Blu-ray 2
交響曲第9番 ニ短調 WAB 109
収録:2018年9月25日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)

DVD 4 / Blu-ray 3
交響曲第5番 変ロ長調 WAB 105
収録:2019年9月23日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)

DVD 5 / Blu-ray 3
交響曲第6番 イ長調 WAB 106
収録:2019年9月24日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)

DVD 5 / Blu-ray 3
交響曲第7番 ホ長調 WAB 107 (version with cymbal crash)
収録:2019年9月25日、聖ザンクト・フローリアン修道院、オーストリア(ライヴ)

DVD 6 / Blu-ray 4
アントン・ブルックナー〜巨人の創造
監督:ライナー・E・モーリツ
制作:モナルダ・アーツ
ブルックナーによる交響曲第2番の主題によるオルガン即興
オルガン マルティン・ハーゼルベック

【演奏】
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者:ワレリー・ゲルギエフ

ブルックナー: 交響曲全集 [4Blu-ray Disc+6DVD]
ワレリー・ゲルギエフ 、 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団

ビートルズの書籍『The Beatles: Get Back』が来年8月21日に発売。海外版はAmazonで予約開始

The Beatles: Get Back (英語) ハードカバー –

ビートルズの書籍『The Beatles: Get Back』が出版されることを、出版社Callaway Arts & EntertainmentとApple Corps Ltd.が発表しました。

発売は2021年8月31日予定。海外版(英語)は既にAmazonで予約開始となっています。

これは240ページのハードカバー本で、この種の公式本は2000年の『ザ・ビートルズ・アンソロジー』以来で、約20年ぶり。

内容は、ビートルズがどのようにして『Let It Be』を制作したのか彼ら自身の言葉で語られ、レコーディング・セッションでのジョン、ポール、ジョージ、リンゴの会話の抜粋、そしてイーサン・ラッセルやリンダ・マッカートニーによる写真を含む数百枚の未発表画像も収録される模様。

この9月に公開予定だった映画『The Beatles: Get Back』は、新型コロナウイルスの影響で2021年8月公開に延期されましたが、本書はそれに合わせた時期の発売のようです。

書籍紹介の動画が公開されているので参考にしてください。

The Beatles: Get Back (英語) ハードカバー –

【タワレコ限定SACDハイブリッド】グルダのMPS音源『平均律クラヴィーア曲集 全曲』と『ディアベリ変奏曲』

タワーレコード限定SACDハイブリッドが発売です。フリードリヒ・グルダのMPS音源の名盤が2タイトルが初SACD化。発売になるのは、『J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 全曲』と『ベートーヴェン:ディアベリ変奏曲』。

本作はタワーレコードが海外レーベルと直接製作した輸入盤SACD企画。MPSのSACD化第1弾として発売。盤面:緑色仕様。オリジナル・ジャケット・デザイン使用。ジュエルケース仕様。

MPSは当時の西ドイツのジャズ・レーベル。グルダはMPSにジャズやドビュッシーのアルバムなどを録音しましたが、なかでも『平均律クラヴィーア曲集』はインパクトのあるものでした。

MPSはのちにフィリップスや、その他のレーベルに移り、CDで発売になってきましたが、今回オリジナルジャケットで、タワレコ限定SACDハイブリッドに着地点を見出したことを喜ばしく思います。

J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 全曲

J.S.バッハ: 平均律クラヴィーア曲集 全曲<タワーレコード限定>【SACDハイブリッド】
フリードリヒ・グルダ

4枚組。録音は第1巻が1972年4月、第2巻が1973年5月。MPSスタジオ,フィリンゲン。

ベートーヴェン:ディアベリ変奏曲

ディアベリ変奏曲<タワーレコード限定>【SACDハイブリッド】
フリードリヒ・グルダ

録音は1970年2月,MPSスタジオ,フィリンゲン。

7曲が初出音源。9人の指揮者によるロイヤル・コンセルトヘボウ管『ベートーヴェン交響曲全集』

ベートーヴェン: 交響曲全集<限定生産盤>【CD】
デイヴィッド・ジンマン 、 レナード・バーンスタイン 、 ニコラウス・アーノンクール 、 ヘルベルト・ブロムシュテット 、 マリス・ヤンソンス 、 ロジャー・ノリントン 、 カルロス・クライバー 、 フィリップ・ヘレヴェッヘ 、 アンタル・ドラティ 、 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

