ナイン・インチ・ネイルズ 5年ぶりの新作『Bad Witch』アナログ・レコードでも発売

Bad Witch
Tower Records ▶輸入 (イギリス盤)【CD】
Tower Records ▶国内盤【CD】
Amazon ▶輸入盤CD
Amazon ▶国内盤CD

ナイン・インチ・ネイルズの5年ぶりの新作『Bad Witch』が発売になります。CDでの発売の他にアナログ・レコードでも発売。

その昔『ダウンロード・スパイラル』がSACD(2ch&マルチチャンネル)で発売になったことがあるナイン・インチ・ネイルズですが、もう高音質盤は出そうもないですね。オーディオ・ファンの方はアナログで聴いてみてはいかがでしょうか。

『Bad Witch』アナログ・レコードはこちら

Amazon ▶BAD WITCH [12 inch Analog]
Tower Records ▶Bad Witch【LPレコード】

エソテリックのSACD『トリスタンとイゾルデ』、取り扱いショップがまだあります

エソテリックのSACD『トリスタンとイゾルデ』『オテロ』がいよいよ6月22日に発売で楽しみです(^-^)。 どちらも楽天ショップは売り切れが多かったのですが、なんとクライバー指揮の『トリスタンとイゾルデ』はアバック楽天市場店がまだ取り扱いしていました(19日13時現在)。

一方、カラヤンの『オテロ』もアバック楽天市場店MC昭和 で取り扱い中(19日13時現在)。こちらは送料がかかりますが、実店舗ではヨドバシは売り切れ、ユニオンは未確認。「もう送料など構っていられない!」という方はチェックしてみてください。

それにしても最初は『トリスタンとイゾルデ』の方に狂喜したものですが、冷静に考えると『オテロ』の方がSACDで聴いてみたいアルバムではあります。何と言っても英デッカのアナログ録音。これはCDで聴いても凄まじい音なわけで、ウィーン・フィルの荒くれ度、デル・モナコの荒くれ度、そしてプロデューサーのカルショーのこだわり録音、本物のカノン砲の音の迫力などなど、聴きどころだらけの「オテロ」と思うのです。

クライバーの『ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」』

アバック楽天市場店
MC昭和 売り切れ
インザムード楽天市場店 売り切れ

SACDハイブリッド3枚組。1980年から1982年にかけて、ドレスデンのルカ教会でのデジタル録音。

カラヤンの『ヴェルディ:歌劇「オテロ」』

アバック楽天市場店
MC昭和
オーディオ逸品館 売り切れ
インザムード楽天市場店 売り切れ

2枚組。カラヤンのウィーン・フィルとの61年録音。英デッカ原盤。

話題の「ハイレゾCD」の再生、OPPOのUDP205も既に対応していた

Tower Records ▶これがハイレゾCDだ! クラシックで聴き比べる体験サンプラー
Amazon ▶これがハイレゾCDだ! クラシックで聴き比べる体験サンプラー

「ハイレゾCD」が発売になりました。正式には「MQA-CD」というのだそうです。

ざっくり仕組みを書くと、MQAという技術を使って収録されているデータが、CDならCDデータになり、MQA対応機器ならハイレゾで聴けるというもの。

ハイレゾCDの聴き方は下にざっくりまとめましたが、意外と対応機器が多いのにビックリしました。ソニーのウォークマンとかソフトの発売よりハードの方が既に対応していたようです。

その中にはOPPOのUDP205も。OPPOのUDP205は今のユニバーサルプレーヤーがもし壊れたら、買い換え候補に迷わずしているので、ハイレゾCDが聴けることになります。

ただ15年近く高音質盤を聴いている(買っている)SACDラボ♪♪としては、SACDやBlu-ray Audio、ハイレゾ配信で既にでているユニバーサルの名盤の数々を、またハイレゾCDで買うことは現実的でないので、例えばいまだに高音質盤になっていないものをハイレゾCDにしてもらうと触手が伸びるというものです(例えばカラヤンの『四季』とか(^-^))。

