CDですが、ポリーニ20年ぶりのドビュッシー『前奏曲集第2巻、白と黒で』が発売

Tower Records ▶ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で/ポリーニ【SHM-CD】
Amazon ▶ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で/ポリーニ

これはCDですがポリーニの新録音、それも20年振りのドビュッシー録音で『前奏曲第2巻、白と黒で』が発売になります。現在のところ国内盤CDのみ予約開始となっております。

メインは「前奏曲集第2巻」ですが、「白と黒で―2台のピアノのための」では息子ダニエレ・ポリーニとデュオというのも話題です。

今のところCDのみですが、今のご時世ならアナログ・レコードも考えられますし、これまでのポリーニの新譜の例をみますとハイレゾ配信でもリリースされる可能性はなきにしもあらずだと思います。いずれにしましても聴いてみたいアルバムです。

Tower Records ▶ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で/ポリーニ【SHM-CD】
Amazon ▶ドビュッシー:前奏曲集第2巻、白と黒で/ポリーニ

フルトヴェングラーとクナッパーツブッシュの『指環』全曲SACDが〈限定再プレス〉で発売

フルトヴェングラーが1950年にスカラ座で演奏したライヴ『ニーベルングの指環』全曲と、クナッパーツブッシュが57年に演奏したライヴ『ニーベルングの指環』全曲。どちらもSACDが今年始めに出て非常に驚いたのですが、「限定再プレス」として12月に発売になります。

どちらも輸入盤です。そして13枚組で結構なお値段ですが、現在タワレコでは18%オフで予約開始となっております。Amazonではまだアップされておりません。 それにしても「再プレス」ということは人気があったんでしょうね。もちろんフルヴェン盤もクナ盤もどちらも名演奏として有名なものでした。

【限定再プレス】フルトヴェングラー〜スカラ座1950年“指環”(SACD化ハイブリッド)

Tower Records ▶ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ワーグナー: 楽劇4部作「ニーベルングの指環」全曲 (スカラ座1950)<完全限定プレス>

【限定再プレス】クナッパーツブッシュ1957年“指環”(SACDハイブリッド)

Tower Records ▶ハンス・クナッパーツブッシュ/ワーグナー: 楽劇4部作「ニーベルングの指環」全曲 (バイロイト1957)<完全限定プレス>

参考までにDSD配信の感想

両方ともDSD配信では聴いたことがありますので参考までに感想を書いておきます。音質は57録音のクナ盤のほうが当たり前ですがいいです。モノラルながら間口が広く伸びやか。

一方、フルトヴェングラー盤は50年録音なの、でクナ盤に比べれば、こじんまりしたモノラルでありますが、精一杯コクをたたえている点で、ファンならSACDは有利かと。フラグスタートが歌いスタジオ盤より熱気があると評判の音源です。

サヴァールの新録音『ヴェネツィア千年記』ヴェネツィアにまつわる曲を収録したSACD2枚組

Tower Records ▶Venezia Millenaria 700-1797/ジョルディ・サヴァール

ジョルディ・サヴァールの最新のSACDが12月に発売になります。今回は『ヴェネツィア千年記(Venezia Millenaria)700-1797』と題した2枚組。

その名のとおり、8世紀から18世紀までのヴェネツィアにまつわる音楽を演奏したアルバムのようです。8世紀からですから、知らない作曲家も多いのですが、モンテヴェルディ、ヴィヴァルディときてモーツァルトの「トルコ行進曲」が収録され、最後は「ベートーヴェンの交響曲第5番と第7番にもとづく」曲も収録。録音は2016年7月です。

タワレコでMobile Fidelityのボブ・ディラン『プラネット・ウェイヴズ』SACDがお安く

Tower Records ▶Planet Waves/Bob Dylan【SACDハイブリッド】

Mobile Fidelityのボブ・ディラン『Planet Waves』のSACDハイブリッドがタワーレコードでお安いです。発売は12月15日で現在予約中にもかかわらず、怒涛のサプライズ ビヨンド というセールなので70%オフ。なのでこの価格は11月30日までだと思います。1,500円を切っているので送料が別途かかってしまいますが、それでもリーズナブルでしょう。

『プラネット・ウェイヴズ』のSACDは本家のソニーからもリリースされているので、お持ちの方も多いでしょうが、Mobile FidelityのSACDで集めている方は要チェックだと思います。