これはCDですが、RCO Liveから、9人の指揮者とロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団による、ベートーヴェンの交響曲全集が発売。CD5枚組

本作はベートーヴェン生誕250周年による企画で、9つの交響曲を9人の指揮者の録音でまとめたもの。7曲が初出音源で、収録は1978年から2008年。

交響曲第1番 デイヴィッド・ジンマン(2010年録音)
交響曲第2番 レナード・バーンスタイン(1978年録音)
交響曲第3番「英雄」 ニコラウス・アーノンクール(1988年録音)

交響曲第4番 ヘルベルト・ブロムシュテット(2003年録音)
交響曲第5番「運命」 マリス・ヤンソンス(2008年録音)
交響曲第6番「田園」 ロジャー・ノリントン(2004年録音)

交響曲第7番 カルロス・クライバー(1983年録音)
交響曲第8番 フィリップ・ヘレヴェッヘ(2003年録音)
交響曲第9番「合唱」 アンタル・ドラティ(1985年録音)

アーノンクールの第3番「英雄」、マリス・ヤンソンスの第5番「運命」は、以前RCOのアンソロジーBOXに収録されていましたが、そのほかの音源は初出。カルロス・クライバーの第7番は、映像商品としてリリースされていますが、CDとしては今回が初リリース。

ベートーヴェン: 交響曲全集<限定生産盤>【CD】
デイヴィッド・ジンマン 、 レナード・バーンスタイン 、 ニコラウス・アーノンクール 、 ヘルベルト・ブロムシュテット 、 マリス・ヤンソンス 、 ロジャー・ノリントン 、 カルロス・クライバー 、 フィリップ・ヘレヴェッヘ 、 アンタル・ドラティ 、 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

【Chandos】ネーメ・ヤルヴィが自ら組曲に編集、『ドリーブ: バレエ組曲集』SACDハイブリッド

ドリーブ: バレエ組曲集【SACDハイブリッド】
ネーメ・ヤルヴィ 、 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

ChandosからSACDハイブリッドが発売。ネーメ・ヤルヴィが自ら組曲に編集したドリーブの「バレエ組曲集」です。ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団との2019年録音。

レオ・ドリーブは1836年生まれ(1891年没)。フランス・ロマン派の作曲家で、「フランス・バレエ音楽の父」と呼ばれ、バレエ音楽や歌劇で知られる作曲家。

収録されるのはドリープの代表作となる3つのバレエ「シルヴィア」、「泉」、「コッペリア」の組曲。ネーメ・ヤルヴィが編集して組曲版を完成させました(「泉」はドリーブが担当した第2幕からの音楽で構成)。

収録は2019年11月、グラスゴーのロイヤル・コンサート・ホールにて。

レオ・ドリーブ:
1.バレエ 《シルヴィア、またはディアヌのニンフ》 からの組曲
2.バレエ 《泉、またはナイラ》 からの組曲
3.バレエ 《コッペリア、またはエナメルの目を持つ乙女》 からの組曲

ドリーブ: バレエ組曲集【SACDハイブリッド】
ネーメ・ヤルヴィ 、 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

Tower Records 輸入
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

U2『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』20周年で初リマスター

オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド(20周年記念盤〜スーパー・デラックス) 【5CD】

Tower Records 輸入盤:国内流通仕様
Tower Records 輸入 (International Version)
Amazon

U2の名盤『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』が20周年記念。初のリマスターが発売になります。