長々書きましたが、下がハイレゾCDを聴く方法です。

ハイレゾCD(ディスク)をそのまま聴く方法

  • MQA対応プレーヤーで、そのままハイレゾ再生(OPPO UDP205など)
  • CDプレーヤーのデジタル出力から、MQA対応DAコンバーターに接続してハイレゾ再生

一旦PCにリッピングして聴く方法

これはまずPCで「ハイレゾCD」をリッピングします。そのあとは以下の3つの方法で聴くことができます。

  • 通常の音楽プレーヤー(iTunesなど)とMQA対応DACでハイレゾ再生
  • ハイレゾ音楽プレーヤー(Audirvana Plus 3など)と、レンダラー型MQA対応DACでハイレゾ再生
  • MQA対応デジタルオーディオプレーヤー(ウォークマンなど)に転送してハイレゾ再生

以上、簡単に書きましたが、ユニバーサルのこちらのページに分かりやすい図やMQA対応機種がたくさん具体的に載っているので参考にしてみてください。

サンプラー一覧

これがハイレゾCDだ! ロック&ポップスで聴き比べる体験サンプラー
Tower Records
Amazon

これがハイレゾCDだ! ジャズで聴き比べる体験サンプラー
Tower Records
Amazon

これがハイレゾCDだ! クラシックで聴き比べる体験サンプラー
Tower Records
Amazon

女流ヴァイオリニスト、ミシェル・オークレールの『バッハ:ヴァイオリン・ソナタ』がLPで発売

Tower Records ▶J.S.バッハ: ヴァイオリン・ソナタ BWV 1014-1019【LPレコード】

フランスのヴァイオリニスト、ミシェル・オークレールの1956年録音『バッハ:ヴァイオリン・ソナタBWV 1014-1019』がアナログ・レコード2枚組で発売になります。ステレオ録音が始まる寸前なのでモノラルですが、今時のLP2枚組にしては3千円を切ってお安いです(下に載せたタワレコ限定CDより安い)。

本作のオリジナルのレコードはレコード・コレクター垂涎のアイテムで長らく廃盤だったもの。原盤も紛失という話さえネットでは流れておりましたが、今回はオリジナル・マスターテープより24bit/96kHzリマスターされた音源を使用してのアナログ化。180g重量盤でEratoからのリリースです。

ミシェル・オークレールは1924年パリ生まれ。ナチス占領下の1943年にデビュー。パリ解放後は国際的なヴァイオリニストとして活躍。現役引退が早く後輩の育成につくしたオークレール。録音はそんなに多い方ではなく、ステレオ録音はフィリップスに数タイトル残っておりますが、このバッハのヴァイオリン・ソナタは、通常ピアノ伴奏のところをオルガンによる伴奏で、なかなか味わい深そうです。

タワーレコード限定CDでも2015年に発売

Tower Records ▶J.S.Bach: Violin Sonatas BWV.1014-BWV.1019<タワーレコード限定>>

2007-13年ザルツブルグ音楽祭コンサートのブルーレイボックス6枚組、ブーレーズ、バレンボイムら

Tower Records ▶ザルツブルク音楽祭コンサートBOX【Blu-ray Disc】

ザルツブルグ音楽祭で2007年から2013年にかけておこなわれたコンサート映像を収録したブルーレイ6枚組ボックスが発売になります。

指揮者が各年によって違っていて、ブーレーズ、アーノンクール、ダニエル・バレンボイム、サー・サイモン・ラトルという豪華さ。今まで年ごとにバラ売りで発売されていたと思いますが、今回まとまってのリーズナブルなお値段での発売と思われます。

ブルーレイの音源は「PCMステレオ」と「DTS-MA5.1/5.0」を収録とのこと。ただし日本語字幕があるディスクとないディスクがあるので、そこはご確認をお願いします。と言ってもオペラとかではないので、日本語字幕がなくても問題はなさそうに思います。