Tower Records ▶Planet Waves/Bob Dylan【SACDハイブリッド】

シティポップ土岐麻子の『PINK』がBlu-ray Audioで発売

Amazon ▶PINK/土岐麻子 Blu-ray Audio
Tower Records ▶PINK/土岐麻子【Blu-ray Audio】

土岐麻子(ときあさこ)の2017年作品『PINK』がBlu-ray Audioで発売になります。なおCDとは別のマスタリングで制作された180gアナログレコードもリリースされております。

土岐麻子は1976年生まれのシンガー。音楽はシティポップということですが、YouTubeには今年1月に発売になったCDのプロモーションがアップされているのでご参考までに。

タワーレコードがこれまでの〈タワレコ限定〉SACDもセール、CDを含めて931タイトル

タワーレコードが〈オンライン20周年記念〉ということで、いわゆる〈タワレコ限定・企画〉のCDやSACDのセールをしております。1点は10%オフ、3点で20%オフ。 セールは全部で931タイトル。この中には、セル、オーマンディ、ケルテスなど話題となった〈タワレコ限定SACD〉も含まれます。買いそびれた方,このセールで検討してみてはいかがでしょうか。

ここではSACDをいくつか取り上げました。CDを含めた全タイトルをチェックしたい方は〈期間限定〉タワークラシカル・オリジナル企画盤セール〈931タイトル〉のほうをご覧ください。

セール期間:2017年11月14日(火)18時〜2017年11月30日(木)正午まで

セール SACDでのおすすめ

ベートーヴェン: 交響曲全集 (2016年DSDリマスター) (SACDハイブリッド)/ジョージ・セル

ベートーヴェン: 序曲集 (2016年DSDリマスター) (SACDハイブリッド)

ユージン・オーマンディ In Memoriam【SACDハイブリッド】

ストラヴィンスキー: 春の祭典; チャイコフスキー: くるみ割り人形組曲ほか/マルケヴィッチ【SACDハイブリッド】

リムスキー・コルサコフ: 交響組曲「シェエラザード」ほか/キリル・コンドラシン【SACDハイブリッド】

ベートーヴェン: 序曲集/アンドレ・クリュイタンス【SACDハイブリッド】

ロシア管弦楽曲集/アンドレ・クリュイタンス【SACDハイブリッド】

ベルリオーズ: 幻想交響曲ほか/アンドレ・クリュイタンス【SACDハイブリッド】

ベートーヴェン作品集/イシュトヴァン・ケルテス【SACDハイブリッド】

ブラームス: 交響曲全集ほか/イシュトヴァン・ケルテス【SACDハイブリッド】

オイロディスク・レコーディングス 〜ハイドン&モーツァルト作品集/ケルテス【SACDハイブリッド】

マーラー: 交響曲「大地の歌」/バーンスタイン【SACDハイブリッド】

チャイコフスキー: 交響曲第6番「悲愴」ほか/ジャン・マルティノン【SACDハイブリッド】

リムスキー=コルサコフ: シェエラザード/ロストロポーヴィチ【SACDハイブリッド】

ベルリオーズ: 幻想交響曲ほか/バーンスタイン【SACDハイブリッド】

J.S.バッハ: ヴァイオリン協奏曲第2番ほか/ジョコンダ・デ・ヴィート【SACDハイブリッド】

ベートーヴェン: ピアノ協奏曲全集/エミール・ギレリス【SACDハイブリッド】

ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番ほか/モーラ・リンパニー【SACDハイブリッド】

シベリウス, ウォルトン - ヴァイオリン協奏曲/イダ・ヘンデル【SACDハイブリッド】

ブラームス:交響曲全集/クルト・ザンデルリング【SACDハイブリッド】

「こちらハイレゾ商會」k.d.ラング『アンジャニュウ』のハイレゾ。伸びやかなヴォーカル

牧野良幸の「こちらハイレゾ商會」が更新。今回はk.d.ラングの『アンジャニュウ』のハイレゾです。

第50回 伸びやかなヴォーカルとサウンドは“ハイレゾ様々”

k.d.ラングはいまだ高音質盤でのリリースはないのではないでしょうか。ハイレゾでの名盤『アンジャニュウ』。ファンの方は参考にしてみてください。

ハイドンのVn協奏曲とバーンスタインの「セレナード」を収録したSACDが発売

Tower Records ▶Hydn: Violin Concerto Hob.Vlla.1; Bernstein: Serenade after Plato's "Symposium"
Amazon ▶Bernstein/Haydn: Serenade/Viol Hybrid SACD