発売形態は、スーパーデラックス盤(5CD)、デラックス盤(2CD)、通常CD(1枚)、アナログレコード。アナログレコードのスーパーデラックス盤は11枚組です。

スーパー・デラックス盤には、初音源化される『エレヴェイション:ライヴ・フロム・ボストン2001』や初CD化音源3曲、未発表リミックス4曲を収録し、ファンにはたまらない豪華仕様です。

『オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド』はU2の10枚目のスタジオ・アルバム。プロデュースはダニエル・ラノワ&ブライアン・イーノ。グラミー賞〈年間最優秀レコード〉を2曲(「ビューティフル・デイ」&「ウォーク・オン」)収録する史上唯一のアルバム。

<5CDスーパーデラックス盤>Tower Records

<2CDデラックス盤>Tower Records

<通常盤1CD>Tower Records

<輸入盤LP>Tower Records

Amazonはこちら

オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド(20周年記念盤~スーパー・デラックス)(完全生産限定盤)(5CD)

All That You Can’t Leave Behind [Super Deluxe CD Box Set]

All That You Can't Leave Behind [Super Deluxe Vinyl Box Set] [12 inch Analog]

All That You Can't Leave Behind [Deluxe 2CD]

オール・ザット・ユー・キャント・リーヴ・ビハインド(20周年記念盤~デラックス)(通常盤)(2CD)

All That You Can't Leave Behind [Standard CD]

All That You Can't Leave Behind [Standard Vinyl] [12 inch Analog]

クランベリーズ『ザ・ベスト・オブ・クランベリーズ1992-2002』がSACDハイブリッドで発売

この情報は読者の大森さんからいただきました。ありがとうございました。

Stars: The Best of the Cranberries, 1992-2002【SACDハイブリッド】
クランベリーズ

読者の大森さんから教えていただきましたが、アイルランドのロック・バンド、クランベリーズの『ザ・ベスト・オブ・クランベリーズ1992-2002』がSACDハイブリッドで発売です。

リリースはユニバーサルで、Amazonによれば「Made in Japan for the Hong Kong market. 」というSACDです。

オリジナルはクランベリーズの初のベスト・アルバムとして2002年に発売。アメリカでのブレイクのきっかけとなった「ゾンビ」のほか、5枚のアルバムから名曲をセレクション。

Stars: The Best of the Cranberries, 1992-2002【SACDハイブリッド】
クランベリーズ

タワーレコードが〈ポイント10%還元キャンペーン〉を開始。9月15日から18日まで

タワーレコードが本日より〈ポイント10%還元キャンペーン〉を始めました。期間は9月15日から18日まで。

通常は1%のポイントが、この期間は10%のポイントがつきます。

ここのところ注目の高音質盤が出ていますし、また過去のタワレコ限定SACDもありますので、この機会にチェックしてみてください。

現在開催中の〈ワーナー・クラシックスSACD、2点で15%オフ、1枚でも10%オフ〉セールの商品なら、ポイント10%還元が重なりダブルでおトクになります。

期間
2020年9月15日(火)11:00 〜 9月18日(金) 23:59まで

最近の注目高音質盤


モーツァルト: ピアノ協奏曲全集【SACDハイブリッド】/ロナルド・ブラウティハム

児玉麻里/ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ全集&ピアノ協奏曲全集<日本限定企画盤>【13 SACDハイブリッド】

【おすすめ】

>ワーナー・クラシックスSACD、2点で15%オフ、1枚でも10%オフ・セール

>タワレコ限定SACDハイブリッド(クラシック)

>Dutton VocalionのSACDハイブリッド

>ベルリン・フィル自主レーベル

>ブルーノ・ワルターのSACDハイブリッド

【注目盤】

ジョン・レノン/ギミ・サム・トゥルース. [2SHM-CD+Blu-ray Disc]

ジョン・レノン/GIMME SOME TRUTH. [2CD+Blu-ray Disc]