DVDも発売になります

Tower Records ▶ザルツブルク音楽祭コンサートBOX【DVD】

『パリのアメリカ人』バーンスタインのフランス国立菅との旧EMI音源CDボックスが8月発売に決定

Tower Records ▶パリのアメリカ人〜 バーンスタインONFレコーディング&コンサート

これはCDですが、ワーナー・クラシックスのバーンスタインの旧EMI録音、フランス国立管弦楽団とのセッション録音、ライヴ音源を集成したCDボックス(7枚組)。4月発売のところ発売延期になっておりましたところ、ようやく8月24日に発売決定となりました。CD7枚組でこのお値段は魅力です、このまま発売されてほしいものです。

CDボックスの発売が伸びている間に、「2 in 1」のSACDシングルレイヤーでのワイセンベルクとのラフマニノフや、ロストロポーヴィチのシューマンベルリオーズの交響曲、「ハロルド」など、CDボックスと一部と内容が重なってしまったわけですが、このCDボックスの方も24bit/96kHzによる2018年最新リマスター、加えて初出音源、ライヴ音源が入っているのですから、単純に比べることはできないと思います。価格も全然違いますし。

Tower Records ▶パリのアメリカ人〜 バーンスタインONFレコーディング&コンサート

PENTATONEの『R.シュトラウス:アルプス交響曲』がタワーレコードで予約開始、お手頃価格

Tower Records ▶R.シュトラウス:アルプス交響曲【SACDハイブリッド】

以前お知らせしたPENTATONEの新しいSACD、『R.シュトラウス:アルプス交響曲』がタワーレコードで予約開始となりました。7月31日発売。価格は2千円台前半と、ほんとPENTATONEは新録音なのにお手頃価格です。

本作はコロンビア生まれのアンドレス・オロスコ=エストラーダの指揮、hr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)による2016年セッション録音です。

このところPENTATONEから『サロメ』『英雄の生涯』とR.シュトラウスのSACDをリリースしているオロスコ=エストラーダ。PENTATONEの高音質でR.シュトラウスの「アルプス交響曲」がどんな風に堪能できるか興味深いです。

Tower Records ▶R.シュトラウス:アルプス交響曲【SACDハイブリッド】

アナログ・レコードの限定盤へのシミジミとしたエッセイ「牧野良幸のオーディオ小僧のアナログ日誌」

牧野良幸がサライjpに書いている連載「オーディオ小僧のアナログ日誌」が更新されました。

今回は、ポール・マッカートニーの『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』を買った筆者がシミジミと語る?、アナログ・レコードの限定盤についてのエッセイです。

今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オーディオ小僧のアナログ日誌 第19回】

アラン・パーソンズ・プロジェクト『アイ・イン・ザ・スカイ』のBlu-ray Audioが単発リリース

この情報は、読者の中澤さんから教えていただきました。どうもありがとうございました。

icon icon

HMV & BOOKS ▶Eye In The Sky (35th Anniversary Edition)(BLU-RAY AUDIO) icon
楽天 HMV & BOOKS online 1号店 ▶【送料無料】 Alan Parsons Project アランパーソンプロジェクト / Eye In The Sky (35th Anniversary Edition)(BLU-RAY AUDIO)

読者の中澤さんから教えていただきました。アラン・パーソンズ・プロジェクトの『アイ・イン・ザ・スカイ』のBlu-ray Audioが単発で発売になります。発売は8月3日予定。今のところHMV & BOOKS、楽天のHMV & BOOKSで予約が始まっています。

これは昨年11月に発売になった『Eye In The Sky』35周年記念コレクターズエディションからの単発リリースです。Blu-ray Audio1枚で3千円を切っているのは、リーズナブルかと思います。

このBlu-ray Audioにはアラン・パーソンズ自身の監修による本編10曲の最新5.1サラウンドミックス(2017年マスタリング96kHz/24bit)、およびHDステレオ・オーディオ(96kHz/24bit)を収録。