ベルリン・フィルの第1コンマスを務めたコリヤ・コリヤ・ブラッハーのSACDが発売。ハイドンのヴァイオリン協奏曲とバーンスタインの「セレナード」を収録。オーケストラはハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団。リリースはCoviello Classicsというレーベルです。これはライヴ・レコーディングとのことです。

バーンスタインの「セレナード」と言えば、当時14歳の五嶋みどりが演奏中に2回も弦を切りながら演奏しきった映像が忘れられません。あの映像を見ていらいの「セレナード」のファンです。正式には「セレナード(プラトンの『饗宴』によるソロ・ヴァイオリン、弦楽オーケストラ、ハープと打楽器のためのセレナード)」というタイトルなんだそうです。

Tower Records ▶Hydn: Violin Concerto Hob.Vlla.1; Bernstein: Serenade after Plato's "Symposium"
Amazon ▶Bernstein/Haydn: Serenade/Viol Hybrid SACD

Analogue Productionsがディーン・マーティン『DREAM WITH DEAN - INTIMATE DEAN MARTIN』SACD

Analogue Productionsよりディーン・マーティンの『DREAM WITH DEAN - INTIMATE DEAN MARTIN』がSACDハイブリッドで発売です。これはオリジナル・アナログ・テープより、スティーリング・サウンドのライアン・スミスがリマスタリング。全12曲収録。

現在のところAmazonにもタワーレコードにもアップされておりません。しかしディスク・ユニオンでは予約ができます。12月下旬に入荷予定とのことです。

ホワイトスネイクの『ザ・パープル・ツアー・ライヴ』はCD+BD、BDには5.1ch収録

B076HM7D93
ザ・パープル・ツアー・ライヴ(CD+BD)
Amazon 輸入盤
Amazon 国内盤
Tower Records 輸入(ヨーロッパ盤)

ディープ・パープル第三期(『紫の炎』から)のヴォーカリスト、デイヴィド・カヴァデールは、パープル脱退後にホワイトスネイクを結成しました。そのホワイトスネイクは2015年にディープ・パープル第三期の曲をカヴァーするライヴをおこないましたが、その模様を収録した『The Purple Tour Live』がCD+ブルーレイの2枚組で発売です。

ブルーレイの収録曲はCDと同じで13曲で「5.1chサラウンド」と「Stereo」を収録。その5.1chの音源の種類は明らかではありません。

あとボーナス・オーディオとして「ライヴ音源の5.1chハイレゾ音源」4曲を収録だそうです。あとブルーレイには「紫の炎」のビデオクリップ、インタビュー映像も収録とのこと。ブルーレイの詳細についてはワーナー・ミュージックのホームページが一番詳しいかと思いますので、ご自身でチェックしてみてください。

Disc 2: Blu-Ray(5.1 & Stereo)(CDも曲は同じ)
1. 紫の炎
2. バッド・ボーイズ
3. ラヴ・エイント・ノー・ストレンジャー
4. ジプシー
5. ギヴ・ミー・オール・ユア・ラヴ
6. エイント・ノー・ラヴ・イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シティ
7. ミストゥリーテッド
8. ユー・フール・フォー・ノー・ワン
9. 幸運な兵士
10. イズ・ディス・ラヴ
11. フール・フォー・ユア・ラヴィング
12. ヒア・アイ・ゴー・アゲイン
13. スティル・オブ・ザ・ナイト

ボーナス・オーディオ:Bonus 5.1 High Resolution Live Audio / ライヴ音源の5.1chハイレゾ音源
1. ユー・キープ・オン・ムーヴィング
2.レイ・ダウン、ステイ・ダウン
3. ロッツアノーツ
4. 嵐の使者

CD、CD+DVD、アナログも発売

ここではタワーレコードのみのリンクですが、CD、CD+DVD、アナログも発売。Amazonの方はご自身でチェックしてみてください。

Tower Records ▶【CD】輸入(ヨーロッパ盤)
Tower Records ▶[CD+DVD]輸入(ヨーロッパ盤)
Tower Records ▶【LPレコード】2枚組 輸入(ヨーロッパ盤)


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...