サンタナ-SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション-<完全生産限定盤>

シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」、クルシェネク:Statisch und ekstatisch /フランツ・ウェルザー=メスト、クリーヴランド管弦楽団

J.S.バッハ: 《ヨハネ受難曲》 BWV.245 (1739/49版)/鈴木雅明、 バッハ・コレギウム・ジャパン

児玉麻里のベートーヴェン“ピアノ・ソナタ全集”&“ピアノ協奏曲全集”がセットにSACDハイブリッド13枚組

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ全集&ピアノ協奏曲全集<日本限定企画盤>【13 SACDハイブリッド】
児玉麻里

Tower Records
Amazon

児玉麻里の「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」と「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集」をセットにした、日本限定SACDハイブリッド13枚組が発売。

これはPENTATONEからリリースされたピアノ・ソナタ全集(2003年〜2013年録音、9枚)と、BERLIN CLASSICSからリリースされたピアノ協奏曲全集(2006年〜2019年録音、4枚)を、レーベルを超えてひとまとめにした日本だけの限定発売。

どちらの全集もSACDハイブリッドでリリースされ話題となったものですが、今回ひとまとめになるのは思いもしなかったことで、ベートーヴェン・イヤーらしい貴重なリリースと思います。

「ピアノ・ソナタ全集」は、SACDハイブリッドでリリースされたベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集として画期的だったもの。当時のPENTATONEにとってもシンボル的な録音でした。これまでにバラ売り、ボックス・セットとパッケージを変えてのリリースを経て、今回また新たなパッケージで登場です。

それに加わる「ピアノ・協奏曲全集」はBERLIN CLASSICSから昨年末にSACDハイブリッドでリリースされたもの。ケント・ナガノ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団との演奏。ピアノ協奏曲第0番を加えているところもユニークです。

どちらのアルバムもそれぞれ販売されていますが、タワーレコードの予約価格ですと、今回の1セットにしたほうが値段もおトクのようです(9月14日現在)。各ディスクの詳細な収録情報はショップをご覧ください。

ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ全集&ピアノ協奏曲全集<日本限定企画盤>【13 SACDハイブリッド】
児玉麻里

Tower Records
Amazon

フリートウッド・マックの初期作品を収録したアナログ・レコード・ボックス(LP5枚+7インチ)が発売

Fleetwood Mac: 1973-1974 / Fleetwood Mac[5LP+7inch]

フリートウッド・マックの初期作品を収録したLPボックスが発売された。

『FLEETWOOD MAC: 1973-1974』は、1973年の『PENGUIN』、1973年の『MYSTERY TO ME(邦題: 神秘の扉)』、そして1974年の『HEROES ARE HARD TO FIND(邦題: クリスタルの謎)』という3枚のスタジオ・アルバムのリマスター音源に加え、1974年の未発表ライヴ音源を計5枚のアナログに収録したボックス・セット。

さらに特典として「For Your Love (Mono Promo Edit)」と、未発表音源となる「Good Things (Come To Those Who Wait)」を収録した7インチ・アナログを封入。

カッティングを担当したのは、バーニー・グランドマン・マスタリングのクリス・ベルマン。オリジナルのアナログ・マスターを使用してカッティング。

『PENGUIN』(1973)
『MYSTERY TO ME』 (1973)
『HEROES ARE HARD TO FIND』 (1974)
『LIVE FROM THE RECORD PLANT 12-15-74』(2枚)
『7”シングルレコード』

CDボックスも同時発売

Fleetwood Mac: 1969-1974/ Fleetwood Mac【CD】

1969年から1974年に発表した彼らの7枚のスタジオ・アルバムのリマスター・ヴァージョンに加え、リンジー・バッキンガムとスティーヴィー・ニックスがバンドに加入する数か月前となる1974年12月15日に行われたコンサートの模様を収録した未発表ライヴ作品を含む、全8枚組のボックス・セット。