昨年ボックスを買ってしまった方には複雑かもしれませんが、ボックスにはボックスの良さがあります。Blu-ray Audioの単体でのリリース自体は歓迎したいものです。

icon icon

HMV & BOOKS ▶Eye In The Sky (35th Anniversary Edition)(BLU-RAY AUDIO) icon
楽天 HMV & BOOKS online 1号店 ▶【送料無料】 Alan Parsons Project / Eye In The Sky (35th Anniversary Edition)(BLU-RAY AUDIO) 

元バーズ、ジーン・クラークの2nd『ホワイト・ライト』がSACDハイブリッドで発売

この情報は読者の埼玉のTさんから教えていただきました。ありがとうございました。

White Light/Gene Clark【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon
HMV & BOOKS icon
楽天 HMV & BOOKS online1号店

埼玉のTさんから教えていただいたのですが、ザ・バーズ(The Byrds)のオリジナル・メンバー、ジーン・クラーク(Gene Clark)のソロアルバム『ホワイト・ライト』がSACDハイブリッドで発売。埼玉のTさんも早速購入されたそうです。

リリースはIntervention Recordsから。マスタリングはケヴィン・グレイ。オリジナル・マスター・テープの可能な限りもっとも良質な1/2' safetyコピーからのダイレクトDSDマスタリングとのこと。

『ホワイト・ライト』は、バース初期のメイン・ソングライター、ジーン・クラークが1971年に発表したセカンド・ソロ・アルバム。哀愁のあるメロディ。アメリカン・フォーク・ロック。もうこの時代の音楽がベストですね。これまでSHM-CDやアナログ・レコードでは出ておりましたがSACDは初めてと思います。

『ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ 1964〜1982』もSACDで発売中

Tower Records ▶ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ 1964〜1982 [SACD Hybrid + CD]
Amazon ▶The Lost Studio Sessions 1964

ジーン・クラークのSACDは2016年に未発表音源集『ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ 1964〜1982』もSACDハイブリッドで発売になっております。2枚組でメインの1枚がSACDハイブリッド、もう1枚のボーナスディスクがCDという組み合わせです。

キャメルの名盤『ムーンマッドネス』がアナログ・レコードで発売

Amazon ▶MOONMADNESS (COLOURED VINYL) [12 inch Analog]

プログレバンド、キャメルの名盤『ムーンマッドネス』がアナログ・レコードで発売になります。リリースはMusic On Vinylから。

今のところAmazonのみで予約開始。タワーレコードでは廃盤状態ですので、今回のAmazonのものは再プレスなのかもしれません。英文情報を見ますと、180グラム重量盤、ゲートフォールド・スリーヴ、カラー盤のようです。

『ムーンマッドネス』は1976年発表の第一期キャメルの最後のアルバム。放題では「ムーンマッドネス〜「月夜の幻想曲」と呼ばれました。ちょうどキャメルは今年5月に来日して『ムーンマッドネス』の完全再現ライヴを開催したのではないでしょうか。なお本作は2014年にSACDでもリリースされております。

SACDの『ムーンマッドネス〜「月夜の幻想曲」 +2』

Tower Records ▶>ムーンマッドネス〜「月夜の幻想曲」 +2【SACD】
Amazon ▶ムーンマッドネス~「月夜の幻想曲(ファンタジア)」(紙ジャケット仕様) Limited Edition, SACD

テノールの村上敏明の20周年記念アルバム『ヴィヴァ・イタリア! 』がSACDハイブリッドで発売

Tower Records ▶ヴィヴァ・イタリア!/村上敏明
Amazon ▶村上敏明/ヴィヴァ・イタリア! - Viva Italia!

テノール歌手、村上敏明のデビュー20周年記念アルバム『ヴィヴァ・イタリア! - Viva Italia!』がSACDハイブリッドで発売になります。リリースはクラシック専門レーベルART INFINI (アールアンフィニ)から。

本作はスカルラッティから始まり、ヴェルディ、プッチーニなどのイタリア・オペラのアリアや、イタリアン・ポポラーレなど全17曲を収録。クレジットを見ると演奏はピアノ、そして一部でヴァイオリンやマンドリンが加わっています。録音は2017年5月、五反田文化センターでのDSDレコーディング。

ジョン・ウィリアムズの映画音楽をウインド・オーケストラで演奏したSACDが発売

Tower Records ▶ジョン・ウィリアムズ・アット・ザ・ムーヴィーズ
Amazon ▶Williams: at the Movies

ジョン・ウィリアムズの映画音楽をウインド・オーケストラ(吹奏楽)で演奏したSACDハイブリッドが7月に発売になります。リリースはReference Recordingsから。

演奏するのはアメリカのダラス・ウインド・シンフォニー。指揮はジェリー・ジャンキンです。さらにトランペットのソリストにニューヨーク・フィルの首席トランペット奏者クリストファー・マーティンを迎えての演奏。

本作は2016年のダラス、マイヤーソン・シンフォーニー・センターでの録音。オーケストラではなく、吹奏楽の演奏ですがこの選曲(下)なら映えそうです。5.1マルチチャンネルも収録しているので面白そうです。

なおCD層は「HDCD」での収録。これは今話題のハイレゾCD(MQA-CD)とは別物なのでご注意ください。「HDCD」はSACDが登場する以前に企画されたCDフォーマット(20bit)ですが聴くには専用のプレーヤーが必要です。もうそのプレーヤーは市販されておりません。ほどんと話題にならなかった「HDCD」が今頃なぜ出てくるのかよくわかりませんが、普通のCDとして聴く分には問題ないものです。念のため。

収録曲

1.オリンピックファンファーレとテーマ(1984ロサンゼルス・オリンピック)
2.「カウボーイ」序曲(映画「11人のカウボーイ」より)
3.「スーパーマン」マーチ(映画「スーパーマン」より)
4.映画「未知との遭遇」より抜粋
5.何人に対しても悪意を抱かず(映画「リンカーン」より)
6.映画「スター・ウォーズ」メイン・テーマ
7.帝国のマーチ(映画「スター・ウォーズ/エピソードV 帝国の逆襲」より)
8.Xウイングのスケルツォ(映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」より)
9.ジェダイへの階段/ファイナル(映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」より)
10.映画「J.F.K」テーマ
11.地上の冒険(映画「E.T.脱出作戦」より)
12.映画「1941」のマーチ
13.星条旗(アメリカ国歌)

Tower Records ▶ジョン・ウィリアムズ・アット・ザ・ムーヴィーズ
Amazon ▶Williams: at the Movies

2Lの『静かな冬の夜』がSACDハイブリッド化、話題のハイレゾCD(MQA-CD)との2枚組仕様

Tower Records ▶静かな冬の夜 (Quiet Winter Night) [SACD Hybrid/MQA-CD]輸入盤:国内流通仕様
Amazon ▶静かな冬の夜 (Quiet Winter Night / Hoff Ensemble) [SACD Hybrid / MQA-CD] [Limited Edition] [輸入盤] [日本語解説・スリーブ付]

ノルウェーの高音質レーベル2Lのアルバムでホフ・アンサンブル『静かな冬の夜(Quiet Winter Night)』が日本限定でSACDハイブリッド化(+MQA-CD)されます。DXD 24bit/352.8kHzによる録音をSACDマルチチャンネルおよび2chで聴くことができます。

本作には今話題のMQA-CD(ハイレゾCD)もつくので、MQA-CDを聴いてみたい方にはサンプラーとしてもちょうど良いかもしれません。ただMQA-CD(ハイレゾCD)のハイレゾ音源を聴くには、MQA対応CDプレーヤーか、通常CDプレーヤーからデジタルアウトしてMQA対応デコーダーを通して聴く必要がありますのでご注意ください。

『静かな冬の夜(Quiet Winter Night)』はそもそもブルーレイアナログ・レコードでリリースされていたもの。今回のSACDハイブリッド+MQA-CDの解説書にはオーディオ評論家の角田郁雄氏によるオーディオ的聴きどころが載っているそうです(輸入盤:国内流通仕様)。

Tower Records ▶静かな冬の夜 (Quiet Winter Night) [SACD Hybrid/MQA-CD]輸入盤:国内流通仕様
Amazon ▶静かな冬の夜 (Quiet Winter Night / Hoff Ensemble) [SACD Hybrid / MQA-CD] [Limited Edition] [輸入盤] [日本語解説・スリーブ付]

「牧野良幸のこちらハイレゾ商會」モーツァルトとメシアンの室内楽をハイレゾで聴いた喜び

牧野良幸の「こちらハイレゾ商會」が更新。今回はクラリネット奏者マルティン・フレスト他の『モーツァルト・ウィズ・フレンズ〜ケーゲルシュタット・トリオ 』と、ジャニーヌ・ジャンセン(Vn)らが参加した『メシアン:世の終わりのための四重奏曲』を取り上げてのエッセイ。どちらもソニー・クラシカルからの新譜ですがCDのみの発売で、高音質でのリリースはハイレゾ配信のみとなります。参考にしてみてください。

第56回 モーツァルトとメシアンの室内楽をハイレゾで聴いた喜び

ジミ・ヘンドリックスのSACD『Axis: Bold As Love』がAmazonでも予約の取り扱い

disk

Axis: Bold As Love (Stereo + Mono)
Amazon NEW
Tower Records
HMV & BOOKS icon

Analogue Productionsからリリースされる、ジミ・ヘンドリックスのSACD『Axis: Bold As Love』がAmazonでも予約開始となっております。

これはジミ・ヘンドリックスのセカンドアルバム。オリジナル・アナログ・マスターテープからSACD化、オリジナルどおり13曲収録で、ステレオとモノラルの両バージョンを収録

『Are You Experienced?』は、Amazonではまだです。

Are You Experienced? (Stereo + Mono)
Tower Records
HMV & BOOKS icon

一方、もう一つのジミ・ヘンドリックスのSACD『Are You Experienced?』はなぜかAmazonではまだです。アメリカ盤をオリジナル・アナログ・マスターテープからSACD化。オリジナルどおり11曲収録。ステレオとモノラルの両バージョンを収録

バーンスタインのソニー・クラシカル録音 完結編CDボックス『声楽作品エディション』が発売

Tower Records ▶Leonard Bernstein Edition - The Vocal Works【CD】
Amazon ▶なし

これはCDですが、バーンスタインのソニー・クラシカル録音を発売していくシリーズの完結編『声楽作品エディション』(CD56枚組)が8月17日に発売です。

これは2010年の『シンフォニー・エディション』(CD60枚組)、2014年の『オーケストラ&コンチェルト・エディション』(CD80枚組)に続くバーンスタインのジャンル別ボックスの完結編。

今回は英語歌唱による抜粋「マタイ受難曲」などの宗教曲や歌劇、歌曲など。

さらに嬉しいことに、これまでの2つのボックスから漏れていた交響曲の別録音、それに1940年代後半のRCAへのモノラル録音の全ても収録してくれているとのこと。これで3つのボックス・セットでバーンスタインのソニー・クラシカル録音が全て網羅されることになりました。

『シンフォニー・エディション』と『オーケストラ&コンチェルト・エディション』

現在Amazonで確認できます。タワーレコードでは取り扱いなしになっています。

Amazon ▶Bernstein Symphony Edition

Amazon ▶Leonard Bernstein Edition CONCERTOS & ORCHESTRAL WORKS

プリンスの1983年カセット録音のピアノ弾き語りアルバムが発売

ピアノ&ア・マイクロフォン 1983
Tower Records ▶<通常盤>【CD】輸入盤:国内流通仕様
Amazon ▶CDワーナーミュージックジャパン

プリンスの9曲入り35分のアルバム『ピアノ&マイクロフォン 1983』が発売になります。これは1983年にプリンスが自宅スタジオでカセットに録音した未発表のピアノ弾き語り音源を収録。

今のところCD通常盤と、CD+LPセットの「デラックス・エディション」が発売になります。LPは輸入盤でのみあり、とアナウンスもありましたが、現在は見つかりませんでした。

どちらのヴァージョンもワーナー・ミュージック・ジャパンからの発売ですが、タワーレコードは「輸入盤:国内流通仕様」と詳細な銘記、Amazonは特に銘記なしです。純粋な国内盤か「輸入盤:国内流通仕様」か。気になる方は気になるでしょう。ディスク情報はタワーレコードの方を重視した方が無難です。

デラックス・エディション[CD+LP]<完全生産限定盤>

ピアノ&ア・マイクロフォン 1983(デラックス・エディション) [CD+LP]
Tower Records ▶輸入盤:国内流通仕様
Amazon ▶国内ワーナーミュージック・ジャパン

やはりボズ、ボズ・スキャッグスの新作『Out Of The Blues』がアナログ・レコードでも発売

Tower Records ▶Out Of The Blues/Boz Scaggs【LPレコード】
Amazon ▶OUT OF THE BLUES [2LP] ←2LPは間違い?

ボズ・スキャッグスの通算19枚目のスタジオ・アルバム『Out Of The Blues』が発売です。アナログ・レコードでも7月27日に発売になります。

今回はタイトルからも伺えるように、自身のルーツであるブルース・ミュージックに回帰したようなアルバム。しかし下の音声動画を聴いてもわかるとおり、歌声を聴けばやはりボス・スキャッグス。長さは40分ほどでアナログ・レコード向きでもあります。ジャケットもどこかブルーノートぽい。参加ミュージシャンは、レイ・パーカー・ジュニア(ギター)、ジム・ケルトナー(ドラム)ら。

Amazonではタイトルに「2LP」とありますが、間違いと思います。登録情報ではディスク枚数「1」となっています。もちろんCDも発売になります。

CD

Tower Records ▶輸入盤【CD】
Tower Records ▶国内盤【SHM-CD】
Amazon ▶輸入盤CD
Amazon ▶国内盤CD

Boz Scaggs - Rock and Stick (Audio)

カラヤンの2 in 1SACDシングルレイヤー、3タイトルのジャケットもアップされました

以前お知らせしたワーナー・クラシックスから「2 in 1」のSACDシングルレイヤー、その3タイトルのジャケットがアップされました。ジャケットを見ると改めてオリジナルのレコードを思い出します。発売は7月25日。

いずれもカラヤンが旧EMIに残した音源で、SACDシングルレイヤー(2chのみ)の長時間収録をいかして、2枚のアルバムを1枚に収めたスタイルです(2枚組もあり)。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番他、チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

Tower Records
Amazon

アレクシス・ワイセンベルクとカラヤン&ベルリン・フィルの共演。ラフマニノフとチャイコフスキーのピアノ協奏曲を2 in 1。ジャケットはラフマニノフのレコードのものから。

チャイコフスキー:後期3大交響曲集、ドヴォルザーク:交響曲第8番(2枚組)

Tower Records
Amazon

カラヤンとベルリン・フィルによるチャイコフスキーの後期三大交響曲集とドヴォルザークの交響曲第8番を、SACD2枚組に収録。ジャケットはチャイコフスキーのものから。かつて同じようなジャケットで後期三大交響曲が2枚組SACDハイブリッドで出ていました。今回はドヴォルザークの8番を入れての2枚組です。

シベリウス:交響曲第5番、フィンランディア他

Tower Records
Amazon

カラヤンとベルリン・フィルによるシベリウス:交響曲第5番。他に交響詩「フィンランディア」。交響詩「伝説(エン・サガ)」、交響詩「タピオラ」、「4つの伝説曲作品22-第2曲〈トゥオネラの白鳥〉」を2 in 1で収録。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...